凌風丸の船歴

 年 月 日:船歴

12.02.03:起工 12.05.17:進水、命名:凌風丸 12.08.31:竣工、登録総噸数:1,179、登録純噸数:580
13.--.--:登録総噸数:1,181、登録純噸数:574
16.12.24:借用:一般徴傭船(測量船兼觀測船)、横須賀鎮守府所管、水路部配属
17.12.31:内令第2464号:水路部に人員を臨時増置(凌風丸の乗員):兵曹、水兵 二人(特修兵適宜)      〜08.02幌筵 18.08.10:幌筵〜08.25大湊 18.09.01:大湊〜09.13武蔵湾〜擂鉢湾〜09.16幌筵 18.09.20:幌筵〜 18.10.01:幌筵〜10.03武魯頓湾 18.10.03:武魯頓湾〜      〜10.03 1800 驅逐艦「薄雲」が護衛を終了〜      〜10.08函館 18.10.10:函館〜10.10大湊 18.10.11:大湊〜朝鮮 --.--.--:気象部配属 19.02.22:タラカン〜02.24バリクパパン 19.06.20:東京〜三池 19.07.06:(モマ02船団)三池〜      〜07.12 0700 船団と分離、第三十四號掃海艇、「國華丸」「安國丸」と共に高雄に向う〜      〜07.12高雄 19.07.14:高雄〜 19.08.--:便乗者322名乗船 19.08.16:(ミシ06船団)ミリ〜08.20昭南 19.09.06:スラバヤ〜昭南 19.09.22:昭南〜09.26ミリ 19.09.30:(ミ18船団)ミリ〜10.02ガヤ湾10.03〜10.03クダット10.04〜10.04バラバック島10.05〜      〜10.05エラン湾10.06〜10.06セントポウウル10.07〜10.08ルバング10.09〜10.10マニラ 19.10.11:マニラ〜10.13バキット湾〜マニラ 19.10.20:(マタ30:春風船団)マニラ〜10.26高雄 19.--.--:高雄〜11.08神戸 19.12.01:東京(01.24まで) 20.01.25:東京〜01.25横須賀 20.01.29:横須賀〜01.29横浜 20.01.29:三菱重工業株式會社横浜造船所にて入渠(04.11まで修理) 20.04.12:横浜〜04.12東京 20.04.13:整備、待機(05.31まで) 20.04.15:軍務三機密第288号(04.14):横須賀鎮守府配属(海軍對潜學校教務用)
--.--.--:返却 20.08.15:残存:SCAJAP No. R-009

同型船

 なし。

兵装

 短八糎砲1門、十三粍機銃1基、九二式七粍七機銃1基、伊式小銃5挺、爆雷

写真資料

 雑誌「海と空」増刊「特殊船舶画報」S14.07 海と空社(P.12)
 「船舶百年史前篇」有明書房 S32.09 上野喜一郎 (P.175)
 「播磨造船所50年史」 S35.11 株式会社播磨造船所(P.126)

前の船へ ← 一般徴傭船(測量船兼觀測船) → 次の船へ

Homeへ戻る