魁丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 T元.12.--:進水、命名:魁丸 --.--.--:竣工、船主:山科禮蔵、船籍港:相模國浦賀、      登録総噸数:199、登録純噸数:109、      登録長:108.3尺、登録幅:20.2尺、登録深さ:9.1尺
T05.--.--:登録総噸数:187、登録純噸数:104、      登録長:106.9呎、登録幅:21.0呎、登録深さ:9.6呎に変更 T06.--.--:船主:日本海事工業株式會社、船籍港:兵庫縣西宮、      登録総噸数:191、登録純噸数:107に変更
T09.06.--:徴傭 T09.06.30:小樽〜 T09.07.05:間宮海峡十五番浮標南方1浬着 T09.07.08:雑役船栗橋」から重量物を搭載      〜08.24利尻 T09.08.--:解傭
T09.09.--:徴傭:陸軍 T09.09.--:陸軍船「大壽丸」救助 T09.10.07:解傭
T10.--.--:傭船契約締結 T10.--.--:通牒:経船第--号 T10.04.18:臨時海軍工作班附属船
T10.04.20:入籍:内令第146号:特設運送船(雑用船)、横須賀鎮守府所管、第三艦隊所属 T10.04.20:徴傭授受 T10.04.30:監督官:海軍特務少尉 田村 喜藏 T10.05.03:官房第1594号:艤装の件訓令       臨時海軍工作班用として必要なる設備方至急工事施行 T10.05.10:横須賀〜05.13小樽 T10.05.15:小樽〜05.17亞港 (05.17-05.18:亞港在泊中) T10.05.--:亞港〜05.19泥港 T10.05.26:泥港〜05.26 間宮海峡南水道第九乃至第十二番航路標識設置〜      〜05.31 間宮海峡南水道第九乃至第十六番航路標識再設置06.02〜      〜06.03泥港 T10.06.04:泥港〜      〜06.04 1200 七番浮標付近にて座礁〜      〜06.06 0900 離礁〜      〜06.09 南水道第十四番浮標付近 T10.06.12:南水道第十四番浮標付近〜      〜06.12サバフ (06.12-10.22:サバフ在泊中) T10.06.13:サバフ沖沈船除去 T10.10.22:北水道作業地〜航路浮標撤去〜10.24泥港 T10.10.25:特設運送船多摩丸」より石炭5t、淡水21t補給 T10.10.27:泥港〜10.29小樽 T10.11.02:(「鞍馬丸」護衛)小樽〜大湊 (11.05-11.07:大湊在泊中) T10.11.--:大湊〜函館 (11.08-11.10:函館在泊中) T10.11.10:函館〜11.15横須賀 (11.16-11.26:横須賀在泊中) T10.11.15:内令第444号:第三艦隊所属解除 T10.11.22:臨時海軍工作班編成解除 T10.11.26:除籍:内令第455号 T10.11.26:解傭
T13.12.19:船主:帝國サルヴェージ株式會社、      登録総噸数:184、登録純噸数:108に変更
T15.01.28:逓信省告示第169号:私設無線電信廃止

同型船

 なし。

兵装

 要調査。

写真資料

 「日本汽船件名録 第七版」(P.101)
 「日本汽船件名禄 第八版」(P.104)
 「日本汽船件名録 第九版」(P.100)
 「日本汽船件名録 第十版」(P.95)
 「日本汽船件名録 第十一版」(P.93)
 「海軍 第十一巻 小艦艇 特務艦艇 雑役船 特設艦船」誠文図書 S56.09 「海軍」編集員会(P.243)

前の船へ ← 特設艦船-大正期 → 次の船へ

Homeへ戻る