靜海丸の船歴

 年 月 日:船歴

14.07.25:起工 15.03.09:進水、命名:靜海丸 15.12.14:竣工、登録純噸数:1,502
16.08.05:日本鋼管株式會社鶴見造船所にて艤装工事開始
16.08.20:徴傭 16.09.05:入籍:内令第1025号:特設砲艦、横須賀鎮守府所管
16.09.05:砲艦長:海軍豫備大尉 藤本 榮左 16.10.15:特設砲艦隊編制:内令第1250号:第五砲艦隊 16.10.15:戦時編制:聯合艦隊第四艦隊第四根據地隊第五砲艦隊 16.10.17:艤装工事完了 16.10.27:二見〜南洋方面〜 16.11.11:略称制定:第52号砲艦 16.11.--:グリーニッチ〜12.02ポナペ 16.12.--:軍隊区分:トラック方面防備部隊海面防備部隊 16.12.15:ポナペ〜12.17トラック 16.12.19:トラック〜 16.12.19:座礁した特設監視艇甚生丸」の救助作業〜 16.12.20:特設監視艇「甚生丸」の乗員全員救助〜12.21トラック 16.12.21:特設監視艇「甚生丸」の乗員退艦 16.12.21:トラック〜第七、第八哨区哨戒〜12.25トラック 16.12.30:トラック〜北東水道哨戒〜01.05トラック(夏島錨地) 17.01.05:軍隊区分:機密南洋部隊命令作第7号:R攻略部隊 17.01.06:軍隊区分:機密R攻略部隊命令作第1号:本隊第四部隊 17.01.06:糧食補給 17.01.10:石炭、真水、糧食補給 17.01.10:官房機密第6281号訓令による九五式爆雷12個受込(搭載数計24個) 17.01.11:掃海要具、貨物自動車等輸送物件搭載 17.01.12:(R攻略作戦:輸送船第四分隊護衛)トラック〜01.15メレヨン01.16〜      〜01.17 0940 メレヨン島西方海面にてR攻略部隊船団に合同〜      〜01.17 1315 驅逐艦「睦月」、同「望月」が合同〜      〜01.17 1515 驅逐艦「望月」解列〜      〜01.18 0430 驅逐艦「睦月」解列〜      〜01.18 0739 特設運送船第二號海城丸」が合同〜      〜01.19 1700 驅逐艦「睦月」復帰〜      〜01.20 1730 驅逐艦「夕凪」解列〜      〜01.22 1000 驅逐艦「夕凪」復帰〜      〜01.22ラバウル港外 17.01.23:1250 港内入泊、輸送物件揚陸 17.01.23:軍隊区分:R攻略部隊信令作第15号:本隊哨戒部隊 17.01.24:港内警泊 17.01.25:特設掃海艇羽衣丸」、同「第二號能代丸」に石炭供給 17.01.26:ラバウル〜湾口哨戒〜01.27ラバウル 17.01.28:対空戦闘:十三粍機銃649発、七粍七機銃342発、三八式小銃170発発射 17.01.29:ラバウル〜01.30グリーン 17.01.30:輸送物件揚陸 17.01.30:グリーン〜01.31ラバウル
17.02.01:戦時編制:聯合艦隊第四艦隊第八特別根據地隊第五砲艦隊 17.02.01:艦隊区分:第四艦隊機密第409番電(02.02附):第八特別根據地隊(419)第五砲艦隊(1) 17.02.01:軍隊区分:南洋部隊電令作第66号(01.29附):R方面部隊 17.02.01:軍隊区分:機密R方面部隊命令作第1号:根據地部隊海上隊 17.02.01:軍隊区分:機密R方面部隊根據地部隊海上部隊命令作第1号:第一部隊 17.02.03:特設航空機運搬艦五洲丸」に横付け、水上基地用航空燃料搭載 17.02.04:特設運送船立山丸」に横付け、清水搭載 17.02.04:ラバウル〜02.05グリーン島(環礁外漂泊) 17.02.05:特設砲艦京城丸」に航空燃料その他輸送物件移載(02.06まで) 17.02.06:グリーン島〜02.07ラバウル 17.02.09:特設砲艦長田丸」へ酒保物品補給 17.02.10:輸送物件揚陸 17.02.11:特設運送船武庫丸」に横付け、石炭搭載(02.12まで) 17.02.13:ラバウル〜湾口哨戒〜02.15ラバウル 17.02.14:一時司令砲艦となる 17.02.16:ラバウル〜湾口哨戒〜      〜02.19 ガゼリ岬の南方に陸戦隊1個分隊を揚陸し敵性汽動艇の臨検〜      〜02.20 哨区移動哨戒〜不時着機の救助〜      〜02.22ラバウル 17.02.24:特設運送船「武庫丸」に横付け、石炭搭載 17.02.24:軍隊区分:R方面防備部隊電令作第13号:セントジョージ岬攻略部隊本隊 17.02.25:陸戦隊1個小隊及び設営班20名乗艦、特型運貨船曳航準備 17.02.25:ラバウル〜02.26セントジョージ岬 17.02.26:0500 特型運貨船に陸戦隊乗船開始      0530 乗船終了、セントジョージ岬に上陸      0655 設営班上陸      1630 陸戦隊帰艦      1645 設営班帰艦      1742 ラニソ湾投錨 17.02.27:ラニソ湾〜02.28ラバウル 17.02.28:軍隊区分:セントジョージ岬攻略部隊解隊 17.03.01:司令砲艦は「日海丸」に復帰 17.03.01:ラバウル〜03.02グリーン島(漂泊警戒) 17.03.03:グリーン島〜03.03ラニソ湾 17.03.05:ラニソ湾〜SR攻略部隊の前路警戒〜03.06セントジョージ岬 17.03.06:見張所測量 17.03.06:セントジョージ岬〜03.06ラバウル 17.03.07:特設運送船「立山丸」より清水搭載、糧食搭載 17.03.07:ラバウル〜03.08グリーン島(環礁外漂泊) 17.03.08:母艦任務に従事(03.11まで) 17.03.11:グリーン島〜03.12セントジョージ岬03.12〜03.12ラニソ湾 17.03.13:ラニソ湾〜03.13ラバウル 17.03.14:ラバウル〜湾口哨戒〜 17.03.17:軍隊区分:機密R方面部隊海上隊命令作第1号:第一哨戒部隊 17.03.18:対空戦闘:十三粍機銃142発、七粍七機銃94発発射〜03.18ラバウル 17.03.18:特設運送船辰武丸」から弾薬補給 17.03.19:特設運送船三江丸」に横付け、石炭補給(03.20まで) 17.03.23:ラバウル〜哨戒〜03.23ラバウル 17.03.24:軍隊区分:R方面防備部隊電令作第38号:根據地隊海上部隊 17.03.24:ラバウル〜03.25スルミ 17.03.25:輸送物件揚陸(03.26まで) 17.03.26:託送物件搭載(03.27まで) 17.03.27:スルミ〜03.28ラバウル 17.03.28:託送物件揚陸(03.29まで) 17.03.31:ラバウル〜湾口哨戒〜04.01ラバウル 17.04.01:特設運送船「立山丸」より清水搭載 17.04.05:陸戦隊物件搭載 17.04.06:陸戦隊乗艦 17.04.06:ラバウル〜04.08ロレンゴー沖(アドミラルティー) 17.04.08:0558 陸戦隊揚陸      0629 内港進入警泊 17.04.09:アドミラルティー〜04.11ラバウル 17.04.10:軍隊区分:聯合艦隊第四艦隊第八根據地隊根據地海上部隊 17.04.11:陸戦隊退艦 17.04.13:軍隊区分:機密R方面防備部隊根據地海上部隊命令作第1号:第二部隊 17.04.13:糧食搭載、缶内部搭載(04.25まで) 17.04.16:特設運送船新夕張丸」より石炭補給 17.04.19:対空戦闘: 17.04.22:軍隊区分:機密R方面防備部隊命令作第10号:海上部隊 17.04.23:対空戦闘: 17.04.25:一時司令砲艦となる 17.04.26:特設運送船和洋丸」より清水補給 17.04.26:ラバウル〜湾口哨戒〜04.28ラバウル 17.04.28:特設運送船「和洋丸」より清水補給 17.04.29:ラバウル〜湾口哨戒〜05.01ラバウル 17.05.02:対空戦闘: 17.05.03:ラバウル〜大艇帰投目標艦、哨戒〜05.03ラバウル 17.05.03:対空戦闘: 17.05.03:ラバウル〜湾口哨戒〜 17.05.03:対潜戦闘:投射爆雷数6個(残数:18個)〜 17.05.04:対空戦闘:〜05.05ラバウル 17.05.07:ラバウル〜湾口哨戒〜05.09ラバウル 17.05.11:ラバウル〜湾口哨戒〜05.13ラバウル 17.05.13:司令砲艦は「日海丸」に復帰 17.05.13:ラバウル〜湾口哨戒〜05.14ラバウル 17.05.15:特設運送船「和洋丸」より清水補給 17.05.15:特設運送船廣コ丸」 に横付け、石炭移載(05.16まで) 17.05.17:ラバウル〜湾口哨戒〜05.18ラバウル 17.05.21:ラバウル〜湾口哨戒〜05.22ラバウル 17.05.24:ラバウル〜05.25カビエン 17.05.25:搭載物件揚陸、陸戦隊便乗 17.05.26:陸戦隊退艦 17.05.27:対空戦闘: 17.05.29:対空戦闘: 17.05.29:ラバウル〜湾口哨戒〜05.30ラバウル 17.05.30:特設捕獲網艇第五壽丸」に清水補給 17.06.02:ラバウル〜湾口哨戒〜06.03ラバウル 17.06.03:特設運送船「和洋丸」より清水補給 17.06.04:対空戦闘:十二糎砲18発、十三粍機銃1,832発、七粍七機銃520発発射〜 17.06.04:特設運送船岩代丸」より石炭補給 17.06.06:ラバウル〜湾口哨戒〜06.07ラバウル 17.06.07:軍隊区分:機密R方面防備部隊海上部隊命令作第4号:第一哨戒部隊 17.06.10:ラバウル〜湾口哨戒〜06.10ラバウル 17.06.11:第八根據地隊司令部より十三粍二聯装機銃2基の貸与を受け一、四番砲側に仮装備 17.06.11:ラエ航空基地物件搭載 17.06.11:ラバウル〜06.14ラエ 17.06.14:ラエ航空基地物件揚陸 17.06.14:ラエ〜06.17ラバウル 17.06.18:十三粍二聯装機銃2基返却 17.06.22:第八根據地隊司令部より十三粍二聯装機銃2基の貸与を受け一、四番砲側に仮装備 17.06.22:特設運送船辰鳳丸」より石炭補給 17.06.22:ラエ航空基地物件搭載 17.06.22:ラバウル〜06.25ラエ 17.06.25:ラエ航空基地物件揚陸、陸戦隊及び便乗者乗艦 17.06.25:ラエ〜 17.06.25:対空戦闘:十二糎砲18発、十三粍機銃855発、七粍七機銃230発発射〜06.28ラバウル 17.06.28:陸戦隊及び便乗者退艦 17.06.28:一時司令砲艦となる 17.06.--:十三粍二聯装機銃2基返却 17.06.30:対空戦闘: 17.07.01:ラバウル〜湾口哨戒〜07.02ラバウル 17.07.02:特設運送船「辰鳳丸」に横付け、石炭補給(07.03まで) 17.07.05:ラバウル〜湾口哨戒〜07.06ラバウル 17.07.06:特設運送船「和洋丸」に横付け、清水補給 17.07.09:ラバウル〜湾口哨戒〜07.10ラバウル 17.07.12:ラバウル〜湾口哨戒〜07.13ラバウル 17.07.14:戦時編制:聯合艦隊第八艦隊第八根據地隊第五砲艦隊 17.07.16:軍隊区分:R方面防備部隊命令作第24号:ラバウル海上防備部隊 17.07.15:ラバウル〜湾口哨戒〜07.16ラバウル 17.07.19:ラバウル〜湾口哨戒〜07.20ラバウル 17.07.23:ラバウル〜湾口哨戒〜07.24ラバウル 17.07.24:特設運送船「和洋丸」より清水補給 17.07.27:ラバウル〜湾口哨戒〜07.28ラバウル 17.07.29:ラバウル〜「第二日新丸」の飛行機揚陸作業警戒〜 17.07.30:湾口哨戒〜07.31ラバウル 17.08.03:石炭補給 17.08.03:第八根據地隊司令部より十三粍二聯装機銃1基の貸与を受け一番砲側に仮装備 17.08.03:基地用物件搭載 17.08.03:ラバウル〜08.05スルミ 17.08.05:基地用物件揚陸(08.06まで) 17.08.06:託送品搭載 17.08.06:スルミ〜08.07ラバウル 17.08.08:石炭補給 17.08.09:対空戦闘:十三粍機銃210発、七粍七機銃181発発射 17.08.10:司令砲艦は「日海丸」に復帰 17.08.10:弾薬搭載 17.08.13:ラバウル〜湾口哨戒〜08.14ラバウル 17.08.17:ラバウル〜湾口哨戒〜08.18ラバウル 17.08.19:ラバウル〜湾口哨戒〜08.20ラバウル 17.08.20:石炭補給 17.08.21:ラバウル〜湾口哨戒〜08.22ラバウル 17.08.22:十三粍二聯装機銃1基返却 17.08.22:特設運送船興安丸」より清水補給 17.08.26:ラバウル〜湾口哨戒〜08.27ラバウル 17.08.29:ラバウル〜湾口哨戒〜08.30ラバウル 17.09.01:ラバウル〜湾口哨戒〜09.02ラバウル 17.09.02:石炭補給 17.09.05:ラバウル〜湾口哨戒〜09.06ラバウル 17.09.08:ラバウル〜湾口哨戒〜 17.09.08:対潜戦闘:爆雷6個投下〜09.09ラバウル 17.09.09:特設運送船御嶽山丸」より石炭補給 17.09.09:軍隊区分:機密外南洋部隊命令作第4号:R方面航空部隊(第十一航空戦隊麾下) 17.09.09:基地物件搭載 17.09.--:第八根據地隊司令部よりオントンジャバ攻略作戦中一一式軽機銃2挺の貸与を受ける 17.09.09:ラバウル〜09.11ショートランド 17.09.11:基地用物件搭載、基地員便乗 17.09.11:ショートランド〜09.13オントンジャバ 17.09.13:陸戦隊揚陸、水上基地急速設営 17.09.14:泊地調査 17.09.15:「第二十四號驅潜艇」に清水補給 17.09.16:水上基地撤収 17.09.16:オントンジャバ〜 17.09.17:対空戦闘:十二糎砲4発、十三粍機銃1,209発、七粍七機銃354発発射      〜09.17ショートランド 17.09.17:基地用物件揚陸、基地員退艦 17.09.17:ショートランド〜09.19ラバウル 17.09.19:便乗者退艦 17.09.19:軍隊区分:第十一航空戦隊司令官指揮下から除かれ原隊復帰 17.09.20:基地用物件揚陸 17.09.21:特設運送船「御嶽山丸」より石炭補給 17.09.22:特設運送船「興安丸」より清水補給 17.09.23:缶内部掃除着手 17.09.25:特設砲艦隊編制:内令第1781号:第五砲艦隊の項を削る
17.09.25:戦時編制:聯合艦隊第八艦隊第八根據地隊 17.09.--:ラバウル〜哨戒〜10.01ラバウル 17.10.09:ラバウル〜哨戒〜10.10ラバウル 17.10.11:ラバウル〜哨戒〜10.13ラバウル 17.10.14:ラバウル〜哨戒〜10.15ラバウル 17.10.16:ラバウル〜哨戒〜10.17ラバウル 17.10.18:ラバウル〜哨戒〜10.19ラバウル 17.10.20:ラバウル〜哨戒〜10.21ラバウル 17.10.22:ラバウル〜哨戒〜10.22ラバウル 17.10.23:ラバウル〜哨戒〜10.24ラバウル 17.10.30:ラバウル〜哨戒〜10.31ラバウル 17.11.01:砲艦長:海軍豫備少佐 藤本 榮左 17.11.02:ラバウル〜哨戒〜11.03ラバウル 17.11.05:ラバウル〜哨戒〜11.06ラバウル 17.11.08:ラバウル〜哨戒〜11.09ラバウル 17.11.11:ラバウル〜哨戒〜11.12ラバウル 17.11.13:ラバウル〜哨戒〜11.14ラバウル 17.11.19:ラバウル〜哨戒〜11.20ラバウル 17.11.21:ラバウル〜哨戒〜11.22ラバウル 17.11.24:ラバウル〜哨戒〜11.25ラバウル 17.11.27:ラバウル〜哨戒〜11.28ラバウル 17.11.30:ラバウル〜哨戒〜12.01ラバウル 17.12.03:ラバウル〜哨戒〜12.04ラバウル 17.12.06:ラバウル〜哨戒〜12.07ラバウル 17.12.07:ラバウル〜哨戒〜12.11ラバウル 17.12.14:ラバウル〜哨戒〜12.15ラバウル 17.12.17:ラバウル〜哨戒〜12.18ラバウル 17.12.21:ラバウル〜哨戒〜12.22ラバウル 17.12.23:ラバウル〜哨戒〜12.23ラバウル 17.12.25:ラバウル〜哨戒〜12.26ラバウル 17.12.27:ラバウル〜哨戒〜12.28ラバウル 17.12.30:ラバウル〜哨戒〜12.31ラバウル 17.--.--:登録純噸数:1,519に変更 18.01.02:ラバウル〜哨戒〜01.03ラバウル 18.01.05:ラバウル〜哨戒〜01.06ラバウル 18.01.08:ラバウル〜哨戒〜01.09ラバウル 18.01.11:ラバウル〜哨戒〜01.13ラバウル 18.01.14:ラバウル〜哨戒〜01.15ラバウル 18.01.16:ラバウル〜哨戒〜01.16ラバウル 18.01.17:ラバウル〜哨戒〜01.18ラバウル 18.01.20:ラバウル〜哨戒〜01.21ラバウル 18.01.23:ラバウル〜哨戒〜01.24ラバウル 18.01.27:ラバウル〜哨戒〜01.28ラバウル 18.01.30:ラバウル〜哨戒〜01.31ラバウル 18.02.02:ラバウル〜哨戒〜02.03ラバウル 18.02.05:ラバウル〜哨戒〜02.06ラバウル 18.02.08:ラバウル〜哨戒〜02.09ラバウル 18.02.11:ラバウル〜哨戒〜02.12ラバウル 18.02.14:ラバウル〜哨戒〜02.15ラバウル 18.02.17:ラバウル〜哨戒〜02.18ラバウル 18.02.20:ラバウル〜哨戒〜02.21ラバウル 18.03.--:ラバウル〜04.02横須賀 18.04.--:修理 18.05.15:(第3515船団護衛)横須賀〜05.26トラック 18.06.02:(第1023船団護衛)トラック〜06.06ラバウル 18.06.12:ラバウル〜哨戒〜06.14ラバウル 18.06.16:ラバウル〜哨戒〜06.18ラバウル 18.06.20:ラバウル〜哨戒〜06.22ラバウル 18.06.23:ラバウル〜哨戒〜06.24ラバウル 18.06.25:ラバウル〜哨戒〜06.26ラバウル 18.06.28:ラバウル〜哨戒〜06.30ラバウル 18.07.01:砲艦長:海軍少佐 藤本 榮左 18.07.02:ラバウル〜哨戒〜07.03ラバウル 18.07.04:ラバウル〜哨戒〜07.05ラバウル 18.07.06:ラバウル〜哨戒〜07.07ラバウル 18.07.08:ラバウル〜哨戒〜07.09ラバウル 18.07.11:ラバウル〜哨戒〜07.11ラバウル 18.07.12:ラバウル〜哨戒〜07.13ラバウル 18.07.15:ラバウル〜哨戒〜07.16ラバウル 18.07.18:ラバウル〜哨戒〜07.19ラバウル 18.07.21:ラバウル〜哨戒〜07.22ラバウル 18.07.26:ラバウル〜哨戒〜07.28ラバウル 18.07.30:ラバウル〜哨戒〜08.02ラバウル 18.08.05:砲艦長:海軍少佐 小梨 三郎 18.08.07:ラバウル〜哨戒〜08.09ラバウル 18.08.12:ラバウル〜哨戒〜08.12ラバウル 18.08.17:ラバウル〜哨戒〜08.19ラバウル 18.08.20:ラバウル〜哨戒〜08.21ラバウル 18.09.15:ラバウル〜カビエン(第十八設営隊輸送)
18.09.16:沈没 18.10.01:除籍:内令第2038号 18.10.01:解傭
喪失場所:S02.37-E150.47 カビエン港スイサット崎西南西1.7km付近 喪失原因:豪空軍PBY-5の投下した機雷に触雷

同型船

 (C型平時標準船)
 山鶴丸金津丸、第八多聞丸、豐丸大秋田丸熱田丸

兵装

 四十五口径三年式十二糎砲4門、九三式十三粍二聯装機銃1基、九二式七粍七単装機銃1基、
 三八式小銃、十四年式拳銃、
 探照燈
 九五式爆雷12個、投射機、爆雷投下台、
 小掃海具一型、防雷具
*13mm機銃の型式は推定 

写真資料

 雑誌「海運」日本海運集会所出版部 昭和15年5月号

前の艦へ ← 特設砲艦 → 次の艦へ

Homeへ戻る