第五十三播州丸の船歴

 年 月 日:船歴

T--.--.--:起工 T09.09.--:進水、命名:第五明治丸 T09.--.--:竣工、船主:明治漁業株式會社、船籍港:三重県鳥羽
T09.11.06:汽船トロール漁業許可       許可番号:第五〇號       名義:明治漁業株式會社       操業区域:東海及黄海       漁獲物陸揚港:下関港、長崎港、博多港       許可期間:許可の日より十箇年 T12.--.--:船主:株式會社山田商店、船籍港:長崎に変更 T12.05.12:汽船トロール漁業許可       許可番号:第五〇號       名義:株式會社山田商店       操業区域:東海及黄海       漁獲物陸揚港:長崎港、博多港、下関港       許可期間:許可の日より十箇年 T14.--.--:船主:山田漁業株式會社に変更 04.06.12:船主:株式會社林兼商店に変更 04.06.18:汽船トロール漁業許可証書換       名義:株式會社林兼商店に変更 06.09.01:船籍港:下關に変更 08.04.15:汽船トロール漁業許可更新       許可期間:昭和08年05月12日より起算し十箇年 08.05.05:汽船トロール漁業許可失効(新興水産株式會社に貸付) 08.05.11:汽船トロール漁業許可       許可番号:第五〇號       名義:新興水産株式會社       操業区域:東経百六十度以東、北緯五十一度以北のベーリング海を含む北太平洋とす          但し堪察加オリュートルスキー岬よりナワリン岬に至る線内にして          水深六十尋以内の海面及堪察加クロノスキー岬よりアフリカ岬に至る線内を除く       漁獲物陸揚港:函館港、東京港、大阪港       許可期間:自昭和08年05月11日 至昭和08年09月30日 08.07.19:汽船トロール漁業許可失効(廃止) 08.07.28:汽船トロール漁業許可       許可番号:第五〇號       名義:株式會社林兼商店       操業区域:東海及黄海       漁獲物陸揚港:下関港、長崎港       許可期間:昭和08年07月28日より起算し十箇年 14.11.01:「第五十三播州丸」と改名
15.09.19:徴傭 15.10.05:入籍:内令第661号:特設驅潜艇、舞鶴鎮守府所管
16.01.15:内令第49号:舞鶴防備隊付属 16.10.01:戦時編制:舞鶴鎮守府部隊舞鶴防備戦隊舞鶴防備隊 16.11.--:舞鶴〜12.02舞鶴 16.12.--:驅潜艇長:海軍豫備中尉 成田 秋男 16.12.08:軍隊区分:機密舞鶴鎮守府命令作第6号:海面防備部隊 16.12.08:兵力区分:機密舞鶴防備戦隊命令作第3号:第三部隊(5)三番艇(3) 16.12.08:舞鶴〜航行取締〜12.11舞鶴 16.12.17:舞鶴〜航行取締〜12.20舞鶴 16.12.26:入渠 17.01.--:驅潜艇長:海軍豫備中尉 道永 宏 17.01.01:舞鶴〜哨戒配備〜01.03舞鶴 17.01.06:舞鶴〜航行取締〜01.09舞鶴 17.01.11:舞鶴〜哨戒配備〜01.13舞鶴 17.01.20:舞鶴〜若狭湾出動訓練〜01.22伊根〜01.23舞鶴 17.01.21:兵力区分:機密舞鶴防備戦隊命令作第7号:第三部隊(5)三番艇(3) 17.01.28:舞鶴〜01.31舞鶴 17.02.07:舞鶴〜小浜湾02.08〜02.09成生崎02.09〜02.12舞鶴 17.02.21:舞鶴〜出動訓練〜02.27対空教練射撃〜02.28舞鶴 17.03.16:舞鶴〜若狭湾にて水路嚮導訓練〜03.20舞鶴 17.03.19:道永艇長退庁 17.03.20:兵力区分:機密舞鶴防備戦隊命令作第9号:第三部隊(5)一番艇(1) 17.04.--:驅潜艇長:海軍豫備大尉 藤井 長治 17.04.04:九七式山川燈装備工事完成 17.04.08:舞鶴〜対潜訓練〜04.13舞鶴 17.04.16:舞鶴〜掃海訓練〜04.19舞鶴 17.04.21:舞鶴〜第八戦隊入港時の水路嚮導及び警戒〜04.23舞鶴 17.05.05:舞鶴〜出動訓練〜05.07舞鶴 17.05.06:兵力区分:機密舞鶴防備戦隊命令作第13号:第三部隊(5)一番艇(1) 17.05.22:舞鶴〜05.25舞鶴 17.06.09:藤井艇長退庁 17.06.09:驅潜艇長:海軍豫備中尉 雪吹 周重 17.06.25:舞鶴〜06.25舞鶴 17.07.01:舞鶴〜航行取締〜07.04舞鶴 17.07.20:兵力区分:機密舞鶴防備戦隊命令作第17号:第三部隊(4)一番艇(1) 17.07.25:舞鶴〜07.25舞鶴 17.07.26:機密舞鶴鎮守府命令第119号:07.27施行の驅逐艦「薄雲」探信儀公試協力 17.07.27:舞鶴〜07.28舞鶴 17.07.31:舞鶴〜水測及び投射戦技〜07.31舞鶴 17.08.01:驅潜艇長:海軍豫備大尉 雪吹 周重 17.08.03:舞鶴〜08.03舞鶴 17.08.09:舞鶴〜航行取締〜08.12舞鶴 17.08.24:舞鶴〜出動訓練〜08.24舞鶴 17.08.25:舞鶴〜出動訓練〜08.25舞鶴 17.08.26:舞鶴〜出動訓練〜08.26舞鶴 17.08.27:舞鶴〜出動訓練〜08.27舞鶴 17.08.31:雪吹艇長退庁 17.09.--:驅潜艇長:海軍豫備大尉 釜野 長義 17.09.07:舞鶴〜09.07舞鶴 17.09.09:舞鶴〜航行取締〜
17.09.10:戦時編制:舞鶴鎮守府部隊舞鶴防備隊 17.09.10:軍隊区分:海面防備部隊 17.09.10:兵力区分:機密舞鶴海面防備部隊命令作第1号:第一部隊(4)二番艇(2) 17.10.05:舞鶴〜哨戒〜10.08舞鶴  17.10.25:舞鶴〜哨戒〜10.29舞鶴 17.12.07:舞鶴〜哨戒〜12.10舞鶴 17.12.31:舞鶴〜哨戒〜01.03舞鶴 18.01.24:舞鶴〜哨戒〜01.27舞鶴 18.02.02:舞鶴〜哨戒〜02.05舞鶴 18.02.26:舞鶴〜哨戒〜03.01舞鶴 18.03.11:舞鶴〜投射訓練〜03.11舞鶴 18.03.25:舞鶴〜投射、目測教練〜03.25舞鶴 18.03.31:船主:西大洋漁業統制株式會社に変更 18.03.31:舞鶴〜哨戒〜04.03厦門 18.04.05:舞鶴〜投射訓練〜04.05舞鶴 18.04.15:舞鶴〜投射訓練〜04.15舞鶴 18.04.24:舞鶴〜聯合教練〜04.25舞鶴 18.04.27:舞鶴〜哨戒〜04.30舞鶴 18.05.12:舞鶴〜投射訓練〜05.12舞鶴 18.05.18:舞鶴〜聯合訓練〜05.19舞鶴 18.05.21:舞鶴〜哨戒〜05.24舞鶴 18.06.01:驅潜艇長:海軍豫備大尉 釜野 長義 18.07.01:驅潜艇長:海軍大尉 釜野 長義 18.07.02:驅潜艇長:海軍大尉 魚山 操 18.07.08:舞鶴〜哨戒〜07.11舞鶴 18.07.--:驅潜艇長:海軍中尉 野田 嘉六 18.07.24:軍隊区分:機密舞鶴鎮守府命令作第53号:海面防備部隊 18.07.27:舞鶴〜哨戒〜07.30舞鶴 18.07.27:舞鶴海面防備部隊信電令作第21号:佐渡海面沿岸航路帯主としてC哨区警戒、08.01七尾回航 18.08.01:舞鶴〜哨戒〜08.02七尾 18.08.05:七尾〜哨戒〜08.08七尾 18.08.14:七尾〜哨戒〜08.17七尾 18.08.18:舞鶴海面防備部隊機密第182010番電:08.27までに舞鶴回航 18.08.23:七尾〜哨戒〜08.26舞鶴 18.08.30:舞鶴〜訓練〜08.30舞鶴 18.09.03:舞鶴〜教練投射〜09.03舞鶴 18.09.04:舞鶴〜対潜訓練〜09.04舞鶴 18.09.07:舞鶴海面防備部隊信電令作第30号:佐渡海面南部特にF哨区警戒、09.09舞鶴出港 18.09.09:舞鶴〜哨戒〜09.11七尾 18.09.14:七尾〜哨戒〜09.17七尾 18.09.15:軍隊区分:機密舞鶴鎮守府命令作第57号:海面防備部隊 18.09.20:七尾〜哨戒〜09.23七尾 18.09.23:舞鶴海面防備部隊信電令作第31号:09.24以降速やかに舞鶴回航 18.09.26:七尾〜七尾湾口にて座礁した「第七忠洋丸」救難〜09.27舞鶴 18.10.--:驅潜艇長:海軍大尉 中山 唯男 18.10.05:舞鶴〜教練射撃〜10.05舞鶴 18.10.08:舞鶴〜対潜哨戒〜10.09七尾 18.10.11:七尾〜対潜哨戒〜10.15七尾 18.10.18:七尾〜対潜哨戒〜10.19七尾 18.10.24:七尾〜対潜哨戒〜10.27七尾 18.11.01:七尾〜哨戒〜11.03七尾 18.11.03:応急修理 18.11.03:舞鶴海面防備部隊信電令作第43号:       第五十三播州丸は七尾に於いて応急修理の上速に舞鶴に回航せよ 18.11.10:七尾〜富来 18.11.--:兵器、爆雷、弾薬計3t搭載及び警戒兵4名便乗 18.11.14:富来〜11.15舞鶴 18.11.17:機関修理 18.11.20:軍隊区分:機密舞鶴鎮守府命令作第66号:海面防備部隊 18.12.08:軍隊区分:機密舞鶴鎮守府命令作第68号:海面防備部隊 19.01.10:修理完了 19.01.11:舞鶴〜訓練〜01.11宮津湾 19.01.12:宮津湾〜訓練〜01.12舞鶴 19.01.15:舞鶴〜哨戒、訓練〜01.20舞鶴 19.01.25:舞鶴〜訓練〜01.25伊根 19.01.25:伊根〜訓練〜01.25伊根 19.01.26:伊根〜訓練〜01.26舞鶴 19.01.30:舞鶴〜哨戒〜01.31舞鶴 19.01.30:舞鶴海面防備部隊機密第037番電:第十八戦隊を日ノ御崎付近まで護衛、先行し哨区掃蕩 19.01.31:新井崎〜荒天により掃蕩困難につき反転〜01.31舞鶴 19.02.01:軍隊区分:機密舞鶴鎮守府命令作第77号:海面防備部隊 19.02.01:舞鶴〜訓練〜02.01宮津湾 19.02.02:宮津湾〜訓練〜02.02宮津湾 19.02.03:宮津湾〜訓練〜02.03舞鶴 19.02.10:舞鶴〜訓練〜02.10舞鶴 19.02.12:舞鶴〜訓練〜02.12舞鶴 19.02.15:舞鶴〜訓練〜02.15伊根 19.02.16:伊根〜訓練〜02.16舞鶴 19.02.18:舞鶴〜哨戒〜02.21舞鶴 19.02.24:舞鶴〜02.25敦賀湾常宮〜02.27舞鶴 19.03.02:舞鶴海面防備部隊電令作第17号:経ヶ岬〜冠島を結ぶ線付近で「木曾」の前路掃蕩 19.03.03:舞鶴〜巡洋艦「木曾」の前路掃蕩〜03.03舞鶴 19.03.07:舞鶴〜哨戒〜03.10舞鶴 19.03.14:舞鶴〜哨戒〜03.18伊根03.19〜哨戒〜03.20舞鶴 19.03.15:軍隊区分:機密舞鶴鎮守府命令作第81号:海面防備部隊 19.03.24:舞鶴〜訓練〜03.24栗田湾03.25〜訓練〜03.25舞鶴 19.03.26:舞鶴〜哨戒〜03.29舞鶴 19.03.31:舞鶴〜訓練〜03.31舞鶴 19.04.05:舞鶴〜訓練〜04.05富津04.06〜訓練〜04.06舞鶴 19.04.12:舞鶴〜訓練〜04.12富津04.13〜訓練〜04.13舞鶴 19.04.14:舞鶴〜哨戒〜04.17舞鶴 19.04.25:舞鶴〜哨戒〜04.28舞鶴 19.05.04:舞鶴海面防備部隊電令作第23号:      3.第五十三播州丸、第二昭和丸は速に出港(ヘ)哨区の哨戒をなすべし 19.05.04:舞鶴〜対潜掃蕩〜05.07舞鶴 19.05.08:舞鶴〜哨戒〜05.09境05.10〜哨戒〜05.13舞鶴 19.05.18:舞鶴〜訓練〜05.18舞鶴 19.05.22:舞鶴〜哨戒〜05.25舞鶴 19.05.26:舞鶴〜訓練〜05.26舞鶴 19.05.30:舞鶴〜訓練〜05.30舞鶴 19.06.01:驅潜艇長:海軍大尉 五十嵐 正之助 19.06.01:舞鶴〜対潜訓練〜06.01小浜 19.06.02:小浜〜対潜訓練〜06.02富津 19.06.03:富津〜訓練〜06.03舞鶴 19.06.15:舞鶴〜哨戒〜06.18舞鶴 19.06.20:舞鶴海面防備部隊信電令作第51号:      1.第五十三播州丸は速に出港(イ)(ロ)哨区の哨戒をなせ 19.06.20:舞鶴〜回航〜06.21七尾 19.06.23:七尾〜哨戒〜06.26七尾 19.06.29:七尾〜哨戒〜06.30七尾 19.07.--:驅潜艇長:海軍大尉 森沢 郁夫 19.07.01:七尾〜哨戒〜07.02新潟 19.07.04:新潟〜哨戒〜07.08七尾 19.07.10:七尾〜哨戒〜07.10東岩瀬 19.07.--:東岩瀬〜汽艇1隻曳航〜07.11伏木07.11〜07.11東岩瀬 19.07.12:東岩瀬〜哨戒〜07.16新潟 19.07.19:新潟〜07.19船川07.21〜哨戒〜07.23新潟 19.07.26:新潟〜哨戒〜07.29七尾 19.07.28:舞鶴海面防備部隊機密第281309番電:舞鶴帰投 19.07.30:舞鶴海面防備部隊電令作第34号:      1.各艇は舞鶴鎮守府電令作第53号に依り三十一日〇八〇〇迄に左の地点に就き警戒を厳にすべし      2.配備地点 第五十三播州丸 北緯三九度四五分 東経一三一度二五分 19.08.--:七尾〜訓練〜08.02舞鶴 19.08.10:舞鶴〜哨戒〜08.11舞鶴 19.08.15:舞鶴〜訓練〜08.15舞鶴 19.08.18:舞鶴〜訓練〜08.18宮津湾 19.08.18:宮津湾〜訓練08.19〜哨戒〜08.21舞鶴 19.08.25:舞鶴〜訓練〜08.25舞鶴 19.09.02:舞鶴〜哨戒〜09.06境 19.09.07:境〜哨戒〜09.09舞鶴 19.09.12:舞鶴〜対潜訓練〜09.12舞鶴 19.09.17:修理 19.09.22:修理完了 19.09.25:舞鶴〜対潜訓練〜09.25舞鶴 19.09.29:舞鶴〜哨戒〜10.02舞鶴 19.10.03:舞鶴〜魚雷艇訓練〜10.03舞鶴 19.10.04:舞鶴〜水測訓練〜10.04舞鶴 19.10.05:舞鶴〜水測訓練〜10.05舞鶴 19.10.08:舞鶴〜作業〜10.08舞鶴 19.10.10:舞鶴〜水測訓練〜10.10舞鶴 19.10.11:森沢艇長退隊 19.10.13:舞鶴〜水測訓練〜10.13舞鶴 19.10.15:軍隊区分:機密舞鶴鎮守府命令作第100号:海面防備部隊 19.10.16:驅潜艇長:海軍大尉 上柳 利三郎 19.10.17:驅潜艇長:海軍大尉 山本 順一 19.10.20:舞鶴〜哨戒〜10.23舞鶴 19.10.24:上柳艇長退隊 19.10.24:舞鶴〜水測訓練〜10.24舞鶴 19.10.31:舞鶴〜訓練〜10.31舞鶴 19.11.09:舞鶴〜哨戒〜11.12舞鶴 19.11.14:舞鶴〜訓練〜11.14舞鶴 19.11.23:(魚雷艇護衛)舞鶴〜11.25須佐11.26〜11.26吉見 19.11.--:吉見〜門司 19.11.28:石炭20t搭載 19.11.28:門司〜11.29油谷湾11.29〜11.29浜田湾11.30〜11.30舞鶴 19.--.--:舞鶴〜哨戒〜12.01舞鶴 19.12.12:舞鶴〜訓練〜12.12舞鶴 19.12.14:舞鶴〜対潜訓練〜12.14舞鶴 19.12.15:軍隊区分:機密舞鶴鎮守府命令作第104号:海面防備部隊 19.12.17:舞鶴〜対潜掃蕩〜12.19西郷 19.12.20:西郷〜荒天の為、避泊〜12.20西郷 19.12.20:西郷〜12.21舞鶴 19.12.25:舞鶴〜12.26七尾 20.01.04:七尾〜真野湾01.06〜01.06七尾 20.01.06:七尾〜01.06小木01.07〜 20.01.07:1600 特設運送船日帝丸」座礁現場着、荒天により救助不能〜飯田湾 20.01.08:飯田湾〜現場にて「能州丸」とともに「日帝丸」乗員救助〜01.09七尾 20.01.09:七尾〜タコ島にて収容人員退艇〜現場調査〜01.09七尾 20.01.15:七尾〜哨戒〜伏木01.17〜01.18七尾 20.01.26:七尾〜哨戒〜01.27新潟 20.01.29:新潟〜哨戒〜01.30七尾 20.02.05:七尾〜哨戒〜02.07七尾 20.02.10:七尾〜哨戒〜02.12七尾 20.02.14:七尾〜哨戒〜02.15七尾 20.02.16:七尾〜哨戒〜02.17七尾 20.02.21:七尾〜哨戒〜02.23七尾 20.03.01:七尾〜哨戒〜03.03七尾 20.03.05:七尾〜03.06舞鶴 20.03.07:入渠、修理(03.26まで) 20.04.01:舞鶴〜航空機引揚作業〜04.04常神湾04.05〜04.05舞鶴 20.04.08:入渠、修理(04.13まで) 20.04.14:舞鶴〜対潜掃蕩〜04.15舞鶴 20.04.19:舞鶴〜哨戒〜04.23舞鶴 20.05.05:舞鶴〜哨戒〜05.09舞鶴 20.05.11:舞鶴〜射堡基地資材輸送〜05.11舞鶴 20.05.17:舞鶴〜哨戒〜 20.05.18:防空資材搭載 20.05.18:舞鶴〜海土埼〜舳倉島〜沢崎〜05.27赤泊05.27〜05.27粟生島〜 20.05.30:真野湾にて錨及び錨鎖揚収作業〜輪島〜舞鶴 20.07.--:対潜掃蕩〜07.30黒地湾 
20.07.30:沈没 20.11.30:除籍:第301730番電 20.11.30:解傭
喪失場所:福井県黒地湾内 喪失原因:米第38機動部隊艦載機による空爆

同型船

 第五十五播州丸、第五十六播州丸八幡丸

兵装

 要調査

写真資料

 「汽船表(別冊冩眞帳)」S13 海軍省軍務局編

前の艇へ ← 特設驅潜艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る