永隆丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 03.04.15:進水、命名:永隆丸 --.--.--:竣工、船主:三陸汽船株式會社
16.11.14:官房機密第10529号:特設艦船整備の件訓令 16.12.31:株式會社東京石川島造船所にて艤装工事完了
17.01.06:徴傭 17.02.01:入籍:内令第199号:特設捕獲網艇、横須賀鎮守府所管
17.02.01:内令第207号:大湊防備隊所属 17.02.01:戦時編制:大湊警備府部隊大湊防備隊 17.02.26:横須賀〜03.02大湊 17.03.13:大湊〜津軽海峡西口哨戒〜03.19大湊 17.03.23:大湊〜津軽海峡西口哨戒〜03.27大湊 17.03.31:大湊〜第二哨区哨戒〜04.03大湊 17.04.15:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第24号:津軽防備部隊 17.04.--:軍隊区分:機密津軽防備部隊命令作第8号:津軽哨戒隊西口隊特設捕獲網艇隊 17.04.15:大湊〜第二哨区哨戒〜04.19大湊 17.04.26:大湊〜第二、第四哨区哨戒〜      〜04.30浮流機雷処分〜      〜05.01大湊 17.05.17:大湊〜第二、第四哨区哨戒〜05.26大湊 17.06.01:(現在)捕獲網艇長:海軍豫備大尉 淺野 金治 17.06.02:大湊〜第二、第四哨区哨戒〜06.11大湊 17.06.18:大湊〜第二、第四哨区哨戒〜06.25大湊 17.06.27:大湊〜第二、第四哨区哨戒〜06.29大湊 17.07.01:捕獲網艇長:海軍豫備大尉 金井 塚三郎 17.07.02:大湊〜第二、第四哨区哨戒〜07.11大湊 17.07.12:淺野艇長退艇、金井艇長乗艇 17.07.19:大湊〜第二、第四哨区哨戒〜07.28大湊 17.08.01:大湊〜第二、第四哨区哨戒〜08.08大湊 17.08.04:津防機密第313番電:東口及び尻矢崎南方海面哨戒、準備出来次第、東口に急行 17.08.06:津防機密第332番電:固有哨区に復帰、第三配備 17.08.11:大湊〜C、第二、第四哨区哨戒〜08.18函館 17.08.18:津防機密第372番電:函館にて補給後、08.20中に八戸回航 17.08.18:揚錨機故障 17.08.19:函館船渠株式會社にて揚錨機修理 17.08.--:函館〜08.20八戸 17.08.23:八戸〜C哨区哨戒〜08.25大湊 17.09.02:大湊〜第二、第四哨区哨戒〜09.10大湊 17.09.17:大湊〜第二、第四哨区哨戒〜09.24大湊 17.09.24:室蘭隊に編入 17.09.30:大湊〜A哨区哨戒〜10.03室蘭 17.10.01:軍隊区分:機密津軽防備部隊命令作第9号:室蘭隊 17.10.05:室蘭〜A哨区哨戒〜10.10室蘭 17.10.11:室蘭〜A哨区哨戒〜10.14室蘭 17.10.16:室蘭〜A哨区哨戒〜10.17室蘭 17.10.22:室蘭〜A哨区哨戒〜10.24室蘭 17.10.28:室蘭〜A哨区哨戒〜10.30室蘭 17.11.04:室蘭〜A哨区哨戒〜11.05大湊 17.11.11:大湊〜A哨区哨戒〜11.13室蘭 17.11.16:室蘭〜A哨区哨戒〜11.17室蘭 17.11.22:室蘭〜A哨区哨戒〜11.24室蘭
17.11.25:内令第2178号:千島方面特別根據地隊所属 17.11.25:戦時編制:大湊警備府部隊千島方面特別根據地隊 17.11.25:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第36号:津軽防備部隊 17.11.30:室蘭〜A哨区哨戒〜11.30室蘭 17.12.--:室蘭〜12.16大湊 17.12.28:大湊〜02.07函館 18.02.10:入渠作業 18.02.22:函館〜02.22大湊 18.03.05:大湊〜04.11大湊 18.03.13:大湊防備隊は本艇用九二式七粍七単装機銃2基、同普通弾薬包4,000個、同曳跟弾薬包1,000個、      同徹甲弾薬包1,000個を大湊海軍軍需部より受入 18.04.25:大湊〜04.28大湊 18.05.03:大湊〜05.08大湊 18.05.07:官房艦機密第2167号:訓令:捕獲網全部を陸揚し掃海具を搭載 18.05.08:軍隊区分:大湊警備府電令作第33号:千島方面特別根據地隊 18.05.11:大湊〜幌筵 18.06.01:軍隊区分:機密千防部隊命令作第2号:千島防備部隊附属 18.06.02:清水20t搭載 18.06.05:清水37t搭載 18.06.07:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第44号:千島防備部隊 18.06.07:千防信電令作第61号:      2.永隆丸は7日1200片岡発単冠湾に回航、第五千代丸及萬榮丸を指揮し丙哨区を担当せよ        補給基地を根室又は厚岸とす 18.06.08:幌筵海峡〜06.09松輪島06.09〜06.11択捉島天寧 18.06.17:対潜警戒要領:機密千防部隊命令作第3号:丙(択捉)哨区担当 18.06.18:千防信電令作第67号:       19日以後当隊対潜警戒配備左の通定む       (イ)部隊名(ロ)指揮官(ハ)兵力(ニ)配備標準(ホ)分担区域の順以下同断      3.丙哨区(択捉哨区)       (イ)択捉隊(ロ)永隆丸艇長(ハ)永隆丸、第五千代丸、萬榮丸       (ニ)単冠湾方面(ホ)丙哨区      5.各隊内の配備及交代は各隊指揮官所定とす      7.本令発動時機19日0000 18.07.01:捕獲網艇長:海軍大尉 金井 塚三郎 18.07.01:択捉島哨区哨戒(08.31まで) 18.07.17:特設運送船日帝丸」護衛      〜08.01釧路 18.08.03:釧路〜
18.08.05:内令第1598号:千島方面根據地隊所属 18.08.06:軍隊区分:大海指第263号:作戦に関し北東方面艦隊司令長官指揮下(08.05付) 18.08.10:軍隊区分:機密千島防備部隊命令作第4号:千島防備部隊附属      〜08.20釧路08.23〜 18.08.24:特設監視艇「第八日之出丸」「第八海形丸」「品川丸」の救難作業 18.08.28:斜古丹〜08.30釧路 18.09.01:択捉島哨区哨戒(10.13まで)      〜09.24釧路 18.09.27:釧路〜択捉 18.10.04:座礁した特設監視艇萬榮丸」の救難作業 18.10.05:軍隊区分:大湊警備府長官指揮下(冬季大湊方面引揚期間) 18.10.10:軍隊区分:機密千島防備部隊命令作第7号:千島防備部隊附属 18.10.14:天寧〜10.15釧路10.17〜      〜10.20恵山岬の345度6浬にて潜望鏡らしきものを発見、爆雷威嚇投射〜      〜10.21大湊 18.10.20:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第60号:津軽防備部隊 18.10.25:大湊海軍工作部にて捕獲網撤去、掃海具設置工事に着手 18.11.05:官房機密第051742番電:網関係及び掃海関係を撤去、輸送任務に適するよう整備、      十三粍聯装機銃1基増備 18.11.10:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第61号:津軽防備部隊より除く
18.11.10:内令第2381号:南東方面艦隊所属 18.11.10:戦時編制:官房機密第101902番電:南東方面艦隊 18.11.19:軍隊区分:南東方面部隊電令作第145号:南東方面部隊附属 18.11.30:大湊〜12.04大湊 19.01.23:大湊〜 19.01.25:船主:栗林商船株式會社に変更 19.02.--:ガソリン1,500罐、空カマス10,000枚搭載 19.02.21:四日市〜04.12 パラオ 19.04.--:揚陸 19.04.20:パラオ〜04.23ダバオ05.03〜ヤップ向け航行
19.05.04:沈没 19.07.10:除籍:内令第855号 19.07.10:解傭
喪失場所:N07.10-E129.12 ダバオ東方300km付近 喪失原因:米潜水艦Pargo(SS-264)の雷撃

同型船

 なし。

兵装

(参考:開戦時の標準兵装)
 四十口径四一式八糎砲1門、十三粍単装機銃1基、七粍七単装機銃1基、
 六十糎探照燈1基、
 爆雷投射機1式、爆雷投下台2組、爆雷24個、
 一四式捕獲網4組、吊下式水中聴音機1基。

写真資料

 「汽船表(別冊冩眞帳)」S13 海軍省軍務局編

前の艇へ ← 特設捕獲網艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る