健洋丸の船歴

 年 月 日:船歴

13.06.29:起工 14.04.05:進水、命名:健洋丸 14.10.28:竣工、船主:國洋汽船株式會社、船籍港:東京
--.--.--:北アメリカからの石油輸送 16.--.--:〜08.14横浜
16.08.17:徴傭 16.09.05:入籍:内令第1025号:特設運送船(給油船)、呉鎮守府所管
16.09.05:監督官:海軍大佐 金桝 義夫 16.--.--:戦時編制:聯合艦隊所属、特設運送船(甲) 16.09.27:佐野安船渠株式會社にて艤装工事完了 16.11.18:佐伯〜 16.11.23:軍隊区分:機密機動部隊命令作第1号:補給部隊第一補給隊 16.11.26:単冠湾〜      〜11.28 航空母艦「赤城」へ給油(435t)〜      〜12.02 航空母艦「赤城」へ給油(607t)〜      〜12.03 洋上給油〜      〜12.04 収容地点(N30.00-E165.00)で待機〜      〜12.16 解任〜      〜12.26呉 17.01.28:呉〜パラオ 17.02.08:1210 巡洋艦「阿武隈」、第十七驅逐隊(谷風、浦風、磯風)に補給      2015 補給終了 17.02.--:パラオ〜02.15鹿ノ川 17.02.--:軍隊区分:ジャワ島攻略作戦 17.02.17:鹿ノ川〜スターリング湾 17.02.24:スターリング湾〜      〜02.27 0715 第二十七驅逐隊第二小隊(有明、夕暮)に合同〜      〜02.27 1400(S11.49-E117.48)主隊と分離〜      〜03.02 0047(S16.15-E107.16)主隊に合同〜      〜03.02 0252 警戒隊に曳航補給〜      〜03.02 1903 曳航補給終了〜      〜03.02 2150 主隊と分離〜      〜03.05 2303(S11.50-E109.51)主隊に合同〜      〜03.06 0020 警戒隊(有明、夕暮欠)に曳航補給〜      〜03.06 1000 曳航補給終了〜      〜03.06 1030 主隊と分離〜      〜03.10スターリング湾 17.03.11:1640 警戒隊(不知火、霞欠)に補給      2125 補給終了 17.03.11:スターリング湾〜03.17馬公 17.03.19:軍隊区分:機密機動部隊命令作第31号:補給部隊第一補給隊 17.03.24:馬公〜      〜03.31 0645(S08.52-E106.18)主隊と合同〜      〜03.31 0752 警戒隊に曳航補給〜      〜03.31 1313 補給終了〜      〜04.01 ---- 第八戦隊に曳航補給〜      〜04.02 ---- 解列〜      〜04.03 0827 警戒隊に曳航補給〜      〜04.03 ---- 第三戦隊の1艦に曳航補給〜      〜04.03 1325(S01.09-E093.12)曳航補給終了、主隊と分離〜      〜04.-- ---- G点(N10.--E090.--)にて待機〜      〜04.10 1200 主隊に合同、警戒隊に曳航補給〜      〜04.10 1900 曳航補給終了〜      〜04.11 0830 航空母艦「瑞鶴」に曳航補給〜      〜04.14 0930 警戒隊に曳航補給〜      〜04.14 1900 曳航補給終了〜      〜04.15 ---- 主隊と分離、呉に回航〜      〜04.22呉 17.04.20:前進部隊電令作第11号:       健洋丸は呉に回航を取止め横須賀に急航、缶用重油満載の上、命を待つべし 17.05.16:呉〜05.16広 17.05.20:広〜補給教練〜05.20柱島 17.05.23:柱島〜補給教練〜05.23姫島沖 17.05.24:姫島沖〜補給教練〜05.24姫島沖 17.05.--:軍隊区分:MI攻略部隊主隊 17.05.26:姫島沖〜05.26広 17.05.28:広〜06.15柱島錨地06.15〜06.15鹿ノ川 17.06.17:鹿ノ川〜06.17柱島錨地 17.06.24:第二水雷戦隊(第十五驅逐隊、第十八驅逐隊欠)に補給 17.06.25:柱島錨地〜06.25呉 17.07.12:軍隊区分:聯合艦隊電令作第181号:前進部隊 17.07.14:軍隊区分:前進部隊電令作第1号:附属 17.07.21:横須賀〜      〜07.21 0930 湊町沖から驅逐艦「初風」、同「江風」が護衛を開始〜      〜07.22 0000(N32.---E137.--)驅逐艦「初風」、同「江風」が護衛を終了〜 17.08.10:軍隊区分:前進部隊電令作第8号(08.07附):附属 17.08.10:軍隊区分:前進部隊電令作第18号:附属      〜08.15下津 17.08.21:呉〜 17.09.13:前進部隊電令作第50号:      1.前進部隊本隊1030地点「ケロニ00」より反転す        14日0400地点「ケルケ00」に達し補給、1400頃終了の見込      3.健洋丸、峯雲は「ト」点より南下、補給点に於て合同せよ 17.09.13:前進部隊電令作第51号:      1.前進部隊本隊1200反転、1915「ケロツ13」、2115「ケヲツ11」を経て14日0400「ケヲニ00」        に達し100度218度間360浬(索敵線九線側程40浬)を飛行索敵す      3.健洋丸、峯雲は「ケロチ00」に進出待機せよ 17.09.14:前進部隊電令作第16号:      1.前進部隊15日0300地点「コアサ00」に達し補給を行う      2.第二十七驅逐隊(第二小隊欠)、健洋丸、峯雲は補給点に於て本隊に合同せよ      〜09.15 0350 前進部隊に合同〜      〜09.15 0400 第五戦隊、由良、驅逐艦に補給開始〜      〜09.15 2150 驅逐艦「早潮」を横付けし補給開始〜      〜09.15 0400 驅逐艦「早潮」に補給終了〜      〜10.02 ---- 驅逐艦「涼風」が護衛を開始〜      〜10.02トラック 17.10.03:0400 驅逐艦「江風」を横付け補給      0600 驅逐艦「江風」が夏島錨地に転錨 17.10.06:0450 驅逐艦「海風」に補給 17.10.08:0700 驅逐艦「涼風」を横付け補給      0800 驅逐艦「江風」に補給      0900 驅逐艦「涼風」出港 17.10.09:1615 驅逐艦「海風」、同「長波」を横付け補給  17.10.10:トラック〜      〜10.12 1230 前進部隊本隊に合同〜      〜10.12 1305 驅逐艦「海風」、同「江風」、同「長波」、同「磯波」、同「陽炎」に燃料補給開始〜      〜10.12 1800 補給終了〜      〜10.14 1530 巡洋艦「五十鈴」、第二十四驅逐隊(海風、江風、涼風)に補給開始〜      〜10.14 2009 補給終了、続いて第十五驅逐隊(K潮、親潮、早潮)、第三十一驅逐隊に補給〜      〜10.28 0547 巡洋艦「鈴谷」に曳航補給〜      〜10.28 1002 補給終了1,290t〜      〜10.28 1030 巡洋艦「熊野」に曳航補給〜      〜10.28 1350 補給終了〜      〜11.07広 17.11.10:船長:海軍嘱託 江口 吉藏(部内限り奏任官待遇) 17.11.11:広〜 17.11.19:前進部隊信令第380号:       前進部隊及び電、磯波は左の外第四水雷戦隊司令官所定に依り急速補給を行うべし      1.兵器:日威丸(要すれば日朗丸、~風丸)より搭載、但し九〇式魚雷浦波、敷波より各三本        雷より十本計十六本電に供給す        日朗丸、~風丸は日威丸の作業を援助すべし        旭東丸、日威丸及び健洋丸に横付け 17.11.21:監督官:海軍大佐 杉本 道雄 18.01.--:ケ号作戦 18.01.31:トラック〜02.10トラック 18.--.--:トラック〜      〜04.16 トラック礁外より驅逐艦「海風」が護衛を開始〜      〜04.18トラック 18.--.--:トラック〜05.18横須賀 18.05.25:指揮官:海軍大佐 杉本 道雄 18.05.27:横須賀〜05.27木更津05.29〜05.29横須賀 18.06.26:横浜〜06.28佐世保 18.07.02:(G船団)佐世保〜07.10昭南 18.07.19:軍隊区分:機動部隊電令作第96号:補給部隊 18.08.14:(第7144船団)トラック〜08.19パラオ      〜09.19トラック 18.10.18:スラバヤ〜10.20バリックパパン 18.10.--:バリックパパン〜      〜10.25 「第百二號哨戒艇」が護衛開始〜      〜10.25バリクパパン 18.11.30:バリックパパン〜トラック向け、12.03目的地変更〜12.04パラオ 18.12.07:パラオ〜12.11トラック 18.12.18:(第7181船団)トラック〜      〜12.21 0800 護衛が驅逐艦「島風」から同「早波」に交代〜      〜12.22パラオ 18.12.23:(第2516船団)パラオ〜      〜12.23 1622 驅逐艦「早波」が威嚇投射2個〜      〜12.25 0800 驅逐艦「早波」による護衛終了〜      〜12.28タラカン 19.01.--:トラック向け重油14,000t、航空ガソリン2000ドラム搭載 19.01.08:(ク803船団)バリックパパン〜      〜01.12 1230(N12.38-E131.51)護衛が「第百二號哨戒艇」から驅逐艦「早波」、同「島風」に交代〜      〜01.14 1200(N05.30-E141.34)驅逐艦「漣」被雷、約2分で沈没〜      〜01.14 1252(N05.02-E140.50)特設運送船日本丸」被雷沈没〜      〜01.14 1645(N05.23-E141.32)船尾に2発被雷 19.01.10:指揮官:海軍大佐 有村 不二
19.01.14:沈没 19.03.10:除籍:内令第427号 19.03.10:解傭
喪失場所:N05.23-E141.32 ヤップ島南東560km付近 喪失原因:米潜水艦Guardfish(SS-217)の雷撃

同型船

 國洋丸玄洋丸日榮丸東榮丸嚴島丸~國丸

兵装

 要調査

写真資料

 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和14年5月号
 雑誌「世界の艦船」海人社 1971年5月号(P.106)
 雑誌「世界の艦船」海人社 2008年8月号「思い出の日本貨物船その144」
 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1990年3月号「日本商船隊の懐古 No. 128」山田早苗
 戦前船舶第15号(P.137)
 「殉職者追悼録」 S57.08 山下新日本汽船株式会社(P.55)

前の船へ ← 特設運送船(給油船) → 次の船へ

Homeへ戻る