第五十六播州丸の船歴

 年 月 日:船歴

T--.--.--:起工 T09.11.--:進水、命名:第七明治丸 T09.--.--:竣工、船主:明治漁業株式會社、船籍港:三重/鳥羽
T09.12.27:汽船トロール漁業許可       許可番号:第六三號       名義:明治漁業株式會社       操業区域:東海及黄海       漁獲物陸揚港:下関港、長崎港       許可期間:許可の日より十箇年 T12.--.--:船主:株式會社山田商店、船籍港:長崎に変更 T12.05.12:汽船トロール漁業許可       許可番号:第六三號       名義:株式會社山田商店       操業区域:東海及黄海       漁獲物陸揚港:長崎港、博多港、下関港       許可期間:許可の日より十箇年 T14.--.--:船主:山田漁業株式會社に変更 04.06.12:船主:株式會社林兼商店に変更 04.06.18:汽船トロール漁業許可証書換       名義:株式會社林兼商店に変更 06.09.01:船籍港:下関に変更 08.04.15:汽船トロール漁業許可更新       許可期間:昭和08年05月12日より起算し十箇年 08.05.05:汽船トロール漁業許可失効(新興水産株式會社に貸付) 08.05.11:汽船トロール漁業許可       許可番号:第六三號       名義:新興水産株式會社       操業区域:東経百六十度以東、北緯五十一度以北のベーリング海を含む北太平洋とす          但し堪察加オリュートルスキー岬よりナワリン岬に至る線内にして          水深六十尋以内の海面及堪察加クロノスキー岬よりアフリカ岬に至る線内を除く       漁獲物陸揚港:函館港、東京港、大阪港       許可期間:自昭和08年05月11日 至昭和08年09月30日 08.07.19:汽船トロール漁業許可失効(廃止) 08.07.28:汽船トロール漁業許可       許可番号:第六三號       名義:株式會社林兼商店       操業区域:東海及黄海       漁獲物陸揚港:下関港、長崎港       許可期間:昭和08年07月28日より起算し十箇年 14.11.01:「第五十六播州丸」と改名
16.11.09:徴傭 16.11.11:佐世保海軍工廠にて艤装工事開始 16.12.01:入籍:内令第1571号:特設掃海艇、佐世保鎮守府所管
16.12.01:掃海艇長:海軍豫備中尉 上野 大藏 16.12.10:特設掃海隊編制:内令第1620号:第四十六掃海隊 16.12.10:戦時編制:馬公警備府部隊第四十六掃海隊 16.12.20:艤装工事完了 16.12.20:作業地に向け発 16.12.24:佐世保〜12.24馬公 17.01.15:機密馬公警備府命令作第5号:       第四十六掃海隊は準備完了次第、馬公発M方面に回航し同方面に在りて作戦に関し聯合艦隊       司令長官の指揮を受くべし 17.01.15:軍隊区分:大海指第46号:作戦に関し聯合艦隊司令長官の指揮下 17.01.15:軍隊区分:聯合艦隊電令作第45号:南方部隊 17.01.15:軍隊区分:南方部隊電令作第66号:菲島部隊 17.01.15:馬公〜01.17サンフェルナンド01.17〜01.18スービック湾 17.01.18:0900 シラングイン島南西方約3浬にて解列      1000 掃海開始      1100 スエステ岬灯台の北東方湾口水道にて東側陸上より砲撃を受ける         特設砲艦南浦丸」、同「阿蘇丸」が応戦      1130 敵の射程外にでる      1140 掃海索切断、掃海中止、グランデ島北方に侵入      1640 作戦中止 17.01.19:0930 グランデ島北方錨地にて特設砲艦「阿蘇丸」と連絡      夕刻 オロンガポに転錨 17.01.20:0912 オロンガポ発      1015 スエステ岬灯台の南東約1.8浬にて陸上より砲撃を受け反転      1045 掃海隊形      1052 掃海索を投入、掃海開始       1110 グランデ島北西端より215度1,100mにて特設砲艦「阿蘇丸」触雷      1115 同地点西方約1,000mにて特設掃海艇第五十二播州丸」触雷沈没      1230 グランデ島桟橋横付け、         短艇をして触雷沈没した特設掃海艇「第五十二播州丸」人員の救助 17.03.06:スービック湾〜哨戒〜03.06スービック湾 17.03.08:スービック湾〜哨戒〜03.08スービック湾 17.03.10:スービック湾〜哨戒〜03.10スービック湾 17.03.12:スービック湾〜哨戒〜03.12スービック湾 17.03.14:スービック湾〜哨戒〜03.14スービック湾 17.03.17:スービック湾〜哨戒〜03.17スービック湾 17.03.19:スービック湾〜哨戒〜03.20スービック湾 17.03.22:スービック湾〜哨戒〜03.23スービック湾 17.03.25:スービック湾〜哨戒〜03.26スービック湾 17.03.28:スービック湾〜哨戒〜03.29スービック湾 17.03.31:スービック湾〜哨戒〜 17.05.08:スービック湾〜哨戒〜05.08スービック湾 17.05.10:スービック湾〜哨戒〜05.10マニラ湾 17.05.31:軍隊区分:機密馬公警備府命令作第40号:馬公警備府部隊より削除 17.05.31:特設掃海隊編制:内令第981号:第四十六掃海隊の項を削る
17.05.31:内令第985号:第三十一特別根拠地隊所属 17.05.31:戦時編制:聯合艦隊南西方面艦隊第三南遣艦隊第三十一特別根據地隊 17.06.12:官房機密第7254号:訓令:       兵器供給:九二式七粍七単装機銃A型(三脚架附)、30瓩発煙筺5個、発煙浮筺用浮嚢3個 17.06.12:スービック湾〜湾口附近哨戒〜 17.06.15:特設砲艦南浦丸」沈没位置附近捜索〜マニラ 17.11.20:内令第2141号:舞鶴鎮守府所管に変更 18.03.31:船主:西大洋漁業統制株式會社に変更 18.10.22:(臨時船団護衛)マニラ〜パラオ
18.02.20:内令第280号:第三十一警備隊所属 18.02.20:戦時編制:聯合艦隊南西方面艦隊第三南遣艦隊第三十一警備隊 18.12.01:内令第2579号:第三十一警備隊所属 19.02.20:1205 「第百三號哨戒艇」と交代、哨区哨戒 19.--.--:〜06.23 1833 「咸鏡丸」の曳航する「白耳義丸」を             「第百四號哨戒艇」「第八號掃海特務艇」とともに護衛〜      〜06.24マニラ 19.09.--:〜09.10ハミレオ湾 19.09.10:(現在)軍隊区分:北菲部隊 19.09.10:(現在)掃海艇長:海軍少尉 芳賀 庫
19.09.10:内令第1064号:第三十一特別根據地隊所属 19.09.10:戦時編制:聯合艦隊南西方面艦隊第三南遣艦隊第三十一特別根據地隊 19.09.11:ハミレオ湾〜09.12マニラ湾口哨戒〜水路嚮導〜09.12サンホセ 19.09.12:真水8t、生糧品補給 19.09.12:サンホセ〜09.12ハミレオ湾 19.09.14:ハミレオ湾〜09.14リンボネス湾09.15〜09.15サンホセ 19.09.15:石炭30t、清水30t 19.09.15:サンホセ〜09.15リンボネス湾09.16〜09.16マニラ 19.09.21:マニラ〜湾口哨戒〜対空戦闘〜09.22湾口哨戒〜09.27サンホセ 19.09.27:真水21t補給 19.09.28:サンホセ〜マニラ湾口哨戒〜09.30キャビテ灯台南700m
20.01.11:沈没 20.01.25:除籍:内令第74号 20.01.31:解傭
喪失場所:マニラ湾口 喪失原因:湾口閉塞に使用

同型船

 第五明治丸(第五十三播州丸)、第六明治丸(第五十五播州丸)、第八明治丸(八幡丸)。

兵装

 安式一號短八糎砲、九二式七粍七単装機銃1基、三八式小銃、
 九五式爆雷。

写真資料

 「汽船表(別冊冩眞帳)」S13 海軍省軍務局編

前の艇へ ← 特設掃海艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る