第五百六號魚雷艇の艦歴

 年 月 日:艦歴

--.--.--:起工 --.--.--:進水 18.08.15:命名:達第190号ノ3:第五百六號魚雷艇 18.08.15:類別等級制定:内令第1671号:種別:特務艇、類別:魚雷艇、艇型:第二百四十一號型 18.08.15:本籍仮定:内令第1664号:舞鶴鎮守府、(18.12.04取消し) 18.11.23:艦本機密第231529番電:主要性能は良好、一般兵装艤装は概ね良好にして就役に適す 18.11.24:本籍:内令第2484号:舞鶴鎮守府 18.11.30:竣工
18.11.30:機密舞鶴鎮守府命令第166号:舞鶴防備隊所属 18.11.30:軍隊区分:機密舞鶴鎮守府命令作第67号:海面防備部隊 18.12.04:命名:達第306号:第五百六號魚雷艇(18.08.15に遡及し達第190号ノ3廃止) 18.12.04:類別等級改正:内令第2631号:種別:特務艇、類別:魚雷艇、艦型:第二百四十一號型 18.12.06:官房機密第061847番電:       第五〇七號魚雷艇(又は同型艇の一艇)に関し機関耐久力検討の目的を以て速に長時間運転を       実施し12月15日迄に其の結果を報告すべし 18.12.08:軍隊区分:機密舞鶴鎮守府命令作第68号:海面防備部隊 18.12.11:舞鎮機密第111913番電:       官房機密第061847番電に依る第五〇六號魚雷艇能力試験終了異状なし 18.12.11:特務艇長:海軍兵曹長 霜田 林太郎 19.01.01:軍隊区分:機密舞鶴鎮守府命令作第72号(01.05):海面防備部隊より除く 19.01.21:機密舞鶴鎮守府命令第46号:舞鶴防備隊所属 19.03.15:機密舞鶴鎮守府命令第88号:舞鶴防備隊所属 19.06.17:舞鶴〜06.17境港06.19〜06.19吉見(下関防備隊)
19.08.15:内令第962号:第三十一魚雷艇隊所属
20.05.10:類別等級削除:内令第402号 22.05.03:除籍:復二第327号

同型艇

 第二百四十一號第二百八十六號第四百五十七號第四百六十七號第五百六號第五百二十八號

兵装

 九三式十三粍単装機銃1基、四十五糎魚雷落射機2基。

写真資料

 なし

前の艇へ ← 魚雷艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る