公安丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 M38.09.02:進水、命名:Solingen M38.11.26:竣工、船主:Deutsch-Australische Dampfschiffahrts Gesellschaft、船籍港:Hamburg、      登録総噸数:4,195、登録純噸数:2,642
T03.10.12:徴傭:ドイツ海軍機雷原突破船(Sperrbrecher), SP12 T04.04.04:SP3 T06.12.06:ドイツ潜水艦"UB 84"と衝突 T07.11.30:解傭
T08.05.05:船主:The Shipping Controller、船籍港:London、船舶番号:143203、      運航:Easton, Greig and Companyに変更 T10.12.--:改名:Kari Skogland、      船主:A/S Skoglands Linje、船籍港:Haugesund、信号符字:WNLM、      登録総噸数:4,306、登録純噸数:3,120、登録長:376.6呎、登録深さ:26.9呎、      運航:T. H. Skogland & Søn A/Sに変更 T12.07.--:船主:A/S Sjøfartに変更 03.04.--:船主:A/S Skoglands Rederiに変更 04.02.--:船主:A/S D/S Onarheim、船籍港:Bergen、      運航:Johan Hvideに変更 06.05.--:船主:Sverre Alme Eriksenに変更 06.05.08:改名:Viking II、      船主:Viking Steamship Co. A/S、船籍港:Stavanger、      運航:Birger Eriksenに変更 --.--.--:信号符字:LCSDに変更 09.08.21:船籍港:Oslo、      運航:Sverre Wyllerに変更 10.07.--:改名:公和(Kung Ho)、     :船主:Fan Shien Ho、船籍港:青島(Tsingtao)に変更 12.06.--:運航:Midsuzhima and Company 13.04.22:改名:公安丸、      船主:甘糟産業汽船株式會社、船籍港:横濱、船舶番号:44304、信号符字:JJRK、      登録総噸数:4,305、登録純噸数:3,120、登録長:115.3、登録深さ:9.2に変更 14.--.--:登録純噸数:3,118に変更
16.10.11:徴傭:陸軍 16.10.11:高雄〜10.14海口10.26〜10.27宇品 16.11.03:門司〜11.12基隆 16.11.13:基隆〜11.13虎門11.14〜11.16上海〜12.02大連 16.12.15:大連〜12.27基隆〜馬公
16.12.29:軍隊区分:機密馬來部隊第二護衛隊命令第1号:第二輸送船隊第四分隊(船番号:16) 16.12.31:(第二輸送船隊第四分隊)馬公〜      〜01.02 1600 間接護衛中の巡洋艦「摩耶」及び第六驅逐隊第一小隊が護衛を止め馬公に向かう〜      〜01.03 1150 第四驅逐隊第一小隊(野分、舞風)が合同〜      〜01.03 1200 第八驅逐隊第一小隊(大潮、朝潮)が護衛を止め分離〜      〜01.03 1530(N15.01-E112.18)陸軍徴傭船明光丸」が焼夷弾の自然発火により爆発〜      〜01.03 1843 陸軍徴傭船「明光丸」沈没〜      〜01.03 1700 驅逐艦「吹雪」が合同〜      〜01.05 0700 運送艦襟裳」が合同〜      〜01.06 0000 驅逐艦「吹雪」と特設敷設艦辰宮丸」が船団から分離〜      〜01.06 0530 第一分隊「せれべす丸」を第六分隊に編入〜      〜01.06 1200 第八驅逐隊第二小隊(満潮、荒潮)が護衛を止め分離〜      〜01.06 1300 第四驅逐隊第一小隊(野分、舞風)が護衛を止め分離〜      〜01.06 1500 驅逐艦「吹雪」が合同〜      〜01.06 2215 運送艦「襟裳」が分離〜      〜01.06 1231 巡洋艦「名取」が潜望鏡らしきものを認め脅威投射〜      〜01.07 1200 驅逐艦「吹雪」及び第三嚮導隊が分離〜      〜01.08 2100 シンゴラ錨地 17.01.08:第二十五軍揚陸 17.01.14:シンゴラ〜01.19西貢 17.01.20:西貢〜01.21キノン〜02.02香港02.19〜02.20九龍02.21〜02.25呉淞03.02〜03.04大阪 17.03.20:宇品〜03.30リンガエン〜クチン〜昭南 17.04.26:昭南〜04.28バタビヤ05.04〜スラバヤ〜ムントク〜パレンバン〜05.30昭南 17.06.05:昭南〜06.09西貢 17.06.24:西貢〜07.04バタビヤ07.08〜07.10昭南 17.07.21:昭南〜07.24西貢 17.07.24:西貢〜07.24佛印〜07.25海防07.31〜08.17大阪 17.11.03:小樽〜11.08幌筵島柏原 17.11.16:幌筵〜11.23小樽 17.11.24:小樽〜      〜12.28熱田島      〜01.13柏原01.15〜小樽 18.02.18:小樽〜02.20柏原〜幌筵03.09〜03.15小樽 18.03.20:小樽〜03.21室蘭 18.03.22:室蘭〜03.27幌筵04.22〜04.28小樽 18.05.10:小樽〜05.18柏原05.21〜05.25小樽 18.05.30:小樽〜06.04小笠原06.09〜06.13幌筵06.17〜06.22小笠原06.25〜06.29小樽 18.07.02:小樽〜07.06小笠原07.12〜07.17敷香07.18〜07.21小笠原07.25〜07.29小樽 18.08.04:小樽〜08.08小笠原08.15〜08.20小樽 18.08.25:小樽〜08.30小笠原09.06〜09.09敷香09.16〜09.19小笠原09.24〜09.30小樽 18.12.01:船主:東洋海運株式會社に変更 18.12.03:小樽〜      〜12.07 0730(N49.36-E152.09)循環ポンプ故障、停止修理〜      〜12.11小笠原 18.12.21:小笠原〜12.27小樽 19.01.01:小樽〜01.07小笠原01.16〜01.23小樽 19.04.30:小樽〜大湊 19.05.02:(ヨ船団)大湊〜05.08柏原 19.05.14:柏原〜05.20小樽 19.07.12:函館〜08.09柏原08.24〜08.29小樽 19.09.05:小樽〜09.21幌筵09.24〜09.29柏原09.29〜小樽 19.11.09:小樽〜11.21柏原11.29〜12.04小樽 20.05.17:大阪〜
20.05.17:沈没 20.05.17:解傭
喪失場所:神戸港和田岬灯台203度7.3浬 喪失原因:触雷

同型船

 要調査。

兵装

(ドイツ海軍時)
 88mm35口径速射砲2門。

(陸軍船時)
 高射砲、野砲。

写真資料

 "Skipet" Norsk Skipsfartshistorisk Selskap, Nr. 3 - 1991(P.38)
 "Sjøhistorie"
 小樽市博物館所蔵(10-11, 54-29)

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る