第三千代丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 15.02.--:進水、命名:第三千代丸 --.--.--:竣工
16.09.03:徴傭 16.09.20:入籍:内令第1093号:特設監視艇、佐世保鎮守府管
16.09.27:官房第8820号:防寒施設工事の件訓令 16.10.15:内令第1253号:鎮海防備隊所属 16.10.15:戦時編制:鎮海警備府部隊鎮海防備戦隊鎮海防備隊 16.10.15:軍隊区分:鎮海海面防備部隊 16.12.01:楡津〜12.01楡津 16.12.07:楡津〜      〜12.07 1040 大草島180度8浬にて機雷1個発見、曳航〜      〜12.07楡津 16.12.07:軍隊区分:機密鎮海警備府命令作第12号:羅津根據地隊直卒部隊(12.09以降) 16.12.19:軍隊区分:機密鎮海警備府命令作第22号:直卒部隊 16.12.31:軍隊区分:機密鎮海警備府命令作第28号:直卒部隊 16.12.19:羅津〜12.25鎮海
16.12.31:内令第1780号:第七防備隊所属 16.12.31:戦時編制:聯合艦隊第五艦隊第七根據地隊第七防備隊 17.01.05:鎮海〜01.15横須賀 17.02.01:内令第198号:横須賀鎮守府所管に変更
17.02.01:特設監視艇隊編制:内令第195号:第二監視艇隊 17.02.01:戦時編制:聯合艦隊第五艦隊第二監視艇隊 17.02.01:艦隊区分:第五艦隊附属(56)第二監視艇隊(2)第三小隊 17.02.01:軍隊区分:機密北方部隊命令作第14号:北方部隊哨戒部隊第二哨戒隊 17.02.01:監視艇長:海軍兵曹長 只森 憲慶 17.02.17:横須賀〜「ル」哨戒線哨戒〜03.06釧路 17.02.25:特設監視艇隊編制:内令第353号:第二監視艇隊 17.03.09:釧路鐵工組合にてビルジポンプ取手修理(03.11まで) 17.03.12:釧路〜「ヲ」哨戒線哨戒〜03.28釧路 17.04.04:釧路〜「ヲ」哨戒線哨戒〜      〜04.18 1150(N37.45-E152.12)対空戦闘:船体艤装品、清水タンク、通船、            海図台等に破孔、三八式小銃1挺折損、無線空中引込線切断、            七粍七機銃210発、小銃30発発射〜      〜04.21釧路 17.05.13:船体内外衰朽部修理 17.05.13:江の浦造船にて主機械総分解検査手入(07.22まで) 17.05.22:官房機密第657番電:兵器供給:九二式七粍七単装機銃A型(三脚架附)、      仮称40瓩発煙筺5個以内、発煙浮筺用筺嚢3個以内、      九五式爆雷(九五式爆雷改二)完備4個以内、落下傘一型爆雷と同数、      仮装投下台を装備 17.05.28:清水金指造船所にて主機械総分解検査手入(07.01まで) 17.08.15:横須賀〜 17.08.18:哨戒部隊電令作第43号:「タ一ロ」分哨附近に不時着せる米水上機捜索      〜08.20 哨戒線より東経155度に至る間、敵不時着機捜索〜      〜08.25 哨戒線に復帰      〜08.25 台風警報により哨戒線を東経148度に移す〜      〜08.28 哨区発〜      〜09.03横須賀 17.09.14:横須賀〜哨戒09.22〜09.27横須賀 17.10.06:三崎根岸鐵工所にて船体内外大修理開始 17.10.28:入渠 17.11.14:出渠 18.01.10:船体内外大修理完了 18.01.12:九六式空三號無線電信機新設工事開始 ?18.01.05:九六式空三號無線電信機新設工事完了 18.01.23:横須賀〜01.27 ワ線哨戒〜02.11横須賀 18.02.17:横須賀〜      〜02.20 ワ線哨戒〜      〜02.24 0745 特設砲艦安州丸」と会合〜      〜02.25 1400 特設砲艦「安州丸」と会合〜      〜03.03 撤哨〜      〜03.07横須賀 18.03.19:横須賀〜      〜03.22 ノ線哨戒〜      〜03.23 ク線哨戒〜      〜04.06 撤哨〜      〜04.10横須賀 18.04.--:軍隊区分:機密第二監視命令作第4号:第四小隊 18.04.13:横須賀〜 18.04.16:哨戒部隊電令作第91号:配備線を「ト」線(150度線)に変更      〜04.19「ト」哨戒線〜      〜04.24 1535 特設砲艦第二日の丸」と会合〜 18.04.26:哨戒部隊電令作第94号:04.27 1200 「ユ」哨戒線(152度線)に進出 18.04.27:哨戒部隊電令作第95号:04.27 0800 東経155度線に進出 18.04.28:哨戒部隊電令作第96号:155度線進出以後、移動哨戒第三法実施      〜04.27 機関不良の為、徹哨〜      〜04.28 2250 特設砲艦第一雲洋丸」と遭遇、交信〜      〜05.02横須賀 18.05.17:江ノ浦にて修理開始 18.06.01:監視艇長:海軍少尉 只森 憲慶 18.08.22:江ノ浦〜08.22横浜 18.09.--:軍隊区分:甲直哨戒隊第二小隊 18.09.13:横浜〜09.19哨区着X線(157度)にて哨戒〜      〜09.14(N35.20-E142.16)ガソリン入ドラム缶約100個、材木、無数の浮流物発見、一部揚収〜      〜09.28 徹哨〜      〜09.29 敵機動部隊東方洋上に策動の兆候により帰投中止150度線にて哨戒続行〜      〜10.01 徹哨〜      〜10.02 特設監視艇第一龍重丸」を護衛〜      〜10.09横浜 18.10.13:監視艇長:海軍兵曹長 渋江 四八郎 18.10.--:軍隊区分:二直哨戒隊甲直 18.10.17:横浜〜      〜10.21 Z哨戒線哨戒〜      〜10.21 1200 U哨戒線に進出〜      〜11.03 徹哨〜      〜11.10横浜 18.11.28:入渠 19.01.26:出渠 19.02.14:短五糎砲装備工事(02.17まで) 19.02.21:戦時編制:聯合艦隊北東方面艦隊第二十二戦隊第二監視艇隊 19.03.--:軍隊区分:二直哨戒隊 19.03.06:横浜〜      〜03.13 特設砲艦~津丸」と会合〜      〜03.18 特設砲艦「~津丸」と会合〜      〜03.19 0100 徹哨〜      〜03.24横浜 19.04.15:軍隊区分:第四監視艇隊麾下 19.04.15:軍隊区分:2FBG命令作第9号:第二基地航空部隊第二哨戒部隊 19.04.18:哨戒部隊電令作第139號:04.20横浜出撃 19.04.20:(「豊國丸」護衛)横浜〜04.20館山04.21〜04.22女川04.23〜04.23山田04.24〜      〜04.24釧路 19.04.26:流氷の為船体に若干の損傷を受け浸水 19.04.29:釧路〜流氷のため航行困難〜04.29釧路 19.04.30:釧路〜哨区哨戒〜 19.05.01:軍隊区分:第二哨戒部隊命令作第1号:A直哨戒隊第二小隊 19.05.01:艇番号244      〜05.14(N50.05-E156.40)敵中型機1機と交戦:七粍七単装機銃480発、三八式小銃120発発射〜      〜05.19幌筵 19.05.27:幌筵〜乙哨戒線哨戒〜06.06幌筵 19.06.26:幌筵海峡北口哨戒 19.07.09:幌筵〜丙哨戒線哨戒〜07.16幌筵 19.07.10:軍隊区分:北東方面部隊第二哨戒部隊 19.07.--:第四小隊 19.07.30:幌筵〜丙哨戒線哨戒〜08.07幌筵
19.08.01:戦時編制:聯合艦隊第二十二戦隊第二監視艇隊 19.08.01:軍隊区分:千防部隊電令作第105号:千島防備部隊哨戒部隊 19.08.16:千根信電令第68号:温禰古丹大泊より加熊別に転進の陸軍海上機動第三旅団の輸送2往復 19.08.17:幌筵〜08.17片岡08.18〜08.18大泊08.19〜08.19加熊別湾 19.08.--:加熊別湾〜      〜08.20 対空戦闘〜      〜08.23幌筵 19.10.12:釧路〜10.22横浜 19.10.17:軍隊区分:第二監視艇隊復帰 19.11.01:塩釜造船所にて修理 19.11.18:上架 19.11.24:二十五粍単装機銃1基、十三粍単装機銃2基装備工事(12.13まで) 19.12.21:下架 20.01.15:修理完了 20.08.10:特設監視艇隊編制:内令第729号:特設監視艇隊編制を廃止
20.08.10:除籍:内令第730号 20.08.10:解傭 20.08.15:残存

同型船

 第二新蛭子丸

兵装

(17.04.18現在)
 留式七粍七単装機銃1基、三八式小銃5挺、拳銃2丁、爆雷4個。

(18.07.01現在-Ref. JACAR:C08030072100, P82)
 七粍七単装機銃1基、
 小銃5挺、拳銃2丁、
 九五式爆雷改二2個。

(19.02.17)
 短五糎砲1門、七粍七単装機銃1基、
 小銃5挺、拳銃2丁、
 九五式爆雷改二2個。

(19.12.13)
 短五糎砲1門、
 九六式二十五粍単装機銃1基、九三式十三粍単装機銃2基、七粍七単装機銃1基、
 小銃5挺、拳銃2丁、
 九五式爆雷改二2個。

写真資料

 なし

備考

 昭和19年05月〜10月にかけて幌筵とあるのは基地のあった幌筵海峡に面した幌筵島烏川湾又は占守島片岡湾を指します。


前の艇へ ← 特設監視艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る