第五千代丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 10.04.--:進水、命名:第五千代丸 --.--.--:竣工、登録総噸数:74、登録純噸数:35
16.--.--:登録総噸数:75、登録純噸数:43に変更
16.04.16:徴傭、一般徴傭船 17.02.25:入籍:内令第352号:特設監視艇、横須賀鎮守府所管
17.02.25:特設監視艇隊編制:内令第353号:第三監視艇隊 17.02.25:戦時編制:聯合艦隊第五艦隊第三監視艇隊      〜03.05横須賀 17.03.--:船体矮小装備不十分なため北太平洋方面作戦に従事するに不適当と判明 17.04.10:特設監視艇隊編制:内令第657号:第三監視艇隊より削る
17.04.10:内令第658号:呉海軍警備隊所属 17.04.10:内令第659号:呉鎮守府所管に変更
18.04.01:内令第588号:千島方面特別根據地隊所属 18.04.01:戦時編制:大湊警備府部隊千島方面特別根據地隊 18.--.--:軍隊区分:北方部隊千島防備部隊      〜05.02大湊 18.05.11:大湊〜 18.06.--:監視艇長:海軍兵曹長 山根 清 18.06.01:軍隊区分:機密千島防備部隊命令作第2号:千島防備部隊附属 18.06.01:修理完成 18.06.02:千防信電令作第56号:      1.第五千代丸、萬榮丸は出動準備完成せば先任艇長之を指揮し単冠湾に回航同地附近の哨戒に        任ずべし      2.先任艇長は行動予定を報告通報せよ      3.右両艇の補給基地を根室又は厚岸とす 18.06.04:大湊〜06.13択捉島天寧 18.06.07:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第44号:千島防備部隊 18.06.17:対潜警戒要領:機密千防部隊命令作第3号:丙(択捉)哨区担当 18.06.18:千防信電令作第67号:       19日以後当隊対潜警戒配備左の通定む       (イ)部隊名(ロ)指揮官(ハ)兵力(ニ)配備標準(ホ)分担区域の順以下同断      3.丙哨区(択捉哨区)       (イ)択捉隊(ロ)永隆丸艇長(ハ)永隆丸、第五千代丸、萬榮丸       (ニ)単冠湾方面(ホ)丙哨区      5.各隊内の配備及交代は各隊指揮官所定とす      7.本令発動時機19日0000 18.06.25:天寧〜厚岸〜06.28天寧 18.07.01:択捉島哨区哨戒(08.31まで) 18.07.17:特設運送船日帝丸」護衛
18.08.05:内令第1598号:千島方面根據地隊所属 18.08.06:軍隊区分:大海指第263号:作戦に関し北東方面艦隊司令長官指揮下(08.05付) 18.08.10:軍隊区分:機密千島防備部隊命令作第4号:千島防備部隊附属 18.08.24:特設監視艇「第八日之出丸」「第八海形丸」「品川丸」の救難作業 18.08.28:斜古丹〜08.30釧路 18.09.01:択捉島哨区哨戒(10.13まで) 18.10.05:軍隊区分:大湊警備府長官指揮下(冬季大湊方面引揚期間) 18.10.10:軍隊区分:機密千島防備部隊命令作第7号:千島防備部隊附属 18.10.14:天寧〜10.15釧路10.17〜10.21大湊 18.10.20:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第60号:津軽防備部隊 18.11.01:監視艇長:海軍少尉 山根 清 18.11.10:軍隊区分:津防機密第100853番電:東口隊 18.11.--:大湊方面 18.12.03:大湊〜12.04函館 18.12.04:函館〜哨戒〜12.06函館 18.12.10:函館〜護衛〜12.12函館 18.12.15:函館〜護衛〜12.16函館 18.12.18:函館〜哨戒〜12.19函館 18.12.21:函館〜哨戒〜12.22函館 18.12.27:函館〜護衛〜12.28函館 18.12.30:函館〜護衛〜12.31函館 19.01.02:函館〜哨戒〜01.03函館 19.01.05:函館〜護衛〜01.06函館 19.01.08:函館〜哨戒〜01.09函館 19.01.11:函館〜船団護衛〜01.12函館 19.01.14:函館〜船団護衛〜01.15函館 19.01.18:函館〜01.18函館 19.01.20:函館〜01.21大湊 19.01.28:官房機密第829番電:TM式短移動無線電信機改三1組供給 19.02.--:機関修理 19.03.--:修理、諸装備作業 19.03.20:戦時編制:聯合艦隊北東方面艦隊千島方面根據地隊 19.04.01:軍隊区分:北東方面部隊命令作第1号:北東方面部隊千島防備部隊 19.04.26:軍隊区分:千島防備部隊電令第13号:第五十三警備隊司令指揮下 19.04.27:大湊〜04.28函館04.29〜04.29釧路05.02〜05.03天寧 19.05.09:天寧〜05.10得撫05.17〜05.18天寧 19.05.26:天寧〜05.27得撫05.29〜05.30天寧 19.06.02:天寧〜06.03得撫06.06〜06.07天寧 19.06.09:天寧〜06.10斜古丹06.11〜06.11根室 19.06.15:根室〜06.15斜古丹06.17〜06.17天寧 19.06.19:天寧〜06.20得撫06.22〜06.23天寧 19.06.26:天寧〜06.27得撫07.08〜07.09天寧 19.07.13:天寧〜07.14得撫07.22〜07.23天寧 19.07.30:(ヲ904船団護衛)天寧〜07.31斜古丹 19.08.01:斜古丹〜08.02天寧 19.08.08:天寧〜08.09得撫08.11〜08.12天寧 19.08.15:天寧〜08.16得撫08.27〜08.27天寧 19.09.03:得撫〜09.03天寧 19.09.20:天寧〜09.20得撫09.25〜09.25天寧      〜10.02根室10.23〜10.24釧路10.26〜10.28大湊 19.11.--:大湊にて整備作業 19.12.--:大湊にて整備作業 19.12.05:戦時編制:聯合艦隊第十二航空艦隊千島方面根據地隊 19.12.16:訓令:官房艦機密第7655号:電波探知機装備 20.01.--:大湊にて整備作業 20.03.--:大湊にて訓練及び整備作業 20.04.25:大湊〜04.27函館
20.08.15:残存 20.11.30:解傭 22.05.03:除籍:復二第327号

同型船

 要調査

兵装

 要調査

写真資料

 なし

前の艇へ ← 特設監視艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る