第百三十四號特設輸送艦・第百三十四號輸送艦の艦歴

 年 月 日:艦歴

19.02.05:命名:官房軍機密第136号:第百三十四號特設輸送艦 19.02.05:内令第298号:佐世保鎮守府所管と仮定 19.04.10:起工 19.06.15:進水 19.07.15:竣工
19.07.15:入籍:内令第867号:佐世保鎮守府所管 19.07.15:戦時編制:聯合艦隊北東方面艦隊 19.07.15:軍隊区分:北東方面部隊附属 19.07.15:輸送艦長:海軍大尉 渡部 成巳 19.07.15:引渡式 19.07.15:1005 軍艦旗、長旗掲揚 19.07.15:弾薬搭載 19.07.16:後部投揚錨試験(結果良好)、主機械試運転(結果良好)、舵取機故障 19.07.18:浦崎〜07.18佐世保 19.07.20:糧食、弾薬搭載 19.07.21:佐世保〜操舵試験(結果良好)〜07.21佐世保 19.07.22:軍隊区分:大海指第432号:横須賀鎮守府司令長官の指揮下に入る 19.07.22:糧食搭載 19.07.24:兵器弾薬(単装機銃分)搭載 19.07.25:佐世保〜操舵公試(結果不良)及び自差修正〜07.25佐世保 19.07.25:酒保物品搭載 19.07.26:佐世保〜操舵試験〜07.26佐世保 19.07.29:佐世保〜操舵公試(結果良好)〜07.29佐世保 19.07.29:佐世保〜舵取機故障〜07.30三津浜07.31〜07.31今治 19.08.04:今治〜操舵試験(結果良好)〜08.04今治 19.08.05:今治〜08.05神戸(十三番浮標) 19.08.08:神戸〜08.08和歌浦 19.08.09:(陸軍船護衛)和歌浦〜08.09由良08.10〜08.10的矢 19.08.11:的矢〜08.11横須賀 19.08.11:1845 Y九番浮標に前後部繋留 19.08.12:1425 小海方四岸壁に横付け      十三粍単装機銃10基臨時増備、二十五粍二聯装機銃1基、同単装機銃1基増備工事開始 19.08.13:0915 重油搭載90t      1100 酒保物品搭載 19.08.14:1000 Y八番浮標に繋留      1020 輸送物件搭載開始      1300 弾薬搭載      十三粍単装機銃10基臨時増備、二十五粍二聯装機銃1基、同単装機銃1基増備工事完了 19.08.15:0900 輸送物件搭載終了      0945 清水、糧食搭載 19.08.15:横須賀〜08.15館山沖 19.08.17:(第3815船団護衛)館山沖〜      〜08.18 1450 「第十二號海防艦」解列、潜水艦攻撃に向う〜      〜08.21 1706 解列〜      〜08.21母島 19.08.22:母島〜荒天により反転〜08.22母島 19.08.23:(船団護衛)母島〜      〜08.24 海防艦「八十島」、「第十二號海防艦」が船団分離〜      〜08.25硫黄島 19.08.25:0958 南揚塔場接岸、揚塔作業開始      1600 揚塔作業終了      便乗者151名乗艦  19.08.25:硫黄島〜      〜08.25 1312 対空戦闘:B-24 19機と交戦、高角砲2発発射〜      〜08.26 1915 荒天によりカッター流失、前扉締付ボルト他損傷〜      〜08.28下田 19.08.29:下田〜08.29横須賀 19.08.29:1157 Y五番浮標に前後部繋留      1600 清水搭載10t、便乗者退艦 19.08.30:1300 三ヶ保岸壁五番に繋留      2000 揚荷作業 19.09.02:九三式十三粍単装機銃10基還納 19.09.04:0817 Y三番浮標に前後部繋留      0855 弾薬卸す      1014 第四船渠にて入渠 19.09.05:除籍:内令第1044号
19.09.05:命名:達第294号:第百三十四號輸送艦 19.09.05:類別等級制定:内令第1035号:種別:輸送艦、等級:二等、艦型:第百一號型 19.09.05:本籍:内令第1045号:佐世保鎮守府 19.09.10:二十五粍機銃9基増設 19.09.11:1000 出渠      1015 Y六番浮標に前後部繋留 19.09.11:横須賀〜機銃試射、自差修正、操舵試験〜09.11横須賀      1615 Y六番浮標に前後部繋留 19.09.14:1424 清水搭載20t      1606 重油搭載203t      1700 糧食搭載 19.09.14:横鎮電令作第646号:五百島の護衛に協力しつつ硫黄島輸送、揚塔終了後は      小笠原部隊指揮官の指揮を受け父島硫黄島間の特殊輸送に従事 19.09.15:横須賀〜09.15横浜 19.09.15:0914 横浜十番岸壁に左舷横付け      1030 積荷作業開始 19.09.17:甲直接護衛部隊電令作第244号:      1.五百島(第七十五號甲標的曳航)、第四十二號驅潜艇、第百三十四號輸送艦を以て        第三九一七船団を編成し18日父島に向け東京湾を出撃せしむ      2.第百三十四號輸送艦の行動に関しては横鎮電令作第646号所定とす      3.船団部隊指揮官を五百島海防艦長に指定す 19.09.18:1100 積荷作業終了        (二十五粍、十三粍機銃、爆雷、機銃弾、砲弾、セメント2,000俵、         米麦約10t、便乗者156名) 19.09.18:横浜〜09.18横須賀 19.09.18:横鎮電令作第650号:電令作第646号の護衛協力中止、単独硫黄島進出 19.09.18:1357 Y七番浮標に前後部繋留      1425 重油積換え 19.09.19:横須賀〜09.20館山沖09.21〜      〜09.21 1247 対潜戦闘:爆雷投下〜      〜09.23硫黄島 19.09.23:1910 硫黄島南海岸に接岸、揚塔作業開始 19.09.24:0330 揚塔作業終了、便乗者26名乗艦 19.09.24:硫黄島〜09.24父島 19.09.24:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第442号:小笠原部隊 19.09.25:0730 転錨、父島扇浦に接岸      1245 積荷作業開始 19.09.26:1315 積荷作業終了         (トラック2台、弾薬2,000箱、米500俵、隊貨若干、便乗者168名) 19.09.26:1715 出港      1733 後部揚錨機故障、出港取止め、投錨 19.09.27:父島〜09.28硫黄島 19.09.28:0738 硫黄島南揚塔場に接岸、揚塔作業開始 19.09.28:硫黄島〜09.29父島 19.09.29:0618 扇浦に接岸、搭載作業開始      0810 重油搭載50t 19.09.30:1500 搭載作業終了      1545 転錨 19.09.30:父島〜10.01硫黄島 19.10.01:0528 接岸      0535 揚塔作業開始      0855 揚塔作業終了      1052 転錨、硫黄島西海岸に投錨 19.10.01:硫黄島〜10.01南硫黄島 19.10.01:2030 零戦搭乗員救助 19.10.01:南硫黄島〜10.01硫黄島 19.10.01:2145 零戦搭乗員退艦 19.10.01:硫黄島〜10.02父島 19.10.02:1125 扇浦に接岸、搭載作業開始 19.10.03:1005 重油搭載      1100 搭載作業終了         (電探車4台、貨物車2台、弾薬2,000箱、精米200俵、燃料230ドラム、          隊貨若干、人員86名)      1150 対空戦闘:八糎高角砲3発発射 19.10.03:父島〜10.04硫黄島 19.10.04:0645 硫黄島南海岸揚塔場接岸      0702 風浪の為、後部圧流され左舷を海岸に擱坐      0724 缶消火      0728 便乗者退艦      1300 重要書類陸揚げ      1700 船体傾斜の為、総員退去 19.10.06:0950 荷揚開始      1600 荷揚中止 19.10.07:1320 荷揚開始      1700 荷揚終了 19.10.04:救難作業(10.18まで) 19.10.19:船体、兵器及び機関を硫黄島警備隊に引渡す
19.10.19:放棄 19.11.10:類別等級削除:内令第1247号 19.11.10:除籍:内令第1254号
喪失場所:N24.47-E141.20 硫黄島南海岸揚塔場 喪失原因:海難

同型艦

 第百三號第百二十六號第百二十九號第百四十八號第百五十一號第百六十五號第百七十二號第百七十六號假稱第1584號艦假稱第1588號艦

兵装

(新造時)
 四十口径三年式八糎高角砲1門、九六式二十五粍三聯装機銃2基。

(19.08.14)
 四十口径三年式八糎高角砲1門、九六式二十五粍三聯装機銃2基、同二聯装機銃1基、
 同単装機銃1基、九三式十三粍単装機銃10基(臨時)。

(19.09.03)
 四十口径三年式八糎高角砲1門、九六式二十五粍三聯装機銃2基、同二聯装機銃1基、
 同単装機銃1基。

(19.09.10)
 四十口径三年式八糎高角砲1門、九六式二十五粍三聯装機銃2基、同二聯装機銃1基、
 同単装機銃10基、爆雷。

写真資料

 要調査

前の艦へ ← 特設輸送艦 → 次の艦へ

前の艦へ ← 輸送艦 → 次の艦へ

Homeへ戻る