第八十號驅潜特務艇の艦歴

 年 月 日:艦歴

18.11.20:起工、仮称艦名:第579號艦 18.08.25:命名:達第197ノ2号:第八十號驅潜特務艇 18.08.25:類別等級制定:内令第1739号ノ2:種別:特務艇、類別:驅潜特務艇、艇型:第一號型 18.08.25:本籍仮定:内令第1739号ノ3:鎮海警備府 18.10.05:進水 18.11.--:富山〜11.25舞鶴 18.11.25:兵装工事着手 18.12.15:竣工
18.12.15:本籍:内令第2683号:鎮海警守府 18.12.15:内令第2684号:鎮海防備隊所属 18.12.15:戦時編制:鎮海警備府部隊鎮海防備隊 18.12.--:軍隊区分:鎮海海面防備部隊 19.01.13:舞鶴〜01.14油谷湾01.15〜01.15佐須奈01.16〜01.16鎮海 19.01.23:鎮海〜哨戒〜01.25鎮海 19.01.29:鎮海〜哨戒〜01.31入港 19.03.05:軍隊区分:巨文島部隊第二部隊 19.03.08:巨文島〜哨戒〜03.10入港 19.03.12:出港〜哨戒〜03.14入港 19.03.16:出港〜哨戒〜03.18入港 19.03.20:出港〜哨戒〜03.22入港 19.03.24:出港〜対潜掃蕩〜03.28入港 19.03.29:出港〜03.29鎮海 19.04.01:出港〜哨戒〜04.02入港 19.04.03:出港〜哨戒〜04.05入港 19.04.08:出港〜哨戒〜04.09入港 19.04.10:出港〜対潜掃蕩〜04.13入港 19.04.15:出港〜哨戒〜04.17鎮海 19.04.25:鎮海〜哨戒〜04.27入港 19.04.29:出港〜哨戒〜05.01入港 19.05.03:出港〜哨戒〜05.05入港 19.05.06:出港〜哨戒〜05.11鎮海 19.05.18:出港〜哨戒〜05.19入港 19.05.20:出港〜哨戒〜05.21入港 19.05.22:出港〜教練射撃〜哨戒〜05.25入港 19.05.27:出港〜哨戒〜05.29入港 19.05.31:出港〜哨戒〜06.04鎮海 19.06.09:鎮海〜爆雷投射訓練〜06.10巨文島 19.06.12:巨文島〜対潜掃蕩〜      〜06.15 第三配備、哨戒〜      〜06.16 第一配備、対潜掃蕩〜      〜06.20 第二配備、哨戒〜      〜06.23 第一配備、対潜掃蕩〜 19.06.24:對馬海峡防備部隊電令作第37号:東方海面に進出、敵潜水艦捜索撃滅 19.06.27:軍隊区分:對馬海峡防備部隊信電令作第41号:第三掃蕩隊      〜06.27 1930 馬羅島の16浬にて飛行機の協力により爆雷攻撃5個〜      〜06.29鎮海 19.06.29:軍隊区分:信電令作第181号:黒山島部隊  19.--.--:鎮海〜哨戒〜07.03鎮海 19.07.05:鎮海〜対潜掃蕩〜07.10巨文島 19.07.12:巨文島〜対潜掃蕩〜07.16鎮海 19.07.18:鎮海海軍工作部にて入渠 19.07.22:出渠 19.07.24:鎮海〜対潜掃蕩〜08.01木浦 19.08.05:軍隊区分:機密鎮海警備府命令作第110号:黒山島海面防備部隊 19.08.05:軍隊区分:鎮警信電令作第206号:黒山島部隊第二十二部隊 19.08.04:木浦〜08.09巨文島 19.08.11:巨文島〜08.17巨文島 19.08.18:巨文島〜08.27鎮海 19.08.29:鎮海〜08.30鎮海 19.08.31:鎮海〜 20.01.01:軍隊区分:南鮮方面部隊黒山島部隊第二十二部隊 20.01.--:特務艇長:海軍少尉 松岡 三郎 20.01.01:鎮海海軍工作部にて入渠、船底外舷検査手入 20.01.05:下架 20.01.12:主機械循環喞筒分解検査 20.01.14:鎮海〜哨戒〜01.16木浦 20.01.22:木浦〜哨戒〜01.29木浦 20.01.30:木浦〜木浦 20.02.01:木浦〜哨戒〜      〜02.02 荷衣島航路指示〜      〜02.06木浦 20.02.09:木浦〜哨戒〜02.15木浦 20.02.17:木浦〜哨戒〜      〜02.22 荷衣島航路指示〜      〜02.24木浦 20.02.27:木浦〜哨戒〜 20.02.27:鎮警電令作第11号:第一配備 20.03.05:鎮警電令作第12号:第三配備      〜03.06木浦 20.03.08:木浦〜哨戒〜03.14木浦 20.03.17:木浦〜荷衣島航路指示〜      〜03.19哨戒〜      〜03.23木浦 20.03.--:軍隊区分:黄海方面部隊黒山島海面防備部隊 20.03.25:主機械注油喞筒分解検査 20.03.26:木浦〜哨戒〜 20.03.27:主機械給入排出弁分解検査      〜03.29 0008 N34.35-E122.28に急行〜 20.03.29:黄海方面部隊電令作第9号:      2.第三開洋丸及び第八十號驅潜特務艇は黒山島錨地に帰投せよ      〜03.30大黒山島錨地
20.08.15:残存 20.12.01:除籍
20.12.01:入籍:内令第5号:掃海艦、佐世保地方復員局所管 20.12.01:内令第7号:佐世保地方復員局掃海部佐世保支部所属 20.12.20:内令第12号:「驅潜特第八十號」と呼称 21.04.01:類別等級削除:軍令第1号(自然消滅) 21.05.10:内令第66号:呉地方復員局掃海部下関支部所属 21.06.15:複二第5号:下関掃海部所属 22.08.01:復二第543号:下関掃海部所属解除
22.08.01:復二第544号:特別輸送艦、佐世保地方復員局所管、特別保管艦に指定 22.08.28:除籍:復二第597号
22.08.28:船主:運輸省 23.05.01:海上保安庁 23.08.20:巡視船「せきれい」(PB-08):運輸省告示第230号 24.10.20:巡視船「せきれい」(PB-08):海上保安庁告示第36号(24.10.18) 25.07.01:巡視船「せきれい」(PS-08):海上保安庁告示第22号(25.08.16) 29.05.01:巡視船「せきれい」(PS-128):海上保安庁告示第5号(29.04.16)
38.12.16:解役

同型艇

 第一號第百號第百五十一號第二百五十號

兵装

(第一號型驅潜特務艇の計画時)
 九二式七粍七単装機銃1基、爆雷22個、吊下式水中聴音機1基、軽便探信儀1基。

写真資料

 なし

備考

 入港・出港とあるのは発着地が不明なものですが、巨文島部隊配属時は巨文島と推定されます。


前の艇へ ← 驅潜特務艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る