第百三十五號特設輸送艦・第百三十五號輸送艦の艦歴

 年 月 日:艦歴

19.02.05:命名:官房軍機密第136号:第百三十五號特設輸送艦 19.02.05:内令第298号:佐世保鎮守府所管と仮定 19.04.28:起工 19.06.26:進水 19.07.25:竣工
19.07.25:入籍:内令第895号:佐世保鎮守府所管 19.07.25:戦時編制:聯合艦隊第一輸送戦隊 19.07.25:輸送艦長:海軍大尉 中山 正雄 19.07.26:清水搭載 19.07.28:中山大尉着任 19.08.02:燃料搭載 19.08.04:燃料搭載 19.08.07:清水搭載 19.08.08:糧食搭載 19.08.10:佐世保〜08.10鹿児島08.12〜08.12口永良部08.13〜08.13鹿児島 19.08.16:(船団護衛)鹿児島〜08.19那覇 19.08.22:那覇〜08.22瀬相08.23〜08.23古仁屋08.24〜08.24芝浦08.25〜08.25鹿児島08.27〜      〜08.27方浦08.28〜08.28佐世保 19.08.31:中山大尉退艦 19.09.01:輸送艦長:海軍大尉 小林 芳郎 19.09.05:除籍:内令第1044号
19.09.05:命名:達第294号:第百三十五號輸送艦 19.09.05:類別等級制定:内令第1035号:種別:輸送艦、等級:二等、艦型:第百一號型 19.09.05:本籍:内令第1045号:佐世保鎮守府 19.09.09:小林大尉着任 19.09.13:需品、糧食、燃料搭載 19.09.19:佐世保〜09.19部埼09.20〜09.20呉 19.09.22:呉〜09.22大迫 19.09.22:特二式内火艇9台、貨物自動車1台搭載、戦車隊員87名乗艦 19.09.23:大迫〜09.23六連 19.09.24:(タマ29A船団)六連〜09.24富江
19.09.25:戦時編制:聯合艦隊第一輸送戦隊 19.09.27:(タマ29A船団)富江〜09.30厦門10.02〜10.02馬公 19.10.02:主機械開放検査(10.06まで) 19.10.03:燃料補給 19.10.06:(タマ29A船団)馬公〜10.06高雄10.09〜10.09左営 19.10.09:1030 燃料補給 19.10.09:(タマ29A船団)左営〜10.09東港10.10〜10.10サブタン10.11〜10.11ムサ泊地 19.10.12:特二式内火艇揚陸 19.10.14:特二式内火艇搭載 19.10.16:(タマ29A船団)ムサ泊地〜10.16ラポック湾 19.10.17:軍隊区分:聯合艦隊電令第468号:南西方面艦隊 19.10.18:軍隊区分:一輸戦電令作第2号:南西部隊 19.10.18:0940 出港、サロマゲ湾に向う      1050 サロマゲ湾内に警戒避泊      1100 出港、ラポック湾に向う      1230 ラポック湾にて接岸      1300 対空戦闘:打方始め      1304 特設敷設艦新興丸」被爆、沈没      1320 銃撃により戦車1台火災      1323 戦車火災鎮火      1325 左舷後部に至近弾3発      1330 前部戦車庫に爆弾3発命中(二〜九番機銃破損使用不能)、機銃弾薬誘爆      1335 消防主管破損、移動喞筒大破により消火殆ど不能      1340 軍艦旗降下、総員退去 19.10.20:1700 船体外殻の一部を残して鎮火
19.10.18:放棄 20.04.01:戦時編制:大海幕機密第608号ノ224:聯合艦隊附属 20.05.10:類別等級削除:内令第400号 20.05.10:除籍:内令第411号
喪失場所:N17.46-E120.25 ラポック湾 喪失原因:米第38.2機動部隊艦載機による空爆

同型艦

 第百三號第百二十六號第百二十九號第百四十八號第百五十一號第百六十五號第百七十二號第百七十六號假稱第1584號艦假稱第1588號艦

兵装

 四十口径三年式八糎高角砲1門、九六式二十五粍三聯装機銃2基、同二聯装機銃2基、
 同単装機銃11基。

写真資料

 要調査

前の艦へ ← 特設輸送艦 → 次の艦へ

前の艦へ ← 輸送艦 → 次の艦へ

Homeへ戻る