せりあ丸の船歴

 年 月 日:船歴

19.03.11:起工 19.05.09:進水、命名:せりあ丸 19.06.30:竣工
19.06.30:徴傭:船舶運營會陸軍配當船 19.07.10:第56次海軍指定船 19.07.13:(ヒ69船団)関門〜07.20マニラ07.24〜07.31昭南 19.07.--:積荷11,188瓩 19.08.04:(ヒ70船団)昭南〜08.16下津 19.08.--:揚荷11,188瓩 19.08.19:下津〜08.19神戸 19.09.03:神戸〜09.04岩国09.04〜09.05関門 19.09.08:(ヒ75船団)関門〜09.08伊万里09.08〜09.13高雄09.14〜09.22昭南 19.09.--:積荷13,083瓩 19.10.19:昭南〜11.02徳山 19.11.--:揚荷13,083瓩 19.11.08:徳山〜11.09宇品 19.11.11:宇品〜11.12因島 19.12.01:因島〜門司 19.12.19:(ヒ85船団)門司〜      〜12.20 1017 機械故障、護衛のため海防艦鵜來」が船団より分離〜      〜12.20 1340 故障復旧、船団に合同〜      〜12.20 2115 海防艦對馬」、大東」合同〜      〜12.23高雄(外港) 19.12.25:高雄内港入港 19.12.27:(ヒ85船団)高雄〜01.04聖雀 20.01.--:聖雀〜昭南 20.01.20:(ヒ88A船団)昭南〜02.07六連 20.02.08:六連〜02.08下津 20.--.--:下津〜坂越湾 20.07.28:0645 空爆を受け被弾      1320 空爆を受け被弾、火災発生、座洲 20.07.29:0600 鎮火
20.07.28:座洲 20.07.28:解傭
喪失場所:N.-E. 坂越港生島の南東800m 喪失原因:空爆

同型船

2TL型戦時標準船

兵装

 短二十五?糎砲1門、八糎高角砲2門、四式基筒双聯二十粍高射機関砲8基、十三粍機銃8基。

写真資料

 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1997年4月号「日本商船隊の懐古 No.213」山田早苗
 「船舶百年史後篇」有明書房 S32.09 上野喜一郎 (P.43)
 「日本郵船戦時戦史」S46.05 日本郵船株式会社(P.832)

前の船へ ← 陸軍配當船 → 次の船へ

Homeへ戻る