射水丸の船歴

 年 月 日:船歴

13.12.22:起工、発注者:北日本汽船株式會社 14.07.14:進水、命名:射水丸 15.04.26:竣工、船主:日本海汽船株式會社(15.04.24)
15.05.--:伏木〜七尾〜清津向け処女航海。 --.--.--:朝鮮航路
15.12.03:徴傭 15.12.16:入籍:内令第980号:特設掃海母艦、舞鶴鎮守府所管
15.12.16:艦長:海軍大佐 高橋 政一 15.12.16:佐世保〜12.16長崎 15.12.17:川南工業株式會社にて艤装工事開始 16.01.13:艤装工事完了 16.01.15:戦時編制:聯合艦隊第二艦隊第二根據地隊 16.03.24:佐世保〜中支方面〜04.03橘湾 16.04.10:戦時編制:聯合艦隊第三艦隊第二根據地隊 16.06.10:佐世保〜 16.06.14:温州沖で特設砲艦南浦丸」を横付け石炭供給      〜07.07高雄 16.07.11:高雄〜南支方面〜08.10高雄 16.08.12:高雄〜 16.08.21:厦門にて特設砲艦「南浦丸」に石炭補給      〜08.29舞鶴 16.12.04:中城湾〜基隆 16.12.--:特設砲艦阿蘇丸」横付け 16.12.--:軍隊区分:機密菲島部隊護衛部隊命令第1号:第三護衛隊 16.12.17:(第三輸送船隊護衛)基隆〜      〜12.21 0700 第一、第二護衛隊に合同〜      〜12.22リンガエン湾 16.12.--:リンガエン湾〜12.28高雄 16.12.31:高雄〜タラカン 17.01.24:タラカン〜01.26バリクパパン 17.02.27:バリクパパン〜02.27アダン湾02.28〜03.01バンジェルマシン、タキスン沖03.02〜03.03クラガン
17.03.10:戦時編制:聯合艦隊第二艦隊第二十二特別根據地隊 17.03.15:バンカ泊地の海底に膠着した特設砲艦大興丸」を引出し 17.03.16:特設砲艦「大興丸」を左舷に横付け、真水補給 17.04.15:1615 曳船2隻と元「第三十七號哨戒艇」をバリクパパン内港に曳航開始      2153 曳航作業終了 17.04.25:艦長:海軍大佐 津留 信人 17.05.20:官房機密第6211号:兵器供給及び還納の件訓令
17.05.31:除籍:内令第986号 17.05.31:入籍:内令第987号:特設運送船(雑用船)、舞鶴鎮守府所管
17.05.31:戦時編制:海軍省配属、舞鶴鎮守府所属、特設運送船(甲) 17.05.31:監督官:海軍大佐 津留 信人 17.05.31:船長:北里 正吉      〜06.27馬公 17.06.28:(第227船団護衛)馬公〜07.02六連 17.07.28:種別変更:兵備三機密第17号の7の52:特設運送船(乙)に変更予定(変更予定期日:08.20) 17.08.09:軍需品他1,950.326t搭載 17.08.08:津留大佐横須賀鎮守府附被仰付 17.08.09:舞鶴〜08.12釧路08.13〜08.20鳴神島 17.08.10:戦時編制:大海幕機密第574号の31:特設運送船(乙)へ変更 17.08.26:北方部隊電令作第59号:      1.AO防備部隊指揮官は射水丸及び野島丸を使用北海支隊の鳴神島移転に協力すべし 17.08.29:鳴神島〜08.30熱田島 17.09.10:熱田島〜09.11鳴神島七夕湾09.13〜09.13鳴神島 17.09.16:鳴神島〜09.20片岡湾09.23〜09.28大湊 17.09.28:船体・機関修理(11.17まで) 17.10.14:官房機密第12955号:供用中の四十口径安式十二糎砲1基を還納受けの件訓令 17.11.17:大湊〜11.17函館11.18〜11.22横須賀 17.11.22:船体・機関修理(11.27まで) 17.11.27:横須賀〜11.27横浜 17.11.27:船体・兵器・機関修理 18.01.06:運輸機密第261605番電の輸送任務 18.01.06:横浜〜01.09門司01.10〜01.14大連01.17〜01.18旅順01.20〜01.25門司01.26〜01.27神戸 18.01.31:運輸機密第602番電の輸送任務 18.01.31:神戸〜02.01門司02.01〜02.04大連02.07〜02.11門司02.12〜02.13大阪 18.02.15:運輸機密第667番電の輸送任務 18.02.15:大阪〜02.16下関02.16〜02.21大連02.23〜02.27大阪 18.03.02:運輸機密第221215番電・第768番電の輸送任務 18.03.02:大阪〜03.03門司03.04〜03.07大連03.09〜03.16東京03.19〜03.19横須賀 18.03.22:運輸機密第263番電・第787番電の輸送任務 18.03.22:横須賀〜03.26八幡 18.04.01:運輸機密第665番電の輸送任務 18.04.01:八幡〜04.05鎮南浦04.09〜04.11大連04.13〜04.18門司04.19〜04.20神戸04.22〜04.24横浜 18.04.27:運輸機密第769番電の輸送任務 18.04.27:横浜〜05.01門司05.01〜05.03青島 18.05.03:鎮警機密第296番電により「第五雲洋丸」の離礁作業に協力 18.05.04:同上任務解除 18.05.05:青島〜05.06大連05.09〜05.16室蘭 18.05.24:運輸機密第653番電の輸送任務 18.05.24:室蘭〜05.28東京 18.06.01:運輸機密第498番電の輸送任務(兵器弾薬軍事資材の輸送) 18.06.01:東京〜06.01横須賀06.02〜06.05大湊06.10〜06.10室蘭06.12〜06.15横須賀06.15〜06.15川崎 18.06.17:川崎〜06.17浦賀 18.06.17:運輸機密第489番電により浦賀船渠にて修理 18.06.17:浦賀船渠にて修理開始 18.07.01:浦賀〜07.01横須賀 18.07.01:運輸機密第978番電の輸送任務(弾薬軍事資材の輸送) 18.07.05:修理完了 18.07.06:横須賀〜07.06東京07.08〜07.08横須賀07.09〜07.10犬若 18.07.10:座礁 18.07.10:横鎮機密第488番電により浦賀船渠にて修理 18.07.14:特設捕獲網艇まつ丸」現場着 18.07.16:離礁、犬若沖にて仮泊、水防作業 18.07.18:犬若〜07.19浦賀 18.08.08:運輸機密第332番電の輸送任務(軍事資材の輸送) 18.08.08:浦賀〜08.08東京08.11〜08.21釧路08.23〜08.27武蔵湾 18.08.--:軍隊区分:大湊警備府指揮下 18.09.03:武蔵湾〜09.03擂鉢湾09.05〜09.05片岡湾 18.09.08:大運機密第311番電の輸送任務(軍事資材の輸送) 18.09.08:片岡湾〜09.10大泊09.12〜09.13珍内09.14〜09.14真岡 18.09.14:大運機密第706番電の輸送任務(軍事資材追加搭載) 18.09.16:真岡〜09.19片岡湾09.20〜09.20擂鉢湾09.21〜09.21武蔵湾 18.10.08:大運機密第272番電の輸送任務(兵器弾薬軍事資材の輸送) 18.10.08:武蔵湾〜10.08片岡湾 18.10.08:幌運機密第418番電による人員軍事資材の輸送任務 18.10.08:片岡湾〜10.13小樽10.15〜10.16大湊11.02〜11.03小樽11.04〜11.09松輪島12.03〜      〜小樽12.14〜12.15函館12.16〜12.18川崎12.19〜12.20横浜 18.12.23:横須賀〜12.23浦賀12.26〜12.29室蘭01.01〜01.03横浜 19.01.08:横須賀〜01.12室蘭01.14〜01.17川崎 19.01.19:横浜〜01.19東京 19.01.--:株式會社東京石川島造船所にて入渠修理 19.02.25:東京〜02.25横浜03.01〜03.09サイパン03.17〜03.22横浜 19.03.28:横浜〜03.28横須賀 19.03.29:横須賀〜03.31大湊04.01〜04.01室蘭04.04〜04.06横浜 19.04.17:横浜〜04.30トラック05.04〜05.16横須賀 19.05.17:横須賀〜大宮島 19.05.26:大宮島〜05.30トラック 19.06.03:トラック〜06.07サイパン 19.06.11:サイパン〜横須賀向け脱出
19.06.12:沈没 19.08.10:除籍:内令第949号 19.08.10:解傭
喪失場所:N17.32-E144.10 アラマガン島西方185km付近 喪失原因:米航空母艦Essex(CV-9)、Langley(CVL-27)及びCowpens(CVL-25)艦載機による空爆

同型船

 (C型平時標準船)
 和洋丸睦洋丸愛洋丸、久島丸、正島丸

兵装

(開戦時の標準兵装)
 十二糎砲2門。

写真資料

 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本の客船(1)」(P.163)
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本客船の黄金時代1939〜41」(P.125)
 「知られざる戦没船の記録(上)」柘植書房 H7.08 戦没船を記録する会 (P.170)

前の艦へ ← 特設掃海母艦 → 次の艦へ

前の船へ ← 特設運送船(雑用船) → 次の船へ

Homeへ戻る