日鑛丸の船歴

 年 月 日:船歴

16.08.27:起工 17.08.01:進水、命名:日鑛丸  17.11.05:竣工
17.11.--:鉱石搭載 17.11.--:大冶〜八幡向け航行〜      〜11.19 1536(N31.18-E122.39)揚子江口余山島112度23浬にて対潜戦闘:八糎砲2発射〜
17.12.22:徴傭:一般徴傭船(雑用船)、横須賀鎮守府所管、海軍省配属 17.12.22:船長:海軍嘱託 冨野 卯一郎(部内限り奏任官待遇) 17.12.23:横須賀〜12.26函館12.27〜12.28小樽01.04〜01.05函館01.06〜01.09東京 18.01.13:(第1113A船団)東京〜01.17小樽 18.01.21:小樽〜01.26名古屋 18.01.--:名古屋船渠にて修理 18.01.27:名古屋〜01.28神戸03.02〜03.03福岡03.04〜03.04三池03.07〜03.09大阪 18.03.11:小樽〜03.15小樽03.16〜03.16留萌03.20〜03.21函館03.22〜03.24東京 18.03.27:東京〜03.30小樽04.03〜04.07大阪04.11〜04.12門司 18.04.15:門司〜04.17新潟04.19〜04.20函館04.21〜04.22釧路04.25〜04.26室蘭 18.04.28:室蘭〜05.02大阪05.05〜05.07呉 18.05.11:呉〜05.12神戸05.12〜05.13名古屋05.14〜05.15横浜 18.05.18:横浜〜05.18横須賀05.21〜05.21横浜 18.05.22:横浜〜      〜05.23 1720(N38.26-E141.40)金華山灯台22度10浬にて対潜戦闘:八糎砲2発射〜      〜05.24室蘭 18.05.27:室蘭〜05.28釧路06.02〜06.07大阪 18.06.10:大阪〜06.11唐津06.13〜06.14新安島06.15〜06.15東巨次島06.16〜      〜06.17煙島06.18〜06.20大連06.26〜07.02室蘭07.11〜07.15大阪 18.07.17:大阪〜07.18呉07.26〜07.28大阪 18.07.30:大阪〜07.30和田岬07.31〜08.01横須賀 18.08.07:横須賀〜08.07横浜08.10〜08.13室蘭08.16〜08.19横須賀 18.08.22:横須賀〜08.22東京08.25〜08.25横須賀 18.08.--:軍需品8,000t搭載 18.08.27:横須賀〜09.06トラック 18.09.18:(大型運貨筒曳航)トラック〜      〜09.20 1615(N00.13-E150.35)対潜戦闘:八糎砲1、十三粍機銃30発発射〜      〜09.22ラバウル 18.10.12:特設砲艦日海丸」へ石炭補給 18.10.12:0950 空襲警報により横付離す      1000 対空戦闘:十三粍機銃430発発射 18.10.--:弾薬50t搭載  18.10.30:(第2302船団)ラバウル〜      〜11.03 1325(N05.11-E152.55)対潜戦闘:八糎砲4発射〜      〜11.04トラック 18.11.14:(第4114船団)トラック〜横須賀向け航行〜      〜11.19 0435(N23.25-E147.22)雷撃を受け一般徴傭船北江丸」大破、鵜戸丸」沈没〜      〜11.19 1210 海防艦「m]」、特設運送船地洋丸」(第十號驅潜艇を曳航)船団から分離先行〜      〜11.19 1040 驅逐艦「夕月」が曳航中の「北江丸」後半部切断沈没〜      〜11.19 1850 驅逐艦「夕月」と「北江丸」の前半部曳航を試みるが断念〜      〜11.19 2355(N23.55-E147.48)被雷
18.11.20:沈没  18.12.31:解傭
喪失場所:N22.47-E147.20 ウラカス島東方415km附近 喪失原因:米潜水艦Harder(SS-257)の雷撃

同型船

 武津丸、金嶺丸、銀嶺丸、山幸丸、はとぱは丸、w芒ロ。

兵装

 四十口径安式八糎砲1門、十三粍機銃。

写真資料

 なし。

前の船へ ← 一般徴傭船(雑用船) → 次の船へ

Homeへ戻る