朝鮮丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 M44.09.10:進水、命名:朝鮮丸 M44.10.23:竣工、船主:大阪商船株式會社、船籍港:大阪、登録総噸数:3,016、登録純噸数:1,870、      登録長:308.0尺、登録幅:42.4尺、登録深さ:25.0尺
T03.08.13:徴傭      〜08.14呉 T03.08.15:入籍:内令第139号:艦隊用運送船(給炭船)、呉鎮守府所管、佐世保鎮守府配属 T03.08.15:艤装着手 T03.--.--:監督官:角 惟吉 T03.08.21:0530 艦隊補給用軍需品搭載完了 T03.08.21:呉〜08.22佐世保 T03.08.23:佐世保〜八口浦 T03.08.25:1230 給炭のため軍艦「磐手」の左舷に横付けの際、波浪により「磐手」の左舷中央部に船首を         接触し損傷 T03.08.29:1645 軍艦「石見」に横付け給炭中、右舷中央水線附近を損傷 T03.09.--:八口浦〜09.03佐世保 T03.09.--:応急修理 T03.09.--:補給用炭1,450t、水350t、爆弾100個搭載 T03.09.07:佐世保〜八口浦 T03.09.10:1950 驅逐艦「野分」に炭水供給中、ハッチ蓋一枚海中に墜落 T03.09.11:1100 掃海船「第三長門丸」に炭水供給、供給中「第三長門丸」と接触損傷      1600 驅逐艦「朝風」を右舷後部に横付け給炭、給炭中損傷 T03.09.13:0900 軍艦「見島」を右舷に横付け、石炭補給中、右舷舷門グレーチングを破砕 T03.09.14:0730 軍艦「沖島」を左舷に横付け、石炭補給      0800 艦隊用運送船「さかき丸」を右舷に横付け      1300頃 「さかき丸」が横付けを離す際プープデッキ、オーニングスタンション3本曲折 T03.09.15:1020 軍艦「丹後」の左舷側に横付け      1100 石炭補給開始、鋼索切断フェアリーダー破損      1400 横付け離し漂泊中、軍艦「利根」が右舷側に接触、後部ブルワークプレート及びレール損傷 T03.09.--:八口浦〜09.17佐世保 T03.09.17:修理 T03.09.--:補給用炭1,400t、水350t、需品糧食等搭載 T03.09.20:佐世保〜八口浦〜09.30佐世保 T03.10.--:補給用炭1,700t、水350t、生糧品3t、活牛6頭搭載 T03.10.06:佐世保〜10.09労山湾 T03.10.21:1400 軍艦「周防」採炭後離船の際物品流失 T03.10.--:労山湾〜10.24佐世保 T03.10.23:除籍:内令第281号 T03.10.24:解傭
T03.10.29:復旧作業結了、返船 T05.--.--:登録総噸数:2,912、登録純噸数:1,815、      登録長:305.0呎、登録幅:43.7、登録深さ:27.2に変更 T07.--.--:登録総噸数:3,109、登録純噸数:1,935に変更 T09.--.--:登録純噸数:1,931に変更 T10.--.--:登録純噸数:1,927に変更 T12.09.15:スラバヤ〜香港〜10.17横浜 T12.11.21:Tegal〜Pekalongan〜スラバヤ〜基隆〜12.19横浜 T13.01.22:安平〜高雄〜基隆〜大阪〜清水〜02.09横浜 T13.04.29:クリスマス島〜基隆〜七尾〜05.04横浜 T13.05.27:大連〜06.04横浜 T13.08.09:大連〜08.16横浜 T14.01.03:スラバヤ〜Samarang〜Cheribon〜バタビア〜新嘉坡〜香港〜上海〜門司〜神戸〜大阪〜      〜四日市〜02.23横浜 02.--.--:登録総噸数:3,110に変更、 07.02.23:船主:北日本汽船株式會社、船籍港:京都府府中に変更 10.08.16:門司港にて「第二君が代丸」と衝突し大破 10.10.03:門司白木崎沖にて「おはいを丸」と衝突し、右舷を損傷
14.10.29:徴傭:一般徴傭船(雑用船)、横須賀鎮守府所管、横須賀鎮守府配属 16.08.31:解傭
18.03.10:徴傭:陸軍 18.03.10:門司〜03.25上海03.26〜04.06門司 18.04.28:宇品〜05.13パラオ 18.05.25:パラオ〜05.26レガスピー06.06〜06.25高雄 18.06.25:高雄〜06.30下関 18.07.09:神戸〜07.14清津07.14〜07.25広畑 18.07.29:大阪〜08.24釜山08.24〜08.27門司 18.09.25:古平〜12.23ラバウル 18.12.31:ラバウル〜パラオ 19.01.12:パラオ〜門司向け航行
19.01.24:沈没 19.01.24:解傭
喪失場所:N32.38-E131.59 宮崎県深島灯台南南東12km附近 喪失原因:米潜水艦Sturgeon(SS-187)の雷撃

同型船

 安南丸

兵装

(T03.08.21)
 小銃30挺、拳銃5丁。

(S20)
 野砲、機銃2基。

写真資料

 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1998年4月号「日本商船隊の懐古 No.225」山田早苗
 「船舶百年史前篇」有明書房 S32.09 上野喜一郎(P.96)
 「日本汽船件名録 第十版」
 「日本汽船件名録 第十一版」
 「商船三井船隊史」 H21.04 野間恒(P.77)
 「商船三井 船舶史 1884-2010」 H22.12 木津重俊
 "Tyne Built Ships" (Tyne and Wear Museums)
 小樽市博物館所蔵(49-18, 116-18, 126-7, 126-11, 126-20)

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る