戸島の艦歴

 年 月 日:艦歴

T03.02.03:命名:達第10号:大型敷設艇「戸島丸」(トシママル)、舞鶴防備隊附属 T03.07.01:起工 T03.10.15:信号符字點付:達第152号:GQKH T03.10.19:進水 T04.03.20:竣工
T09.07.01:類別等級制定:内令第214号:種別:特務艇、類別:敷設艇、等級:二等 T09.07.01:改名:達第115号ノ2:敷設艇「戸島」(トシマ) T09.08.01:本籍:内令第284号:舞鶴要港部、舞鶴防備隊 T11.09.20:夜  敦賀湾内常宮碇泊中漁船遭難に関する電報受領 T11.09.21:常宮〜      〜09.21 1130頃 遭難漁船発見、乗員5名を救助、荒天のため漁船船体は放棄〜      〜09.21舞鶴 T11.09.21:遭難者退艇 T15.03.31:類別等級制定:内令第62号:種別:特務艇、類別:敷設艇、等級:二等 T15.03.31:本籍:内令第63号:呉鎮守府、舞鶴防備隊 02.09.09:官房第2585号ノ2:船橋上防風スクリーン新設の件認許 08.05.23:類別等級制定:内令第190号:種別:特務艇、類別:敷設艇、艇型:なし 08.10.18:信号符字改正:達第127号:JZED 13.09.17:1310-1545 特設掃海母艦日本海丸」の左舷に横付け 13.09.23:0740-1645 特設掃海母艦「日本海丸」の左舷に横付け、石炭搭載 13.11.26:1750-1840 特設掃海母艦「日本海丸」の左舷に横付け、兵器移載 13.11.28:0730 特設掃海母艦「日本海丸」に機銃を移載      0809 横付け離す 13.11.--:九江〜漢口 13.12.01:1150-1230 特設掃海母艦「日本海丸」の左舷後部に横付け、機銃を移載 14.02.02:本籍:内令第73号:舞鶴要港部、舞鶴防備隊所属
15.04.01:本籍:内令第199号:舞鶴鎮守府、舞鶴防備隊所属 15.11.15:内令第822号:舞鶴防備隊所属 16.09.01:戦時編制:舞鶴鎮守府部隊舞鶴防備戦隊舞鶴防備隊 16.12.01:(現在)特務艇長:海軍豫備中尉 青木 正一 16.12.01:信号符字改正:達第369号:JHBQ 16.12.08:軍隊区分:機密舞鶴鎮守府命令作第6号:海面防備部隊 16.12.08:兵力区分:機密舞鶴防備戦隊命令作第3号:第三部隊(3)二番艇(2) 16.12.16:軍隊区分:機密舞鶴鎮守府命令作第8号:海面防備部隊 16.12.16:兵力区分:機密舞鶴防備戦隊命令作第4号:第三部隊(3)二番艇(2) 16.12.16:舞鶴〜敷設訓練〜12.16舞鶴 16.12.17:舞鶴〜掃海訓練〜12.17舞鶴 16.12.18:舞鶴〜対潜訓練〜12.18舞鶴 16.12.22:舞鶴〜12.22舞鶴 17.--.--:信号符字改正: 17.01.20:舞鶴〜若狭湾にて出動訓練〜01.23舞鶴 17.01.21:兵力区分:機密舞鶴防備戦隊命令作第7号:第三部隊(3)第二小隊三番艇(3) 17.01.29:舞鶴〜若狭湾にて機雷処分〜01.29舞鶴 17.02.24:舞鶴〜第三回出動訓練〜02.28舞鶴 17.03.16:舞鶴〜第四回出動訓練〜03.20舞鶴 17.03.20:兵力区分:機密舞鶴防備戦隊命令作第9号:第三部隊(3)第二小隊三番艇(3) 17.04.01:青木艇長退庁 17.04.--:特務艇長:海軍大尉 池谷 昇 17.04.10:内令第655号:舞鶴防備隊所属 17.04.13:舞鶴〜掃海訓練〜04.13舞鶴 17.04.15:舞鶴〜掃海訓練〜04.15舞鶴 17.04.17:舞鶴〜敷設訓練〜04.18舞鶴 17.05.03:兵力区分:機密舞鶴防備戦隊命令作第12号:第三部隊(3)二番艇(2) 17.05.05:舞鶴〜聴音掃海訓練〜05.07舞鶴 17.05.06:兵力区分:機密舞鶴防備戦隊命令作第13号:第三部隊(3)二番艇(2) 17.05.22:舞鶴〜第一回応用教練〜05.25舞鶴 17.06.02:舞鶴〜聴音掃海、敷設訓練〜06.02舞鶴 17.06.03:舞鶴〜聴音掃海、敷設訓練〜06.03舞鶴 17.06.04:舞鶴〜聴音掃海、敷設訓練〜06.04舞鶴 17.06.20:舞鶴〜06.20舞鶴 17.06.26:舞鶴〜第二回教練射撃及び第三回教練運転〜06.26舞鶴 17.07.01:舞鶴〜掃海訓練〜07.02舞鶴 17.07.04:将旗掲揚 17.07.08:将旗撤去 17.07.08:舞鶴〜07.09舞鶴 17.07.10:内令第1220号:舞鶴防備隊所属 17.07.13:舞鶴〜敷設戦技〜07.14舞鶴 17.07.14:舞鶴〜07.14舞鶴 17.07.20:兵力区分:機密舞鶴防備戦隊命令作第17号:第三部隊(2)二番艇(2) 17.07.31:舞鶴〜07.31舞鶴 17.08.03:舞鶴〜掃海戦技〜08.04舞鶴 17.08.08:舞鶴〜教務〜08.08舞鶴 17.08.17:舞鶴〜08.17舞鶴 17.08.20:舞鶴〜防掃具掃海〜08.20舞鶴 17.08.24:舞鶴〜出動訓練〜08.24舞鶴 17.08.25:舞鶴〜出動訓練〜08.25舞鶴 17.08.26:舞鶴〜出動訓練〜08.26舞鶴 17.08.31:兵力区分:機密舞鶴防備戦隊命令作第18号:第三部隊(2)第二小隊二番艇(2) 17.08.31:舞鶴〜出動訓練〜08.31舞鶴 17.09.01:舞鶴〜訓練〜09.01舞鶴 17.09.03:舞鶴〜防掃具掃海〜09.03舞鶴
17.09.10:戦時編制:大海幕機密第574号の36:舞鶴鎮守府部隊舞鶴防備隊 17.09.10:軍隊区分:機密舞鶴鎮守府命令作第27号:舞鶴海面防備部隊 17.09.10:兵力区分:機密舞鶴海面防備部隊命令作第1号:第一部隊(1)第一小隊一番艇(1) 17.10.26:特務艇長:海軍豫備大尉 魚山 操 17.11.07:舞鶴〜哨戒〜11.10舞鶴 17.12.10:舞鶴〜哨戒〜12.14舞鶴 18.01.18:舞鶴〜哨戒〜01.21舞鶴 18.02.17:舞鶴〜哨戒〜02.20舞鶴 18.03.04:舞鶴〜哨戒〜03.07舞鶴 18.03.18:舞鶴〜舞鶴湾外に九三機雷三型改一敷設〜03.18舞鶴 18.03.23:舞鶴〜第二回聯合教練甲軍行動海面及び上陸地点の実地調査〜03.23舞鶴 18.03.24:舞鶴〜第二回聯合教練(上陸演習)〜03.24舞鶴 18.03.26:舞鶴〜第二回教練運転、工作、戦闘諸教練〜03.26伊根 18.03.27:伊根〜測距、目測、霧中航行教練〜03.27舞鶴 18.04.01:内令第584号:舞鶴防備隊所属 18.04.15:舞鶴〜哨戒〜04.18舞鶴 18.04.20:特務艇長:海軍中尉 寺永 三雄(兼務) 18.04.23:舞鶴〜掃海訓練〜04.23舞鶴 18.04.24:舞鶴〜第十一潜水戦隊との聯合教練〜04.25舞鶴 18.04.27:舞鶴〜敷設訓練〜04.27舞鶴 18.04.28:舞鶴〜掃海訓練〜04.28舞鶴 18.05.06:舞鶴〜投射訓練〜05.06舞鶴 18.05.06:舞鶴〜哨戒〜05.09舞鶴 18.05.15:軍隊区分:機密舞鶴鎮守府命令作第43号:海面防備部隊 18.05.15:特務艇長:海軍大尉 宮山 定了(兼務)  18.05.18:舞鶴〜聯合訓練〜05.19舞鶴 18.05.22:特務艇長:海軍豫備大尉 小島 武雄 18.05.28:舞鶴〜聯合訓練〜05.28舞鶴 18.06.03:舞鶴〜聯合訓練〜06.04舞鶴 18.06.08:舞鶴〜聯合訓練〜06.10舞鶴 18.06.15:舞鶴〜第一回教練射撃〜06.15舞鶴 18.06.17:舞鶴〜第十一潜水戦隊との聯合教練〜06.17舞鶴 18.07.01:特務艇長:海軍大尉 小島 武雄 18.07.08:信電令作第2号:直ちに出港、飛行機と共同し冠島の335度137浬付近の敵潜撃滅 18.07.08:舞鶴〜対潜掃蕩〜07.11舞鶴 18.07.09:信電令作第3号:特令ある迄北緯38度30分東経136度付近にて対潜掃蕩 18.07.10:海防電令作第2号:対潜掃蕩を行いつつ帰投 18.07.12:海防信電令作第10号:07.13 1200以後第十哨区にて対潜掃蕩、「常盤」入港の際水路嚮導 18.07.13:舞鶴〜哨戒〜07.13舞鶴 18.07.14:舞鶴〜哨戒〜07.18舞鶴 18.07.14:海防信電令作第12号:07.15 0500以後E哨区西半にて対潜掃蕩、船団護衛協力後、E哨区の警戒 18.07.17:海防信電令作第15号:07.18 1000以後E哨区東半にて哨区警戒、 「成生」の船団護衛に協力後帰投 18.07.21:舞鶴〜哨戒〜07.24舞鶴 18.07.24:軍隊区分:機密舞鶴鎮守府命令作第53号:海面防備部隊 18.08.04:舞鶴〜敷設訓練〜08.04舞鶴 18.08.06:舞鶴〜測角訓練〜08.06舞鶴 18.08.07:舞鶴〜哨戒〜08.10舞鶴 18.08.31:舞鶴〜試運転〜08.31舞鶴 18.09.01:内令第1833号:舞鶴防備隊所属 18.09.01:舞鶴〜対潜哨戒〜09.03舞鶴 18.09.04:舞鶴〜対潜訓練〜09.04舞鶴 18.09.07:舞鶴〜訓練〜09.07舞鶴 18.09.15:軍隊区分:機密舞鶴鎮守府命令作第57号:海面防備部隊 18.09.15:舞鶴〜設標作業〜09.15舞鶴 18.09.16:舞鶴〜教練掃海〜09.16舞鶴 18.09.17:舞鶴〜教練掃海〜09.17舞鶴 18.09.20:舞鶴〜訓練〜09.20舞鶴 18.09.23:舞鶴〜訓練〜09.23舞鶴 18.09.26:舞鶴〜訓練〜09.27舞鶴 18.09.29:舞鶴〜訓練〜09.29舞鶴 18.10.02:舞鶴〜訓練〜10.02舞鶴 18.10.18:舞鶴〜訓練〜10.19舞鶴 18.10.25:舞鶴〜訓練〜10.25舞鶴 18.10.28:舞鶴〜補填敷設〜10.28舞鶴 18.11.04:舞鶴〜哨戒〜11.07西郷 18.11.--:西郷〜哨戒〜11.10舞鶴 18.11.12:舞鶴〜掃海訓練〜11.12舞鶴 18.11.13:舞鶴〜掃海訓練〜11.13舞鶴 18.11.20:軍隊区分:機密舞鶴鎮守府命令作第66号:海面防備部隊 18.11.24:舞鶴〜哨戒〜11.28舞鶴 18.11.29:舞鶴〜訓練〜11.29舞鶴 18.12.05:缶切替修理 18.12.08:軍隊区分:機密舞鶴鎮守府命令作第68号:海面防備部隊 19.01.04:舞鶴〜訓練〜01.04宮津湾 19.01.05:宮津湾〜訓練〜01.05宮津湾 19.01.06:宮津湾〜訓練〜01.06舞鶴 19.01.09:舞鶴〜哨戒〜01.10舞鶴 19.01.11:舞鶴〜訓練〜01.11宮津湾 19.01.12:宮津湾〜訓練〜01.12舞鶴 19.01.18:舞鶴〜訓練〜01.18宮津湾 19.01.19:宮津湾〜訓練〜01.19宮津湾 19.01.20:宮津湾〜訓練〜01.20舞鶴 19.01.25:舞鶴〜訓練〜01.25伊根 19.01.26:伊根〜訓練〜01.26舞鶴 19.01.27:舞鶴〜哨戒〜01.30舞鶴
19.02.01:類別等級改正:内令第272号:種別:特務艇、類別:敷設特務艇、艇型:なし 19.02.01:本籍:内令第281号:舞鶴鎮守府 19.02.01:内令第279号:舞鶴防備隊所属
19.02.01:軍隊区分:機密舞鶴鎮守府命令作第77号:海面防備部隊 19.02.01:舞鶴〜訓練〜02.01宮津湾 19.02.02:宮津湾〜訓練〜02.02宮津湾 19.02.03:宮津湾〜訓練〜02.03舞鶴 19.02.10:舞鶴〜訓練〜02.10舞鶴 19.02.12:舞鶴〜訓練〜02.12舞鶴 19.02.12:舞鶴〜哨戒〜02.14舞鶴 19.02.15:舞鶴〜訓練〜02.15伊根 19.02.16:伊根〜訓練〜02.16舞鶴 19.02.21:舞海防電令作第11号:内方哨区外端附近に就け 19.02.21:舞鶴〜哨戒〜02.24舞鶴 19.02.23:舞海防電令作第12号:02.25入渠に付、02.24成るべく速やかに舞鶴に帰投せよ 19.02.26:修理(03.13まで) 19.03.13:舞鶴〜水測兵器公試〜03.13舞鶴 19.03.15:軍隊区分:機密舞鶴鎮守府命令作第81号:海面防備部隊 19.03.15:舞鶴〜聴音機設置作業〜03.15舞鶴 19.03.16:舞鶴〜敷設訓練〜03.16舞鶴 19.03.17:舞海防電令作第18号:ホ哨区哨戒 19.03.17:舞鶴〜ホ哨区哨戒〜03.18小浜 19.03.19:小浜〜ホ哨区哨戒〜      〜03.19 1600「天祐丸」を直接護衛〜      〜03.20舞鶴 19.03.24;舞鶴〜訓練〜03.24栗田湾 19.04.05:舞鶴〜訓練〜04.05富津 19.04.06:富津〜訓練〜04.06舞鶴 19.04.07:舞鶴〜哨戒〜04.10舞鶴 19.04.12:舞鶴〜訓練〜04.12富津 19.04.13:富津〜訓練〜04.13舞鶴 19.04.17:舞鶴〜訓練〜04.17舞鶴 19.04.20:舞鶴〜哨戒〜04.24舞鶴 19.04.23:舞鶴海面防備部隊電令作第21号:       戸島、第二十號掃海特務艇は舞鶴鎮守府電令作第44号に依る大天丸の直接護衛に任ずべし 19.04.23:舞鶴〜      〜04.23 1140 護衛開始〜      〜04.23 1612 荒天のため速力出ず護衛終了〜      〜04.24舞鶴 19.04.25:舞鶴〜哨戒〜04.28舞鶴 19.05.10:舞鶴〜哨戒〜      〜05.13教練射撃〜05.13舞鶴 19.05.18:舞鶴〜訓練〜05.18舞鶴 19.05.19:舞鶴〜哨戒〜05.22舞鶴 19.05.26:舞鶴〜対潜訓練〜05.26舞鶴 19.05.28:舞鶴〜探知訓練〜05.28舞鶴 19.05.30:舞鶴〜対潜訓練〜05.30舞鶴 19.06.01:特務艇長:海軍大尉 鈴木 資郎 19.06.02:舞鶴〜対潜訓練〜06.02富津湾 19.06.03:富津湾〜対潜掃海訓練〜06.03舞鶴 19.06.14:舞鶴〜運用術聯合教練〜06.14舞鶴 19.06.18:修理(06.29まで) 19.07.--:軍隊区分:第一部隊 19.07.03:舞鶴〜試運転〜07.03舞鶴 19.07.04:舞鶴海面防備部隊電令作第28号:      2.戸島、第一濟州丸は速に出港夫々(ヘ)(ホ)(ニ)哨区に就け 19.07.04:舞鶴〜哨戒〜07.07舞鶴 19.07.13:舞鶴海面防備部隊電令作第32号:      1.戸島、鮎川丸、第一、第二濟州丸、第百五十三號驅潜特務艇及び一曳船は〇八〇〇出港夫々        (ヘ)東(ヘ)西(ニ)(ホ)哨区の哨戒をなせ 19.07.13:舞鶴〜哨戒〜07.15舞鶴 19.07.18:舞鶴〜教練射撃〜07.18舞鶴 19.07.21:舞鶴〜聯合教練、対潜掃蕩訓練〜07.21舞鶴 19.07.22:舞鶴〜聯合教練〜07.23舞鶴 19.07.30:舞鶴海面防備部隊電令作第34号:      1.各艇は舞鶴鎮守府電令作第53号に依り三十一日〇八〇〇迄に左の地点に就き警戒を厳にすべし      2.配備地点 戸島      北緯三八度一〇分 東経一三四度五五分 19.07.30:舞鶴〜哨戒〜08.02舞鶴 19.08.03:舞鶴〜(ヘ)哨区哨戒〜08.04舞鶴 19.08.15:舞鶴〜哨戒〜08.18舞鶴 19.08.19:舞鶴〜訓練〜08.19宮津湾 19.08.20:宮津湾〜訓練〜08.20舞鶴 19.08.23:舞鶴〜訓練〜08.23舞鶴 19.09.03:修理完了 19.09.06:舞鶴〜訓練〜09.06舞鶴 19.09.11:舞鶴〜哨戒〜09.14舞鶴 19.09.18:舞鶴〜      〜09.20真野湾にて「第百五十三號驅潜特務艇」救難作業〜      〜09.23真野湾作業現場発〜      〜09.24舞鶴 19.09.--:「第百五十三號驅潜特務艇」引卸資材搭載 19.09.26:舞鶴〜      〜09.26真野湾にて「第百五十三號驅潜特務艇」救難作業〜      〜10.01真野湾作業現場発〜      〜10.01七尾 19.10.02:七尾〜      〜10.02真野湾にて「第百五十三號驅潜特務艇」救難作業〜      〜10.13真野湾作業現場発〜      〜10.13新潟 19.10.15:軍隊区分:機密舞鶴鎮守府命令作第100号:海面防備部隊 19.10.15:新潟〜      〜10.15真野湾にて「第百五十三號驅潜特務艇」救難作業〜      〜10.19 1430 「第百五十三號驅潜特務艇」離礁〜      〜10.22救難器材撤収搭載〜      〜10.22真野湾作業現場発〜      〜10.23舞鶴 19.10.23:救難器材陸揚げ 19.10.25:舞鶴〜      〜10.26真野湾、撤収救難器材搭載〜      〜10.28作業現場発〜      〜10.29舞鶴 19.10.29:器材陸揚げ 19.11.09:舞鶴〜哨戒〜11.12舞鶴 19.11.20:特務艇長:海軍大尉 上高 一雄 19.11.20:舞鶴〜訓練〜11.20舞鶴 19.11.22:(魚雷艇回航護衛)舞鶴〜11.23境港11.24〜11.24鷺港11.25〜11.25須佐11.26〜      〜11.26吉見 19.11.28:セメント17t搭載、石炭40t、一号外油補給 19.11.28:門司〜11.28油谷湾11.30〜11.30浜田湾12.01〜12.01境港 19.12.05:境港〜荒天の為、反転〜12.05境港 19.12.06:境港〜      〜12.06鳥取県岩美郡岩美海岸の浮流機雷(九二式)を爆破処分〜      〜12.07舞鶴 19.12.07:特務艇長:海軍大尉 關口 祿郎 19.12.08:舞鶴〜12.08敦賀 19.12.09:セメント45t搭載 19.12.--:敦賀〜12.10舞鶴 19.12.12:舞鶴〜掃海探知訓練〜12.12舞鶴 19.12.14:舞鶴〜対潜訓練〜12.14舞鶴 19.12.15:軍隊区分:機密舞鶴鎮守府命令作第104号:海面防備部隊 19.12.21:舞鶴〜敷設掃海訓練〜12.21宮津湾 19.12.21:宮津湾〜哨戒〜12.22舞鶴 19.12.23:舞鶴〜「呂號第四十九潜水艦」を目標に対潜訓練〜12.24舞鶴 20.01.02:舞鶴〜哨戒〜01.05宮津湾 20.01.06:宮津湾〜訓練〜01.06舞鶴 20.01.11:入渠、三式探信儀三型装備 20.02.04:三式探信儀三型装備、簡易式聴音機取付位置変更工事完了 20.02.07:舞鶴〜哨戒〜      〜02.09上記ドラム給水管付根蒸気漏洩〜      〜02.09舞鶴 20.02.15:舞鶴〜巡洋艦「利根」公試中の対潜警戒〜02.15舞鶴 20.02.16:舞鶴〜対潜掃蕩〜02.16舞鶴 20.02.19:舞鶴〜哨戒〜      〜02.20 0655 荒天にて航行困難なため成生埼に引返す〜      〜02.22教練運転〜      〜02.22舞鶴  20.02.28:舞鶴〜訓練〜02.28舞鶴 20.03.01:舞鶴〜訓練〜03.01舞鶴 20.03.02:舞鶴〜訓練〜03.02宮津 20.03.03:宮津〜訓練〜03.03宮津 20.03.04:宮津〜訓練〜03.04舞鶴 20.03.06:舞鶴〜哨戒〜03.09舞鶴 20.03.15:舞海防信令第40号:03.16 0700出港(へ)哨区敵潜掃蕩 20.03.16:舞鶴〜対潜掃蕩〜03.19舞鶴 20.03.19:舞海防信電令作第53号:舞鶴帰投 20.03.29:舞鶴〜練習生教務〜03.29舞鶴 20.04.01:舞鶴〜哨戒〜04.05舞鶴 20.04.08:舞鶴〜対潜掃蕩〜      〜04.09 1620 沖ノ島20度3.5浬にて対潜戦闘:爆雷攻撃3個〜      〜04.10 0930 沖ノ島附近海面にて対潜戦闘:爆雷攻撃6個〜 〜04.13小浜湾04.14〜      〜04.14舞鶴 20.04.15:舞鶴〜作業〜04.15舞鶴 20.04.16:缶内部掃除(04.23まで) 20.04.27:舞鶴〜哨戒〜05.01舞鶴 20.05.03:舞鶴〜作業〜05.04舞鶴 20.05.08:舞鶴〜05.09両津 20.05.10:両津〜直江津に向うが荒天の為引返す〜両津 20.05.12:両津〜05.13七尾05.14〜05.14皆月〜05.15舞鶴 20.05.17:舞鶴〜哨戒〜05.21舞鶴 20.05.26:舞鶴〜浜住〜津居山〜香住〜05.27境港 20.07.30:1007 工廠岸壁繋留中対空戦闘:十三粍機銃発射350発      1030 前甲板八糎砲台右舷に被爆、煙突より前部は瞬時に水没
20.07.30:1032 沈没 20.11.30:除籍:第301730番電 21.04.01:類別等級削除:軍令第1号(自然消滅)
喪失場所:工廠岸壁 喪失原因:米第38機動部隊艦載機による空爆

同型艇

 夏島測天K島葦埼加コ圓島K~片島江之島似島K埼鷲埼

兵装

 四十口径四一式八糎砲1門、四號機雷120個。

(16.12.)
 吊下式水中聴音機1組。

(最終時)
 四十口径三年式八糎高角砲1門、十三粍機銃、四號機雷120個。

写真資料

 雑誌「世界の艦船」海人社 1996年2月号増刊「日本海軍護衛艦艇史」(P.109)
 雑誌「世界の艦船」海人社 2017年12月号増刊「日本海軍護衛艦艇史」(P.109)
 雑誌「丸Graphic Quarterly」潮書房 No.17「写真集 日本の小艦艇」(P.120)

前の艇へ ← 敷設特務艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る