延長丸の船歴

 年 月 日:船歴

19.07.19:起工 19.10.24:進水、命名:延長丸  19.11.12:竣工 
19.11.16:徴傭:船舶運營會海軍配當船、佐世保鎮守府所管 19.11.17:第--次海軍指定船 19.11.30:(ミ29船団)門司〜12.02古仁屋〜高雄 19.12.27:(ヒ85船団)高雄〜      〜12.27 1725 陸軍配當船大楠丸」が反転高雄に向う〜      〜12.28 2300 海防艦對馬」と海軍配當船帝北丸」が船団より分離〜      〜12.29 1725 「第百一號掃海艇」が合同〜      〜01.01キノン湾01.02〜01.03ナトラン湾01.03〜01.04聖雀 20.01.04:1310 ヒ85船団部隊の編成を解く 20.01.06:(サシ39船団)聖雀〜01.09昭南 20.01.11:対空戦闘:二十五粍機銃63発発射 20.01.--:セレター軍港にて荷揚 20.01.--:武勲島にて重油7,000t搭載 20.01.--:ケッペルにて錫、生ゴム等搭載 20.01.31:(ヒ88C船団)昭南〜02.08キノン湾02.09〜02.12後水湾02.13〜      〜02.16金門湾02.17〜02.17南日島02.18〜      〜02.21 揚子江口沖にて海防艦三宅」、「第二十號掃海艇」とともに船団から分離〜      〜02.21上海 20.02.--:丸善桟橋にて重油3,500t揚荷 20.02.25:上海〜03.02六連 20.03.--:六連〜大阪(八番浮標) 20.03.13:対空戦闘:二十五粍機銃1,037発、十三粍機銃46発発射 20.03.--:日立造船株式會社にて入渠 20.--.--:貨物船に改造 20.05.18:軍務三機密第527号:海軍配當船一覧表掲載 20.06.01:入渠中空爆を受け機関室などに被弾大破
20.08.15:残存:SCAJAP No. E-025 24.04.--:解傭

同型船

2AT型戦時標準船

兵装

 短十二糎砲1門、九六式二十五粍二聯装機銃2基、同単装機銃4基、十三粍単装機銃4基、
 爆雷、水中聴音機。

写真資料

 雑誌「世界の艦船」海人社 2014年4月号「改造2A型戦表標船を偲ぶ」
 「戦前船舶」第20号 戦前船舶研究会 (P.178)
 「日本郵船戦時戦史」S46.05 日本郵船株式会社(P.522)
 "Uguly Ducklings" Naval Institute Press, 2003 S.C. Heal(P.83)

前の船へ ← 海軍配當船 → 次の船へ

Homeへ戻る