第百三十七號特設輸送艦・第百三十七號輸送艦の艦歴

 年 月 日:艦歴

19.02.05:命名:官房軍機密第136号:第百三十七號特設輸送艦 19.02.05:内令第298号:佐世保鎮守府所管と仮定 19.06.01:起工 19.07.20:進水 19.08.30:竣工
19.08.30:入籍:内令第1010号:佐世保鎮守府所管 19.08.30:戦時編制:聯合艦隊 19.08.30:輸送艦長:海軍大尉 角 省三郎 19.08.30:1630 艤装完了、引渡し、軍艦旗掲揚 19.09.01:十六番浮標繋留換え 19.09.01:清水、重油搭載 19.09.04:爆雷搭載 19.09.05:除籍:内令第1044号
19.09.05:命名:達第294号:第百三十七號輸送艦 19.09.05:類別等級制定:内令第1035号:種別:輸送艦、等級:二等、艦型:第百一號型 19.09.05:本籍:内令第1045号:佐世保鎮守府 19.09.09:タ二番浮標繋留換え 19.09.10:真水搭載 19.09.14:弾薬搭載 19.09.16:佐世保〜09.17今福09.18〜09.18臼杵湾09.19〜09.19小豆島池田湾09.20〜      〜09.20田辺湾09.21〜09.21的矢09.22〜09.22磯根岬09.23〜09.23横須賀(Y二番浮標繋留) 19.09.26:弾薬搭載 19.09.28:横鎮電令作第670号:海光丸の東京湾父島間護衛に協力後、硫黄島に至り急速揚塔、      単独横須賀帰投 19.09.29:横須賀〜09.29横浜(第五岸壁) 19.10.02:横浜〜      〜10.02 1400 港外にて船団を組む〜      〜10.03八丈島 19.10.06:八丈島〜      〜10.06 0621 舵故障の為「大城丸」に接触〜      〜10.06 0810 荒天の為、船団と分離〜      〜10.06 1012 投錨〜      〜10.07 1107 出港〜      〜10.08清水 19.10.09:清水〜      〜10.09 1508 接岸試験〜      〜10.09横須賀(Y八番浮標繋留) 19.10.11:重油搭載 19.10.12:横須賀〜自差修正、舵取機試験〜舵故障〜10.12横須賀(Y七番浮標繋留) 19.10.13:横須賀〜舵取機試験〜10.13横須賀(Y七番浮標繋留) 19.10.14:横須賀〜舵試験〜10.14横須賀(Y七番浮標繋留) 19.10.15:1015 工廠二岸に繋留換え 19.10.18:横須賀〜舵取機試験〜10.18横須賀 19.10.18:真水搭載 19.10.20:弾薬、重油卸方 19.10.21:1030 第四船渠にて入渠 19.11.01:輸送艦長:海軍少佐 角 省三郎 19.11.01:1725 重油搭載 19.11.04:1052 出渠 19.11.04:横須賀〜操舵試験、自差修正〜11.04横須賀(Y八番浮標繋留) 19.11.05:0925 荷役開始      1300 糧食搭載 19.11.06:1530 便乗者49名乗艦 19.11.07:横須賀〜操舵試験〜11.07館山 19.11.08:館山〜      〜11.08 1521 艦尾錨流失〜      〜11.10父島二見 19.11.11:転錨 19.11.12:転錨、浮標繋留 19.11.13:転錨 19.11.13:二見〜11.15館山11.16〜11.16横須賀(Y九番浮標繋留) 19.11.19:1117 小海一番に繋留換え 19.11.22:1415 Y三番浮標繋留      1505 弾薬卸方 19.11.24:0955 第四船渠にて入渠 19.12.03:1040 出渠、Y七番浮標繋留 19.12.04:1300 弾薬搭載開始      1510 弾薬搭載終了      1515 重油搭載開始      1648 重油搭載終了82t 19.12.08:横須賀〜12.08館山12.10〜      〜12.11 0945 高角砲試射4発〜      〜12.12 1023(N25.32-E140.08)雷撃を受けるが回避〜      〜12.12硫黄島 19.12.13:硫黄島〜02.14二見(扇浦接岸) 19.12.15:0820 重油搭載40t      1025 真水搭載      1230 陸軍便乗者97名乗艦 19.12.16:二見〜12.17硫黄島 19.12.17:硫黄島〜      〜12.17 2135 空爆を受ける〜      〜12.18父島 19.12.09:0825 重油搭載      0850 真水搭載 19.12.21:0808 離岸      0930 接岸 19.12.22:父島〜      〜12.22 2227 敵機1機と交戦〜      〜12.23硫黄島 19.12.23:1506 離岸転錨 19.12.23:硫黄島〜      〜12.24 0034 敵機1機と交戦〜      〜12.24父島 19.12.25:1005 真水搭載      1200 前部揚錨機修理 19.12.28:父島〜      〜12.29 0155 敵機と交戦〜      〜12.29 0206 敵機と交戦〜      〜12.29二見 19.12.29:二見〜      〜12.29 2330 敵機と交戦〜      〜12.30硫黄島 19.12.30:1244 出港、便乗者乗艦      1423 転錨  19.12.30:硫黄島〜12.31二見(扇浦接岸) 19.12.31:1417 真水搭載 19.12.31:二見〜      〜01.01 荒天により船体損傷〜      〜01.02八丈島 20.01.03:八丈島〜01.04横須賀 20.01.11:1500 第四船渠にて入渠
20.01.15:戦時編制:聯合艦隊第二輸送隊 20.01.15:内令第42号:第二輸送隊所属 20.01.18:1930 出渠 20.01.19:1830 弾薬搭載 20.01.19:横須賀〜自差修正〜01.19横須賀 20.01.20:0805 荷役開始      0947 重油搭載 20.01.21:0915 食糧搭載 20.01.22:0848 便乗者58名乗艦 20.01.23:横須賀〜荒天により反転〜01.23館山 20.01.25:館山〜荒天により反転〜01.25館山 20.01.28:館山〜01.29八丈島〜      〜01.31 2035 母島東北5浬にて対空戦闘〜      〜01.31 2130 対空戦闘〜      〜父島 20.02.01:父島〜荒天により反転〜02.01父島 20.02.02:0915 清水搭載      1335 転錨しようとし錨鎖切断、扇浦に接岸 20.02.03:0820 曳船による引卸作業      1150 作業中止 20.02.04:0740 曳航作業開始      0800 離洲 20.02.06:0825 曳航      0935 二見港内一番浮標繋留   1305 対空戦闘 20.02.09:父島〜02.10硫黄島 20.02.10:硫黄島〜      〜02.10 2232(N26.11-E141.45)対空戦闘〜      〜02.11 0150 対空戦闘〜      〜02.11父島 20.02.12:0745 荷役開始      0750 重油搭載 20.02.13:便乗者81名乗艦 20.02.13:父島〜反転〜02.13父島 20.02.14:1330 浮標繋留 20.02.15:父島〜      〜02.15 1536 兄島西2浬にて対空戦闘〜      〜02.17八丈島洞輪沢02.22〜02.22下田 20.02.23:転錨 20.02.24:下田〜02.24横須賀(Y八番浮標繋留) 20.02.25:0825 対空戦闘 20.02.27:0905 弾薬卸方      1025 重油卸方 20.02.28:軍隊区分:機密横鎮電令作第53号:小笠原部隊より除き直卒部隊 20.02.28:1027 第二船渠にて入渠 20.03.11:0945 出渠 20.03.12:1300 弾薬搭載 20.03.13:横須賀〜試運転〜03.13横須賀 20.03.13:横鎮電令作第63号:当分の間、特に指示する外、八丈島輸送 20.03.14:1010 荷役開始(170.2t、人員57名) 20.03.16:1400 司令旗掲揚 20.03.16:横須賀〜荒天により反転〜03.17館山 20.03.17:館山〜03.18八丈島八重根 20.03.18:1150 転錨      1155 対空戦闘:高角砲6発、機銃1,191発発射、船体損傷 20.03.19:0830 神湊に転錨      0935 揚荷開始 20.03.20:2140 揚荷終了 20.03.21:陸軍便乗者12名乗艦 20.03.21:八丈島神湊〜03.21横須賀 20.03.25:1030 横須賀海軍工廠三ヶ保四番に繋留      1300 司令旗を撤去 20.03.25:機密二輸送隊命令第5号:隊番号5402、艦番号3 20.03.29:二十五粍機銃防弾板新設工事 20.04.05:Y一番浮標に繋留換え      1200 荷役開始 20.04.06:0900 重油搭載 20.04.07:1150 清水搭載      荷役終了(積荷176t、人員20名) 20.04.07:横須賀〜04.07館山湾04.08〜      〜04.08 0905 雷撃を受けるが回避〜      〜04.08 1025 対空戦闘〜      〜04.08八丈島 20.04.08:1620 荷役開始 20.04.09:0230 荷役終了 20.04.09:八丈島〜04.09横須賀 20.04.10:0900 荷役開始      1250 重油搭載30t 20.04.14:1200 司令旗掲揚 20.04.26:1000 荷役終了154t、便乗者13名乗艦 20.04.27:横須賀〜04.27館山湾 20.04.29:館山湾〜荒天により反転〜04.29館山湾 20.04.29:館山湾〜04.29八丈島八重根 20.04.29:1830 荷役開始 20.04.30:0200 荷役終了 20.04.30:八重根〜04.30横須賀 20.05.05:軍隊区分:海總電令第11号:佐世保鎮守府部隊 20.05.05:横鎮電令作第114号:成るべく速やかに佐世保に派遣 20.05.06:横須賀海軍工廠三ヶ保五番に繋留、電池庫改造 20.05.15:重油搭載65t 20.05.16:横須賀〜      〜05.16 1320 自差修正終了〜      〜05.16 1440 佐世保に向う〜      〜05.16網代 20.05.17:網代〜05.17清水 20.05.18:清水〜      〜05.18 1143 大王埼55度12.5浬にて対空戦闘:高角砲2発、機銃168発発射、船体損傷〜      〜05.18的矢 20.05.20:的矢〜05.20由良05.21〜05.21家島05.21〜05.21高松沖05.22〜05.22呉 20.05.25:呉〜05.25下関05.29〜05.29呼子05.30〜05.30佐世保 20.05.31:入渠準備、弾薬、重油卸方 20.06.09:佐鎮信電令作第139号:特四式襲撃隊の進出に協力 20.07.27:佐世保〜07.30佐世保
20.08.15:残存 20.08.26:内令第749号:第一豫備輸送艦 20.09.15:戦時編制:佐世保鎮守府部隊 20.12.01:除籍*1
20.12.01:入籍:内令第6号:特別輸送艦、佐世保地方復員局所管 20.12.20:内令第12号:「輸第百三十七號」と呼称 21.04.01:類別等級削除:軍令第1号(自然消滅) 21.10.25:艦長:復員事務官 柴 正文 22.09.05:艦長:復員事務官 永松 熊一 22.10.03:除籍:復二第713号

同型艦

 第百三號第百二十六號第百二十九號第百四十八號第百五十一號第百六十五號第百七十二號第百七十六號假稱第1584號艦假稱第1588號艦

兵装

(新造時)
 四十口径三年式八糎高角砲1門、九六式二十五粍三聯装機銃2基、同二聯装機銃2基、
 同単装機銃11基、九九式小銃8挺、爆雷手動投下台一型6台。

写真資料

 雑誌「丸Graphic Quarterly」潮書房1974年7月号(P.159)
 雑誌「丸スペシャル」潮書房 No.50「掃海艇・輸送艦」(P.56)
 「写真日本海軍全艦艇史」 潟xストセラーズ H06.12 福井静夫(2413)
 「海軍第十一巻 小艦艇 特務艦艇 雑役船 特設艦船」誠文図書 S56.09 「海軍」編集委員会(P.39) 
 「終戦と帝国艦艇」光人社 H23.01 福井静夫(87)

備考

*1 昭和20年軍務一第180號により特別輸送艦に指定された日を以て令なく除籍されました。以降の頁でも同様。


前の艦へ ← 特設輸送艦 → 次の艦へ

前の艦へ ← 輸送艦 → 次の艦へ

Homeへ戻る