高砂丸の船歴

 年 月 日:船歴

11.06.09:起工 11.12.01:進水、命名:高砂丸 12.04.28:竣工、登録総噸数:9,315、登録純噸数:4,993
12.05.20:神戸〜基隆      月3往復 12.--.--:〜08.18呉淞 13.--.--:登録総噸数:9,347、登録純噸数:4,989に変更 14.01.03:神戸〜基隆(時刻表) 14.01.16:神戸〜基隆(時刻表) 14.01.29:神戸〜基隆(時刻表) 15.06.28:神戸〜06.29門司06.29〜07.01基隆(時刻表) 15.07.10:神戸〜07.11門司07.11〜07.13基隆(時刻表)
16.11.12:徴傭 16.12.01:入籍:内令第1573号:特設病院船、呉鎮守府所管
16.12.01:戦時編制:聯合艦隊附属 16.12.01:病院長:海軍軍医大佐 金澤 信太郎 16.12.20:三菱重工業株式會社神戸造船所にて艤装工事完了 16.12.23:官房第6649号:外務省に対し病院船として交戦国に通知を依頼(JACAR:B02032923100) 16.12.25:(第 1次号)呉〜01.11高雄〜馬公01.17〜01.22六連〜01.23呉 17.01.29:(第 2次号)呉〜03.25佐世保 17.04.16:呉〜      〜04.26 アンボン北西約60浬で米潜水艦Pickerel(SS-177)の雷撃を受ける〜      〜04.26 特設砲艦萬洋丸」救難に来着〜      〜04.26アンボン 17.04.27:官房機密第5111号:小防雷具装備訓令 17.04.28:アンボン〜05.19高雄05.22〜05.26呉 17.06.14:呉〜06.17佐世保06.19〜06.26呉 17.06.29:呉〜07.17ウオッチェ07.18〜07.26トラック〜08.01サイパン〜08.06横須賀 17.08.12:横須賀〜09.11呉 17.09.16:呉〜09.26ラバウル09.29〜10.09佐世保 17.10.10:病院長:海軍軍医大佐 川島 秀志 17.10.14:佐世保〜10.27ラバウル入泊中〜10.31カビエン入泊中 17.11.01:ショートランド泊地で至近弾を受ける 17.11.--:ショートランド〜11.10佐世保 17.11.17:佐世保〜12.02佐世保 17.12.08:佐世保〜12.25カビエン〜01.02呉 18.01.15:呉〜02.11佐世保 18.02.18:佐世保〜昭南03.22〜04.08佐世保04.11〜04.12呉 18.04.21:(第13次号)呉〜05.30佐世保06.02〜06.03呉 18.07.07:(第14次号)呉〜08.18呉 18.08.28:(第15次号)呉〜10.04トラック10.06〜10.20呉 18.10.25:病院長:海軍軍医大佐 伊藤 實 18.10.29:(第16次号)呉〜11.03トラック〜ラバウル〜12.01別府 18.12.01:患者202名、便乗者18名下船 18.12.02:別府〜12.02似島沖12.03〜12.03呉 18.12.03:患者595名、便乗者22名下船 18.12.04:酒保及び治療用品陸揚げ 18.12.05:石炭200t搭載 18.12.06:酒保物品搭載、石炭300t搭載 18.12.07:石炭300t、清水165t、治療用氷10t、燃料搭載 18.12.08:貯糧品、清水280t搭載 18.12.09:石炭300t、治療品、氷10t搭載 18.12.10:石炭200t、清水230t、生糧品、需品搭載 18.12.11:石炭200t、清水150t搭載、便乗者680名乗船
18.12.12:(第17次号)呉〜12.18トラック(春島錨地) 18.12.18:便乗者680名下船、巡洋艦「香取」へ治療品5点補給 18.12.19:電纜敷設艇立石」へ治療品4点補給 18.12.20:巡洋艦「香取」へ治療品3点補給 18.12.22:運送艦鶴見」へ治療品2点補給、清水540t搭載 18.12.24:特設工作艦山霜丸」他へ治療品12点補給、患者4名収容 18.12.25:戦艦「扶桑」他へ治療品5点補給、託送品揚陸、患者160名収容 18.12.26:患者516名収容 18.12.26:運送艦「鶴見」が横付け、石炭450t、治療品補給、清水300t搭載 18.12.27:便乗者2名乗船、運送艦「鶴見」横付け離す 18.12.28:便乗者55名乗船 18.12.28:トラック〜12.30サイパン 18.12.30:患者44名収容、便乗者4名退船 18.12.30:サイパン〜01.03横須賀 19.01.03:患者531名、便乗者53名退船 19.01.05:石炭200t搭載 19.01.06:石炭200t、清水250t、貯糧品、託送品搭載 19.01.07:石炭200t、清水250t、酒保物品搭載 19.01.08:石炭200t、清水100t、治療用氷10t搭載 19.01.09:治療品搭載 19.01.10:石炭200t、清水100t搭載、患者79名収容 19.01.11:横須賀〜01.12別府 19.01.13:患者130名退船 19.01.13:別府〜01.13似島沖01.14〜01.14呉 19.01.14:患者138名退船 19.01.15:酒保及び治療用品揚陸 19.01.15:石炭300t、清水180t搭載 19.01.16:燃料搭載 19.01.17:石炭256t、酒保物品搭載 19.01.18:石炭300t、清水195t、貯糧用氷4t搭載 19.01.19:治療品、生糧品搭載 19.01.20:石炭200t、清水190t搭載 19.01.21:石炭180t、清水175t、酒保物品搭載 19.01.22:石炭380t、清水160t搭載 19.01.23:託送品搭載 19.01.24:清水130t、貯糧品搭載、便乗者524名乗船
19.01.25:(第18次号)呉〜01.29マニラ 19.01.29:便乗者473名退船 19.01.30:石炭100t、清水200t搭載 19.01.30:託送品揚陸、酒保物品搭載 19.01.31:患者93名収容 19.01.31:石炭150t、清水300t搭載、便乗者102名乗船 19.02.01:患者1名収容、便乗者96名乗船 19.02.01:マニラ〜02.04ダバオ 19.02.04:患者15名収容、便乗者182名退船、5名乗船 19.02.04:治療品揚陸、酒保物品搭載 19.02.05:ダバオ〜02.07アンボン 19.02.07:患者8名収容、便乗者17名退船 19.02.07:治療品揚陸 19.02.07:清水170t、遺骨遺品搭載 19.02.08:アンボン〜02.10クーパン 19.02.10:患者116名収容、便乗者4名退船 19.02.10:治療品揚陸 19.02.10:クーパン〜02.12マカッサル 19.02.12:治療品揚陸 19.02.13:患者39名収容、便乗者41名退船 19.02.13:石炭150t、清水135t、酒保物品搭載 19.02.14:便乗者17名乗船 19.02.14:マカッサル〜02.15バリックパパン 19.02.15:患者24名収容、便乗者4名退船 19.02.15:治療品揚陸 19.02.16:患者139名収容、便乗者4名乗船 19.02.16:石炭100t搭載 19.02.17:患者2名収容、便乗者2名乗船 19.02.17:石炭100t搭載 19.02.18:バリックパパン〜02.19スラバヤ 19.02.19:患者113名、便乗者13名退船 19.02.20:治療品、託送品揚陸 19.02.20:石炭150t、清水200t搭載 19.02.21:酒保品、遺骨搭載 19.02.21:石炭150t、清水250t搭載 19.02.22:患者168名収容 19.02.22:遺骨遺品受託、便乗者1名乗船 19.02.22:清水300t搭載 19.02.23:スラバヤ〜02.25昭南 19.02.25:便乗者21名退船 19.02.25:石炭200t、清水250t搭載 19.02.26:患者229名収容、39名退船 19.02.26:石炭200t、清水250t搭載 19.02.27:患者2名収容 19.02.27:石炭100t、清水100t、治療用氷10t、酒保品搭載 19.02.27:治療品揚陸 19.02.28:昭南〜03.01西貢 19.03.01:患者17名収容 19.03.01:治療品揚陸 19.03.02:便乗者2名乗船 19.03.02:西貢〜03.04三亜 19.03.04:患者147名収容 19.03.04:治療品揚陸、遺骨遺品受託 19.03.05:便乗者7名乗船 19.03.05:三亜〜03.07高雄 19.03.07:患者46名、便乗者2名退船、患者収容1名 19.03.08:患者115名収容、便乗者6名乗船 19.03.08:治療品揚陸、遺骨遺品受託、遺骨遺品引渡 19.03.08:清水560t搭載 19.03.09:高雄〜03.11野母崎沖03.12〜03.12佐世保 19.03.12:特設病院船天應丸」へ189名転院、256名収容 19.03.12:患者415名退船、便乗者71名退船、託送品揚陸、遺骨遺品引渡 19.03.13:患者122名収容 19.03.13:清水100t搭載 19.03.14:佐世保〜03.15広島湾03.16〜03.16呉 19.03.16:患者755名退船、便乗者17名退船、遺骨遺品引渡 19.03.17:酒保用品、託送品揚陸、便乗者1名退船 19.03.17:便乗者乗船 19.03.18:託送品揚陸 19.03.18:石炭220t、清水200t搭載 19.03.18:便乗者1名乗船 19.03.19:石炭270t、清水200t搭載 19.03.19:託送品揚陸 19.03.19:燃料軽油搭載 19.03.20:石炭270t搭載 19.03.20:酒保物品搭載 19.03.21:石炭270t、清水200t、貯糧品搭載 19.03.21:託送品揚陸 19.03.22:石炭290t、清水200t、治療用氷8t、糧食用氷8t搭載 19.03.23:石炭290t、清水200t、生糧品搭載 19.03.24:治療品搭載、便乗者1名乗船 19.03.26:清水250t搭載 19.03.27:清水250t搭載 19.03.27:便乗者593名乗船
19.03.28:(第19次号)呉〜04.04トラック 19.04.04:便乗者501名退船、166名乗船、患者344名収容 19.04.04:治療品揚陸、遺骨遺品受託 19.04.04:トラック〜04.06メレヨン 19.04.06:患者32名収容、治療品揚陸 19.04.07:メレヨン〜04.09パラオヨオ水道 19.04.09:0810 右舷機械室に触雷、機械室及び缶室に浸水 19.04.09:0811 船橋右舷約30度20mで再度磁気機雷が爆発 19.04.09:0830 患者及便乗者を附近小島へ避難開始 19.04.09:1000 各種物品揚陸開始 19.04.09:患者374名退船 19.04.10:救難作業(05.05まで) 19.04.13:遺骨遺品引渡 19.04.14:酒保物品搭載 19.04.15:真水搭載 19.04.16:託送品、治療品揚陸 19.04.17:運送艦「間宮」より貯糧品、生野菜搭載 19.04.21:託送品揚陸 19.04.23:真水50t搭載 19.04.25:機械室排水完了 19.04.27:特設病院船「天應丸」へ1名転院 19.04.28:患者1名退船 19.04.30:排水完了 19.05.01:特設病院船氷川丸」より生糧品搭載、手押喞筒2台、発電機附属品受取 19.05.02:軽油40缶搭載 19.05.03:清水50t搭載 19.05.04:特設病院船「氷川丸」より発電機1基及び重油9缶受取 19.05.07:清水50t搭載 19.05.09:清水100t、揮発油2t、軽油4缶搭載 19.05.10:清水50t搭載 19.05.11:清水100t搭載、治療品揚陸 19.05.12:潤滑油搭載 19.05.14:清水50t搭載 19.05.15:生糧品、貯糧品搭載 19.05.16:清水50t、生糧品、貯蔵用氷1.5t搭載 19.05.17:清水50t搭載 19.05.18:清水90t搭載 19.05.21:パラオヨオ水道〜05.21ガダラック泊地 19.05.23:清水198t、生糧品、貯蔵用氷1t搭載 19.05.24:清水157t、燃料搭載 19.05.25:患者44名収容、便乗者511名乗船 19.05.25:清水135t搭載、遺骨遺品受託 19.05.26:ガダラック泊地〜06.02宮島沖06.03〜06.03呉 19.06.03:患者43名、便乗者511名退船、遺骨遺品引渡 19.06.03:清水100t搭載 19.06.04:還納品揚陸 19.06.05:燃料搭載 19.06.06:清水100t、貯糧品搭載 19.06.07:酒保物品、清水100t搭載 19.06.08:治療用備品搭載 19.06.11:清水200t、燃料、貯糧用氷1t搭載 19.06.12:呉〜06.13神戸 19.06.14:三菱重工業株式會社神戸造船所にて修理工事 19.06.20:清水70t搭載 19.06.21:清水80t、酒保物品搭載 19.06.22:清水55t搭載 19.06.24:清水70t搭載 19.06.25:病院長:海軍軍医中佐 濱田 司 19.07.01:酒保物品搭載 19.07.07:酒保物品搭載 19.07.10:清水128t搭載 19.07.10:D浮標に繋留替 19.07.12:清水324t搭載 19.07.13:貯糧品搭載 19.07.14:180t搭載 19.07.15:治療品搭載 19.07.17:酒保物品搭載 19.07.21:清水140t搭載 19.07.23:清水100t搭載 19.07.25:石炭45t、酒保物品搭載 19.07.26:石炭80t、林檎搭載 19.08.03:桃138.75t搭載 19.08.04:燃料搭載 19.08.05:清水120t、酒保物品搭載 19.08.08:清水60t搭載 19.08.10:清水100t搭載 19.08.11:入渠 19.08.12:酒保物品搭載 19.08.14:清水60t搭載 19.08.15:清水100t搭載 19.08.15:病院長:海軍軍医大佐 松見 茂雄 19.08.16:清水75t搭載 19.08.17:清水210t搭載 19.08.18:出渠 19.08.18:清水120t搭載 19.08.19:酒保物品搭載、空缶還納 19.08.20:清水140t搭載 19.08.21:清水105t、酒保物品搭載 19.08.24:梨75t搭載 19.08.25:清水144t搭載 19.08.26:清水140t搭載 19.08.28:修理完了 19.08.28:清水115t搭載 19.08.29:神戸〜公試運転(主機関及び発電機に不具合)〜08.29神戸 19.08.30:清水100t搭載
19.09.16:(第20次号)呉〜      〜09.21 敵機の機銃掃射を受け、船体12箇所に被弾損傷〜      〜09.22タンガット島西側 19.09.24:0630 タンガット島西側〜西水道〜ブスアンカ島西側      0827 珊瑚礁に底触し右舷推進器翼、同軸及び右舷船底を損傷〜09.26マニラ 19.09.--:マニラ〜10.03別府 19.10.03:患者600名退船 19.10.04:真水120t搭載 19.10.05:真水70t搭載 19.10.06:治療品搭載 19.10.06:別府〜10.07呉 19.10.08:患者440名、便乗者11名退船、遺骨遺品引渡 19.10.10:酒保還納品揚陸 19.10.10:石炭150t、治療品搭載 19.10.11:真水150t搭載 19.10.13:真水300t、酒保物品搭載 19.10.14:石炭搭載 19.10.14:呉〜10.15和田岬沖10.15〜10.15神戸 19.10.16:三菱重工業株式會社神戸造船所第二船渠にて入渠 19.10.22:真水48t搭載 19.10.23:出渠 19.10.29:真水190t搭載 19.10.30:C浮標に繋留替 19.10.30:酒保物品搭載 19.10.31:入渠
19.11.15:(第21次号)別府〜11.16高雄11.20〜12.17高雄12.19〜12.26別府 20.01.04:(第22次号)門司〜01.08基隆01.11〜01.22呉
20.01.--:(第23次号)呉〜01.31門司 20.02.01:石炭1,165t搭載 20.02.02:石炭165t、真水50t搭載、便乗者1名乗船 20.02.02:門司〜02.02六連沖02.02〜02.05高雄 20.02.05:患者648名収容、663名退船、便乗者1名退船、17名乗船 20.02.05:真水400t搭載、遺骨遺品受託、託送糧食その他揚陸 20.02.06:高雄〜02.07基隆 20.02.07:患者417名収容、治療品補給 20.02.08:託送品揚陸、患者1名収容 20.02.08:基隆〜02.11門司 20.02.11:真水310t搭載 20.02.11:患者706名退船、遺骨遺品引渡 20.02.12:門司〜02.12別府 20.02.12:患者364名、便乗者14名退船 20.02.13:別府〜02.13呉 20.02.13:患者6名、便乗者3名退船 20.02.14:遺骨遺品引渡 20.02.16:主計科酒保空箱空瓶を揚陸 20.02.17:治療用氷4t、酒保物品搭載 20.02.18:生糧品、貯糧品、真水300t、託送糧食搭載 20.02.19:真水100t、治療品搭載、便乗者5名乗船
20.02.20:(第24次号)呉〜02.20門司 20.02.20:石炭200t搭載 20.02.21:真水100t、石炭1,015t搭載 20.02.21:患者41名収容、便乗者2名乗船 20.02.22:真水100t搭載 20.02.22:門司〜02.22六連岬02.22〜02.24温洲沖02.24〜02.25高雄 20.02.25:患者1,242名収容、41名退船、便乗者2名退船、19名乗船 20.02.25:託送治療品糧食その他揚陸、遺骨遺品受託 20.02.25:真水270t、託送品搭載 20.02.26:高雄〜02.27香港湾口02.27〜02.27香港 20.02.27:託送治療品その他揚陸 20.02.27:患者107名収容、便乗者9名退船、85名乗船 20.02.27:治療品搭載 20.02.27:香港〜      〜02.28 敵機の機銃掃射を受け、被弾損傷〜      〜03.01基隆湾口03.01〜03.01基隆 20.03.01:患者401名収容、便乗者267名乗船 20.03.01:託送品揚陸 20.03.01:清水80t搭載 20.03.01:基隆〜03.04別府 20.03.04:便乗者3名退船、33名乗船 20.03.05:患者721名退船、40名収容 20.03.05:別府〜03.06呉 20.03.06:患者214名、便乗者407名退船 20.03.06:託送品揚陸 20.03.07:酒保空箱空瓶揚陸、遺骨遺品引渡 20.03.08:託送品揚陸 20.03.09:清水50t搭載 20.03.10:錨舷梯修理の為、呉海軍工廠へ 20.03.10:貯糧品搭載、毛布揚陸 20.03.12:治療品搭載 20.03.14:被服需品揚陸、被服作業服他受入 20.03.16:真水280t、酒保物品搭載 20.03.17:真水200t、治療用氷4t、託送糧食その他搭載 20.03.18:便乗者2名乗船 20.03.19:至近弾3発により機関部及び船内損傷 20.03.19:呉〜03.19初串湾 20.03.19:便乗者5名乗船 20.03.21:初串湾〜03.21呉  20.03.21:応急修理 20.03.22:生糧品搭載 20.03.23:真水250t搭載 20.03.24:酒保空瓶揚陸
20.03.25:(第25次号)呉〜03.25門司 20.03.25:生糧品、石炭789t、真水250t搭載 20.03.25:便乗者1名乗船 20.03.26:石炭755t、真水100t搭載 20.03.27:門司〜 20.04.01:「第百三十號海防艦」遭難者1名収容〜04.02聖雀沖04.02〜04.02西貢 20.04.02:便乗者5名退船、託送品揚陸、真水100t搭載 20.04.03:患者171名収容、便乗者12名乗船 20.04.03:遺骨遺品受託、治療品、託送糧食揚陸 20.04.03:真水300t、石炭200t、生糧品1,350t、託送治療品搭載 20.04.04:便乗者1名乗船 20.04.04:西貢〜04.07香港 20.04.07:患者191名収容、便乗者3名退船、61名乗船 20.04.07:真水200t搭載、遺骨受託、治療品揚陸 20.04.08:香港〜04.09厦門 20.04.09:患者41名収容、便乗者2名退船、2名乗船 20.04.09:郵便物18個搭載、遺骨遺品受託、治療品揚陸 20.04.09:厦門〜04.10基隆 20.04.10:患者2名退船、336名収容、便乗者41名退船、132名乗船   20.04.10:郵便物117個揚陸、64個搭載、治療品揚陸 20.04.10:基隆〜04.11崎嶇列島04.12〜04.12泗礁山南泊地 20.04.12:患者9名収容 20.04.12:泗礁山南泊地〜04.12崎嶇列島04.16〜04.16除公島04.17〜04.17泗礁山島沖 20.04.17:「滿州丸」より患者1名収容、便乗者43名乗船 20.04.17:泗礁山島沖〜04.17北鼎新島沖04.19〜04.19上海 20.04.20:託送治療品、ホルマリン揚陸 20.04.20:患者14名退船、226名収容 20.04.20:真水639t、石炭100t、生糧品、治療用氷2t、防疫用薬品搭載 20.04.21:患者2名退船、1名収容、便乗者9名乗船 20.04.21:遺骨遺品受託 20.04.21:真水450t搭載 20.04.21:上海〜04.22唐津湾04.23〜04.23門司 20.04.23:便乗者195名退船 20.04.23:真水170t搭載、石炭620t搭載 20.04.24:石炭100t搭載 20.04.24:門司〜04.24別府 20.04.24:患者96名退船 20.04.25:患者643名退船 1名収容、便乗者1名退船 20.04.25:治療品搭載 20.04.26:別府〜 20.04.26:西五番砠灯台330度5,550mにて磁気機雷に触雷、舵機破損〜04.26呉 20.04.26:便乗者26名退船 20.04.27:託送品揚陸 20.04.27:患者206名退船 20.04.28:託送品揚陸、遺骨遺品引渡 20.04.29:真水200t搭載 20.04.30:託送品揚陸 20.05.--:修理 20.05.11:病院長:海軍軍医大佐 柿坂 狷介 20.06.12:呉〜06.13横須賀06.23〜06.25室蘭06.27〜07.13室蘭
20.08.15:残存:SCAJAP No. T-014 20.09.02:芝浦〜09.19メレヨン09.19〜09.25別府 20.10.24:徳山〜10.29ダバオ10.29〜11.01佐世保 20.11.16:佐世保〜11.22ダバオ11.25〜11.27マニラ12.05〜12.10大竹
20.12.01:移籍:内令第6号:特別輸送船、呉地方復員局所管
20.12.27:佐世保〜01.01タクロバン01.05〜01.07マニラ01.14〜01.19佐世保 20.01.20:修理(01.30まで) 20.01.30:佐世保〜02.01上海02.03〜02.05鹿児島 21.02.06:鹿児島〜02.09上海02.10〜02.13鹿児島 21.01.24:佐世保〜02.26上海02.28〜03.02博多 21.03.04:博多〜03.07塘沽03.11〜03.14博多 21.03.11:病院長:第二復員官 臼田 正雄 21.03.19:佐世保〜03.22塘沽03.25〜03.29博多 21.03.31:博多〜04.01上海04.03〜04.07博多 21.04.14:佐世保〜04.16高雄04.20〜04.23佐世保 21.05.08:佐世保〜05.11塘沽05.14〜05.18佐世保 21.06.05:神戸にて修理(06.24まで) 21.06.26:神戸〜06.30上海07.07〜07.07佐世保 21.07.18:佐世保〜07.21葫蘆島08.01〜08.04佐世保
21.08.15:除籍:復二第165号 20.08.10:解傭

同型船

 なし。

兵装

 なし。

写真資料

 雑誌「海と空」臨時増刊「日本船舶画報」S12.06 海と空社(P.15)
 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和12年1月号、昭和12年5月号
 雑誌「世界の艦船」海人社 1979年5月号(P.124)
 雑誌「世界の艦船」海人社 1995年11月号(P.144, 153)
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本の客船(1)」(P.175,231)
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本の客船(2)」(P.212)
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本客船の黄金時代1939〜41」(P.67)
 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1979年9月号「日本商船隊の懐古 No.3」山田早苗
 雑誌「丸スペシャル」No.53潮書房P64
 「写真日本海軍全艦艇史」 潟xストセラーズ H06.12 福井静夫 (2991,2992)
 「船舶百年史」有明書房 S32.09 上野喜一郎 (P.121)
 「海軍第十一巻 小艦艇 特務艦艇 雑役船 特設艦船」誠文図書 S56.09 「海軍」編集委員会(P.242) 
 「船舶史稿」船舶部会「横浜」第六巻(P.130)
 「川崎重工業株式会社社史 年表・諸表」 S34.10 川崎重工業株式会社(P.121)
 「商船が語る太平洋戦争」H14.05 野間恒
 「商船三井船隊史」 H21.04 野間恒(P.101-102)
 「商船三井 船舶史 1884-2010」 H22.12 木津重俊
 「発掘 写真でみる 中国・大連の日本人抑留」読売新聞(閉鎖)
 "ONI 208-J (Revised) Japanese Merchant Ships Recognition Manual (1944)" (P.6)
 "Naval History and Heritage Command" Catalog #:NH 490422

前の船へ ← 特設病院船 → 次の船へ

Homeへ戻る