寳辰丸の船歴

 年 月 日:船歴

07.--.--:起工 08.11.04:進水、命名:和星(Ho Hsing) 09.--.--:竣工、船主:上海海關
12.--.--:船主:香港海關 --.--.--:沈没 17.10.20:引揚 18.07.30:「寳辰丸」と改名 18.08.19:第二工作部にて艤装工事開始
18.11.15:入籍:内令第2391号:特設救難船、佐世保鎮守府所管
18.11.15:戦時編制:海軍省配属第十一特別工作部附属 19.02.07:出渠 19.03.15:艤装工事完了 19.04.16:香港〜04.19三亞04.22〜04.25香港 19.05.01:(現在)指揮官:海軍中尉 樽岡 正雄 19.05.01:香港〜自差修正、新設機銃試射〜05.01香港 19.05.02:救難要具及び需品受入 19.05.03:爆雷受込装備 19.05.04:真水搭載 19.05.06:香港〜05.09三亞 19.05.11:三亞〜05.13キノン湾 19.05.13:救難要具を「梅丸」に移載 19.05.13:キノン湾〜05.13バンロー湾 19.05.13:「第二十一號驅潜艇」の船底調査 19.05.14:バンロー湾〜05.14カムラン湾05.15〜05.16聖雀 19.05.16:擱座した特設運送船長田丸」調査(05.18まで) 19.05.18:聖雀〜05.18西貢 19.05.19:糧食、炭水搭載 19.05.20:西貢〜05.20聖雀 19.05.21:沈船「ロンドン丸」調査(05.23まで) 19.05.24:沈船、特設運送船興隆丸」調査(05.25まで) 19.05.26:沈船「第三山水丸」調査(05.27まで) 19.05.28:聖雀〜05.28西貢 19.05.28:米200t、マングローブ20t、生ゴム20t、キール材3t、糧食搭載(05.31まで) 19.05.30:真水搭載 19.05.31:石炭、潤滑油搭載 19.06.01:西貢〜06.01ナベ06.02〜06.02聖雀 19.06.02:聖雀〜06.03カムラン湾06.04〜06.04バンロー06.05〜06.05キノン湾06.06〜      〜06.06キクエク06.07〜06.08楡林 19.06.08:真水80t搭載、船団待合 19.06.17:楡林〜06.20香港 19.06.21:真水120t搭載 19.06.21:米200t、マングローブ20t、生ゴム20t、キール材3t揚陸(06.22まで) 19.06.26:修理改造の為、香港造船所岸壁に横付け、12ポンド砲を前甲板に装備 19.07.23:香港〜      〜07.23 1800頃 一般徴傭船辰久丸」遭難現場着 19.07.24:夜より颱風の為一時作業中止  19.07.25:1715 碣石湾にてB-25 2機により3回に渡り銃爆撃を受ける
19.07.25:沈没 19.09.10:除籍:内令第1067号
喪失場所:N22.00-E115.50 南支那海碣石湾南方82km付近 喪失原因:米陸軍航空隊B-25二機による空爆

同型船

 南陽(ex コ星)、聯星

兵装

(19.05.01)
 保式十三粍単装機銃1基、留式?七粍七単装機銃1基、爆雷4個(何れも二遣司貸与品)

(19.06.26)
 12ポンド(8cm)砲1門、
 保式十三粍単装機銃1基、留式?七粍七単装機銃1基、爆雷4個(何れも二遣司貸与品)

写真資料

 なし。

前の船へ ← 特設救難船 → 次の船へ

Homeへ戻る