第一振興丸の船歴

 年 月 日:船歴

12.07.10:起工 12.11.10:進水、命名:第一振興丸 12.11.--:竣工
15.09.25:徴傭 15.09.25:入籍:内令第598号:特設監視艇、横須賀鎮守府所管
15.--.--:昭和十五年度海軍大演習期間中に使用
15.10.08:除籍:内令第598号 15.10.10:解傭
16.12.01:徴傭 16.12.01:入籍:内令第1571号:特設監視艇、横須賀鎮守府所管
16.12.03:監視艇長:海軍兵曹長 田中 光久 16.12.10:内令第1632号:横須賀海軍警備隊所属 16.12.10:戦時編制:横須賀鎮守府部隊横須賀海軍警備隊 16.12.10:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第24号:警備部隊特設監視艇(乙) 17.01.10:横須賀〜 17.01.12:警備部隊機密第119番電:丙哨戒隊O五区哨戒      〜01.22横須賀 17.01.28:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第45号:警備部隊特設監視艇(乙) 17.02.01:横警部隊機密第187番電:哨区N六 17.02.18:警備部隊機密第176番電:第三哨戒隊N二 17.02.21:横須賀〜 17.02.22:横警部隊機密第239番電:哨区N二 17.02.24:警備部隊機密第250番電:第三哨戒隊N二 17.03.06:警備部隊機密第275番電:03.07 0800哨区発帰投      〜03.10横須賀 17.03.24:横須賀〜04.10横須賀 17.04.01:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第72号:警備部隊特設監視艇(乙)
17.04.10:特設監視艇隊編制:内令第657号:第四監視艇隊 17.04.10:戦時編制:横須賀鎮守府部隊第四監視艇隊 17.04.10:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第74号:直卒部隊特設監視艇(乙) 17.04.10:監視艇長:海軍兵曹長 田中 光久 17.04.17:横須賀〜N三哨区哨戒〜04.25横須賀 17.05.04:横須賀〜05.05哨戒線哨戒〜05.16横須賀 17.05.01:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第78号:直卒部隊特設監視艇(乙) 17.05.--:軍隊区分:第三哨戒隊 17.05.29:横須賀〜第一哨戒線哨戒〜06.06横須賀 17.06.12:横須賀〜第一回東京湾要塞聯合応用教練乙軍参加〜06.14横須賀 17.06.15:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第99号:直卒部隊特設監視艇(乙) 17.06.19:横須賀〜第一哨戒線哨戒〜06.28横須賀 17.06.03:横須賀〜第三哨戒線哨戒〜07.07横須賀 17.07.11:横須賀〜第一哨戒線哨戒〜07.21横須賀 17.07.27:横須賀〜07.27三崎 17.07.27:船体機関修理(09.14まで) 17.09.14:三崎〜09.14横須賀 17.09.25:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第126号:直卒部隊特設監視艇(乙) 17.10.01:官房機密第12241号訓令工事(10.12まで) 17.10.22:横須賀〜10.22清水 17.10.23:電波探信儀実験 17.10.27:実験終了 17.10.28:清水〜10.28長浦 17.11.--:軍隊区分:第二哨戒隊 17.11.04:横須賀〜第一哨戒線哨戒〜11.13長浦 17.11.23:横須賀〜荒天により実験延期〜      〜11.26 電波探信儀実験〜      〜11.26 1800実験終了〜      〜11.28長浦 17.12.--:軍隊区分:第三哨戒隊 17.12.11:長浦〜第一哨戒線哨戒〜12.24長浦 17.12.31:横須賀〜      〜01.02<特設砲艦第一號明治丸」と仮称三号電波探信儀実験〜      〜01.09長浦 18.01.20:長浦〜哨戒哨戒〜01.25長浦 18.05.01:塩屋崎沖に派遣 18.05.06:南三B機密第061835番電:対潜警報により05.07未明塩屋崎沖に達し第1506船団      及び南下船の護衛対潜掃蕩 18.05.07:対潜攻撃の為、金華山沖に出動 18.05.--:修理(08.末まで) 18.06.15:特設監視艇隊編制:内令第1207号:第四監視艇隊の項を削る
18.06.15:内令第1209号:女川防備隊所属 18.06.15:戦時編制:横須賀鎮守府部隊横須賀防備戦隊女川防備隊 18.06.15:軍隊区分:横須賀鎮守府海面防備部隊南三陸部隊特設監視艇(乙) 18.09.01:女川〜哨区〜09.04女川 18.09.06:女川〜哨区〜09.11女川 18.09.21:女川〜哨区〜09.26女川 18.10.06:女川〜哨区〜10.11女川 18.10.20:女川〜哨区〜10.25女川 18.11.04:女川〜哨区〜11.09女川 18.11.19:女川〜哨区〜11.24女川 18.11.29:軍隊区分:機密南三陸部隊命令作第7号:第三哨戒隊(6)第六小隊(22) 18.12.01:女川〜哨区〜12.02綱倉12.03〜12.04女川 18.12.06:女川〜哨区〜12.09女川 18.12.19:女川〜哨区〜12.22大原湾12.23〜哨区〜12.24女川 19.01.03:女川〜哨区〜01.09女川 19.01.18:女川〜哨区〜01.23女川 19.01.27:女川〜哨区〜01.28対潜掃蕩〜01.31女川 19.02.04:女川〜哨区〜02.07女川 19.02.17:女川〜哨区〜02.22女川 19.02.27:女川〜哨区〜03.06女川 19.03.08:女川〜哨区〜03.14女川 19.03.10:内令第424号:女川防備隊から除く
19.03.10:特設監視艇隊編制:内令第426号:第四監視艇隊 19.03.10:戦時編制:聯合艦隊北東方面艦隊第二十二戦隊第四監視艇隊 19.03.10:軍隊区分:第二基地航空部隊哨戒部隊 19.03.22:女川〜03.24横浜03.25〜03.25横須賀 19.03.--:修理(04.02まで) 19.04.02:横須賀〜04.03清水 19.04.--:修理(04.22まで) 19.04.15:軍隊区分:2FBG命令作第9号:第二基地航空部隊第二哨戒部隊 19.04.22:清水〜04.23横浜 19.04.26:横浜〜04.28女川04.29〜05.05幌筵 19.05.01:軍隊区分:第二哨戒部隊命令作第1号:B直哨戒隊第三小隊 19.05.01:艇番号411 19.05.12:幌筵〜哨区五哨戒〜
19.05.19:沈没 19.09.15:特設監視艇隊編制:内令第1087号:第四監視艇隊より削る 19.09.15:除籍:内令第1090号 19.09.15:解傭
喪失場所:N50.43-E160.50 アッツ島南西400km附近 喪失原因:敵機による空爆

同型船

 第二振興丸、第三振興丸、第五振興丸。

兵装

 要調査

写真資料

 「漁船」第六號 漁船協会
 「船舶百年史前篇」有明書房 S32.09 上野喜一郎 (P.186)

前の艇へ ← 特設監視艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る