第七十八號驅潜特務艇の艦歴

 年 月 日:艦歴

18.05.01:起工、仮称艦名:第577號艦 18.08.25:命名:達第197ノ2号:第七十八號驅潜特務艇 18.08.25:類別等級制定:内令第1739号ノ2:種別:特務艇、類別:驅潜特務艇、艇型:第一號型 18.08.25:本籍仮定:内令第1739号ノ3:呉鎮守府 18.09.15:進水 18.10.15:竣工
18.10.15:本籍:内令第2163号:呉鎮守府 18.10.15:内令第2164号:佐伯防備隊所属 18.10.15:戦時編制:呉鎮守府部隊呉防備戦隊佐伯防備隊 18.11.--:特務艇長:海軍兵曹長 内藤 作二 19.02.--:呉〜02.06佐伯 19.02.09:佐伯〜哨戒〜02.10佐伯 19.02.12:佐伯〜哨戒〜02.16佐伯 19.02.18:佐伯〜哨戒〜02.19佐伯 19.02.21:佐伯〜哨戒〜02.22佐伯 19.02.24:佐伯〜哨戒〜02.25佐伯 19.02.27:佐伯〜哨戒〜02.28佐伯
19.03.10:内令第423号:第五十一警備隊所属 19.03.10:戦時編制:聯合艦隊千島方面根據地隊第五十一警備隊 19.03.12:51警備隊電令第1号:防寒施設を含む急速整備の上、準備出来次第幌筵進出 19.03.15:戦時編制:聯合艦隊北東方面艦隊千島方面根據地隊第五十一警備隊 19.04.02:呉〜04.04舞鶴04.10〜04.17大湊 19.04.21:軍隊区分:千防電令作第83号:掃蕩部隊 19.04.27:軍隊区分:千防電令作第84号:天寧における伏見丸泊地警戒に関し      第五十三警備隊司令の指揮下 19.06.08:(船舶護衛)釧路〜06.19片岡 19.06.--:対潜哨戒 19.07.02:片岡〜07.03加熊別 19.07.--:揚塔作業警戒、対潜哨戒 19.07.08:(「信濃丸」「泰北丸」護衛)加熊別〜 19.07.09:千防電令作第101号:七驅指令の指揮下、阿頼度島北東海面の対潜掃蕩      〜07.10片岡 19.07.12:(船団護衛)片岡〜07.14片岡 19.07.14:第四根據地隊電令作第106号:      1.ヲ四〇四船団は1445北緯50度5分東経154度36分に於て潜望鏡発見      2.第七十八號驅潜特務艇は右地点に急行、対潜掃蕩に任ずべし 19.07.16:(船団護衛)片岡〜07.17片岡 19.07.18:(船団護衛)片岡〜07.22片岡 19.07.24:(船団護衛)片岡〜07.26片岡 19.07.28:(船団護衛)片岡〜07.28片岡 19.07.30:(「山東丸」護衛)片岡〜08.05片岡 19.08.09:片岡〜08.09擂鉢08.12〜08.13片岡 19.08.16:千根信電令第68号:陸軍輸送の護衛 19.08.16:片岡〜温禰古丹島大泊〜幌筵〜加熊別〜08.22片岡 19.08.27:片岡〜      〜08.28 「第七十七號驅潜特務艇」救難〜08.29片岡 19.08.28:軍隊区分:千防電令作第106号:第一掃蕩部隊 19.09.01:片岡〜09.02武蔵 19.09.--:「白陽丸」護衛、揚塔警戒 19.09.03:武蔵〜09.03加熊別 19.09.--:「龍神丸」護衛、揚塔警戒 19.09.05:加熊別〜      〜09.07対潜戦闘:爆雷攻撃32個〜      〜09.07片岡 19.09.09:(「龍神丸」護衛)片岡〜      〜「笠戸丸」「博愛丸」カムチャッカ行動中護衛〜      〜09.11武蔵 19.09.--:「八郎潟丸」護衛、揚塔警戒 19.09.16:武蔵〜09.16片岡 19.09.19:片岡〜      〜第505船団前路掃蕩〜      〜船団護衛、対潜掃蕩〜      〜「泰北丸」カムチャッカ行動中護衛〜      〜「第二龍寶丸」「山東丸」カムチャッカ行動中護衛〜      〜09.26片岡 19.09.27:片岡〜「笠戸丸」護衛〜09.29片岡 19.11.17:釧路〜11.17大湊 19.11.--:入渠修理 19.12.--:整備作業 20.01.--:整備訓練 20.03.--:整備作業 20.04.--:整備作業
20.07.01:内令第588号:大湊防備隊所属 20.07.01:戦時編制:大湊警備府部隊大湊防備隊
20.08.15:残存 20.11.30:除籍:第301730番電
20.12.01:入籍:内令第5号:掃海艦、大湊地方復員局所管 20.12.01:内令第7号:大湊地方復員局掃海部大湊支部所属 20.12.20:内令第12号:「驅潜特第七十八號」と呼称 21.04.01:類別等級削除:軍令第1号(自然消滅) 21.06.15:複二第5号:大湊掃海部所属 21.07.20:復二第101号:下関掃海部所属 22.03.31:復二第215号:呉地方復員局所管に変更 22.03.31:復二第216号:下関掃海部所属 22.08.01:復二第543号:下関掃海部所属解除
22.08.01:復二第544号:特別輸送艦、呉地方復員局所管、特別保管艦に指定 22.08.28:除籍:復二第597号
22.08.28:船主:運輸省 23.05.01:海上保安庁 23.08.20:巡視船「おおとり」(PB-28):運輸省告示第230号 24.10.20:巡視船「おおとり」(PB-28):海上保安庁告示第36号(24.10.18) 25.07.01:巡視船「おおとり」(PS-28):海上保安庁告示第22号(25.08.16) 26.08.01:掃海船「おおとり」(MS-82):海上保安庁告示第24号(26.08.17)
27.08.01:保安庁警備隊掃海艇 29.07.01:海上自衛隊掃海艇「おおとり」(MS-82) 31.04.01:海上自衛隊特務艇「特務7号」(MS-82) 32.09.01:海上自衛隊特務艇「特務7号」(ASM-57) 35.03.31:海上自衛隊支援船「特務雑船27号」(YAS-27) 36.05.01:除籍

同型艇

 第一號第百號第百五十一號第二百五十號

兵装

(第一號型驅潜特務艇の計画時)
 九二式七粍七単装機銃1基、爆雷22個、吊下式水中聴音機1基、軽便探信儀1基。

写真資料

 「残存帝国艦艇」図書出版社 S47.12 木俣慈郎(P.94-95)

前の艇へ ← 驅潜特務艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る