第一黄海丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 12.09.--:進水、命名:第一黄海丸 --.--.--:竣工、船主:那須俊康 外一人
16.--.--:船主:岡太平 外一人に変更
16.11.18:佐廠機密第141番電:鎮海海軍要港部工作部にて艤装工事 16.11.21:徴傭 16.12.07:鎮海海軍要港部工作部にて艤装兵装工事開始 16.12.10:入籍:内令第1625号:特設監視艇、佐世保鎮守府所管
16.12.25:機関確認運転 16.12.26:鎮海海軍要港部工作部にて艤装兵装工事竣工
16.12.31:内令第1780号:羅津防備隊所属 16.12.31:戦時編制:鎮海警備府部隊羅津根據地隊羅津防備隊 16.12.31:軍隊区分:機密鎮海警備府命令作第28号:羅津海面防備部隊 17.01.06:鎮海〜01.13楡津 17.01.15:軍隊区分:機密鎮海警備府命令作第32号:羅津海面防備部隊 17.01.18:楡津〜清津哨戒線哨戒〜01.18清津 17.01.19:清津〜清津哨戒線哨戒〜01.19清津 17.01.20:清津〜清津哨戒線哨戒〜01.21清津 17.01.23:清津〜清津哨戒線哨戒〜01.24清津 17.01.25:清津〜清津哨戒線哨戒〜01.25清津 17.01.27:清津〜海上警戒〜01.27楡津 17.01.30:楡津〜C哨区哨戒〜01.31楡津 17.02.07:楡津〜哨戒〜02.08楡津 17.02.10:軍隊区分:機密鎮海警備府命令作第41号:羅津海面防備部隊 17.02.11:楡津〜哨戒〜02.12楡津 17.02.14:楡津〜哨戒〜02.15楡津 17.02.17:楡津〜哨戒〜02.17清津 17.02.19:清津〜哨戒〜02.19清津 17.02.21:清津〜哨戒〜02.21清津 17.02.23:清津〜哨戒〜02.23清津 17.02.25:清津〜哨戒〜02.25清津 17.02.26:清津〜海上警戒〜02.26楡津 17.03.01:楡津〜哨戒〜03.02楡津 17.03.05:楡津〜哨戒〜03.06楡津 17.03.11:楡津〜哨戒〜03.12楡津 17.03.17:楡津〜哨戒〜03.18楡津 17.03.22:楡津〜哨戒〜03.23楡津 17.03.28:楡津〜哨戒〜03.29羅津 17.04.09:羅津〜防材設置〜04.09楡津 17.04.11:楡津〜哨戒〜04.12楡津 17.04.15:楡津〜哨戒〜04.17楡津 17.04.20:楡津〜哨戒〜04.21楡津 17.04.25:楡津〜哨戒〜04.26楡津 17.04.29:楡津〜哨戒〜04.30楡津 17.05.03:楡津〜哨戒〜05.04楡津 17.05.05:楡津〜洋上哨戒〜05.08楡津 17.05.11:楡津〜哨戒〜05.12楡津 17.05.17:楡津〜哨戒〜05.18楡津 17.05.--:(現在)監視艇長:海軍兵曹長 櫛山 成義
17.05.20:内令第884号:羅津方面特別根據地隊所属 17.05.20:戦時編制:鎮海警備府部隊羅津方面特別根據地隊 17.10.01:軍隊区分:鎮海警備府信電令作第57号:海上警戒部隊 19.04.15:内令第555号:横須賀鎮守府所管に変更
19.04.15:特設監視艇隊編制:内令第557号:第四監視艇隊 19.04.15:戦時編制:聯合艦隊北東方面艦隊第二十二戦隊第四監視艇隊 19.04.15:内令第555号:横須賀鎮守府所管に変更 19.04.15:軍隊区分:2FBG命令作第9号:第二基地航空部隊第二哨戒部隊 19.04.15:監視艇長:海軍兵曹長 水上 守 19.04.19:官房機密第191213番電:大湊工作部をして十三粍単装機銃1基装備せしむべし 19.04.27:大湊〜04.29釧路 19.04.29:航続力18日、空四真空管なく無線使用不可能なまま片岡湾に回航 19.04.30:釧路〜05.05幌筵 19.05.01:軍隊区分:第二哨戒部隊命令作第1号:C直哨戒隊第一小隊 19.05.01:艇番号473 19.05.20:幌筵〜05.30幌筵 19.06.11:幌筵〜甲哨戒線哨戒〜06.19幌筵 19.07.02:幌筵〜甲哨戒線哨戒〜07.09幌筵 19.07.10:軍隊区分:北東方面部隊第二哨戒部隊 19.07.23:幌筵〜丙哨戒線哨戒〜      〜07.28機械故障〜       〜07.28幌筵
19.08.01:戦時編制:聯合艦隊第二十二戦隊第四監視艇隊 19.08.01:軍隊区分:千防部隊電令作第105号:千島防備部隊哨戒部隊 19.08.23:千防信電令第69号:幌筵海峡北口及び阿頼度海峡付近対潜掃蕩 19.08.23:幌筵〜平田崎の0度線以東対潜掃蕩〜08.25幌筵 19.08.28:千根信令第120号:第七十七號驅潜特務艇救難作業 19.08.28:幌筵〜08.29幌筵 19.09.09:幌筵〜丙哨戒線哨戒〜      〜09.10(N50.10-E157.10)対空戦闘:弾痕若干 19.10.01:幌筵〜船団護衛〜10.01幌筵 19.10.04:片岡〜10.11釧路10.14〜10.16女川10.18〜10.20横浜 20.--.--:軍隊区分:乙哨戒部隊      〜04.11鹿児島 20.04.12:鹿児島〜特設監視艇第六富正丸」を曳航〜04.13鹿児島 20.05.22:軍隊区分:佐世保鎮守府信電令作第129号:對馬海峡方面部隊 20.06.04:軍隊区分:佐世保鎮守府信電令作第136号:對馬海峡方面部隊 20.06.04:軍隊区分:對馬海峡方面部隊電令作第-号:北九州防備部隊 20.06.12:北九州防備部隊電令作第1号:06.13 0800出撃B点(玄海島灯台の148度350m)錨泊、      特令に依り徹哨 20.08.10:特設監視艇隊編制:内令第729号:特設監視艇隊編制を廃止
20.08.10:除籍:内令第730号 20.08.10:解傭 20.08.15:残存

同型船

 なし

兵装

(19.04)
 十三粍単装機銃1基

写真資料

 なし

備考

 昭和19年03月〜10月にかけて幌筵とあるのは基地のあった幌筵海峡に面した幌筵島烏川湾又は占守島片岡湾を指します。


前の艇へ ← 特設監視艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る