第三日の丸の船歴

 年 月 日:船歴

12.07.06:起工 12.11.04:進水、命名:第三日の丸 13.03.25:竣工、船主:日の丸汽船株式會社、登録純噸数:2,621
13.03.--:傭船主:日本食塩回送株式會社、専売局の塩輸送に従事(04.14まで) 15.--.--:登録純噸数:2,618に変更
16.04.25:徴傭:一般徴傭船(雑用船) 16.10.15:入籍:内令第1256号:特設運送船(雑用船)、横須賀鎮守府所管
16.--.--:戦時編制:横須賀鎮守府配属、特設運送船(乙) 16.12.06:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第14号:直卒部隊補給部隊 17.01.28:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第45号:直卒部隊補給部隊 17.02.23:マカッサル〜02.25バリ 17.05.31:三菱重工業株式會社横濱造船所にて爆撃による被害箇所修理開始 17.07.12:横浜〜07.15三池07.16〜07.18津久見07.24〜07.31パラオ 17.07.27:船長:海軍嘱託 石井 八郎(部内限り奏任官待遇) 17.08.11:パラオ〜08.15トラック08.22〜08.26フハエス08.31〜09.06名古屋 17.09.10:名古屋〜09.14鎮南浦09.18〜09.21神戸09.22〜09.24横須賀 17.10.03:横須賀〜10.06室蘭10.08〜10.21ヤルート11.07〜11.08クエゼリン11.18〜      〜11.27四日市12.01〜12.02東京      (便乗者若干名、航空ガソリン16,000罐、正月用餅米1,000俵輸送) 17.12.02:横須賀〜トラック向け航行中、中央部に被雷、三、四番艙と機関室より発火
17.12.07:沈没 18.02.01:除籍:内令第108号 18.02.01:解傭
喪失場所:N23.30-E138.20 南硫黄島南西250km付近 喪失原因:米潜水艦Kingfish(SS-234)の雷撃

同型船

 第十八御影丸

兵装

 要調査

写真資料

 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和13年4月号
 雑誌「海と空」臨時増刊「日本船舶画報2600年版」S15.04 海と空社(P.33)
 雑誌「世界の艦船」海人社 1998年5月号「思い出の日本貨物船その21」
 "ONI 208-J Japanese Merchant Ships Recognition Manual" (P.124)
 "ONI 208-J (Revised) Japanese Merchant Ships Recognition Manual (1944)" (P.122)

前の船へ ← 特設運送船(雑用船) → 次の船へ

Homeへ戻る