公稱第1736號の船歴

 年 月 日:船歴

M40.06.06:官房第2402号:雑役船製造の件訓令 --.--.--:官房第----号:明治四十年度新造雑役船       命名:雑役船「公稱第一七三六號」       船種:泥受船       所属:大湊要港部附属 M40.07.09:横鎮第1272号:泥受船製造着手の義上申 M40.07.31:官房第2934号ノ2:泥受船製造着手の件認許       竣工予定期日:明治41年03月末日 M41.03.06:横鎮第332号:新造雑役船舟竣工延期の件上申 M41.03.17:官房第872号ノ2:竣工延期の件認許       竣工予定期日:明治41年04月30日
--.--.--:起工 --.--.--:進水 --.--.--:竣工
M41.07.08:授受結了 M44.02.12:(「若宮丸」が曳航)横須賀〜      〜02.13 天明 塩屋燈台を去る約30浬にて曵綱切断〜      〜02.13 ---- 応急修理の上、航行再開〜      〜02.13 1130 第二、第三間の曵綱切断〜      〜02.13 ---- 応急修理の上、約4浬の微速力にて航行再開〜      〜02.14 0050 第四の曵綱全部切断〜      〜02.14 ---- 繋ぎ止め、微速力にて航行再開〜      〜02.14 1620 野蒜沖仮泊〜      〜02.15 早朝 修理作業開始〜      〜02.15 1100 風浪が高くなり作業中止〜      〜02.15 1400 第二、第三間の曵綱切断、漂流〜      〜02.15 ---- 傳馬船及端艇にて「若宮」の約4分の3浬の地点に投錨〜      〜02.16 1500 荒天により錨鎖切断、再び漂流〜      〜02.16 ---- 「若宮丸」が曳航、旧位置に戻る〜      〜02.19 ---- 萩ノ浜村長に保管を依頼 T07.06.27:官房第2280号:       船種:泥受船       所属:舞鶴海軍港務部附属 T08.05.26:官房第1839号:       船種:泥受船(百噸積)       所属:呉海軍經理部、定数別:臨時附属 T09.11.25:官房第4277号:       船種:泥受船       所属:呉海軍建築部、定数別:臨時附属 07.08.09:呉鎮第30号ノ116ノ2:還納認許 07.09.05:還納:呉海軍港務部保管
07.09.30:呉鎮第30号ノ127ノ2:廃船訓令 07.09.30:呉鎮第30号ノ127ノ3:廃船 07.12.02:呉港第7号ノ153ノ2(12.23附):呉海軍工廠に引渡し 08.10.18:代船:公稱第三〇一七號

同型船

 公稱第1733號公稱第1734號公稱第1735號公稱第1737號公稱第1738號公稱第1739號公稱第1740號公稱第2250號公稱第2251號

兵装

 なし。

写真資料

 要調査。

前の船へ ← 雑種船 → 次の船へ

Homeへ戻る