第五十八號驅潜特務艇の艦歴

 年 月 日:艦歴

18.03.29:起工、仮称艦名:第557號艦 18.07.01:命名:達第159号:第五十八號驅潜特務艇 18.07.01:類別等級制定:内令第1357号:種別:特務艇、類別:驅潜特務艇、艇型:第一號型 18.07.01:本籍仮定:内令第1359号:大湊警備府 18.10.16:進水 18.11.15:軍隊区分:機密大湊警備府命令作第62号:津軽防備部隊 18.11.16:竣工
18.11.16:本籍:内令第2439号:大湊警備府 18.11.16:内令第2440号:大湊防備隊所属 18.11.16:戦時編制:大湊警備府部隊大湊防備隊 18.11.16:特務艇長:海軍少尉 門屋 秀雄 18.11.--:横須賀〜 18.12.01:出港〜哨戒〜12.02小名浜 18.12.04:小名浜〜哨戒〜12.06大湊 18.12.10:大湊〜教練射撃〜12.10大湊 18.12.11:軍隊区分:津防機密第111642番電:室蘭隊 18.12.13:大湊〜A哨区哨戒〜12.13入港 18.12.14:出港〜A哨区哨戒〜12.14室蘭 18.12.16:室蘭〜A哨区哨戒〜12.17室蘭 18.12.19:室蘭〜A哨区船団護衛〜12.20室蘭 18.12.25:室蘭〜A哨区船団護衛〜12.27室蘭 18.12.28:室蘭〜A哨区哨戒〜12.29本輪西 19.01.01:室蘭〜A哨区哨戒〜01.02室蘭 19.01.04:室蘭〜A哨区哨戒〜01.05室蘭 19.01.07:室蘭〜A哨区哨戒〜01.08室蘭 19.01.10:室蘭〜A哨区哨戒〜01.12室蘭 19.01.13:室蘭〜A哨区哨戒〜01.14室蘭 19.01.17:室蘭〜A哨区哨戒〜01.18室蘭 19.01.21:室蘭〜A哨区哨戒〜01.23室蘭 19.01.25:室蘭〜A哨区哨戒〜01.26室蘭 19.01.27:室蘭〜A哨区哨戒〜01.29大湊 19.01.31:大湊〜A哨区哨戒〜01.31函館 19.02.01:函館〜A哨区哨戒〜02.01室蘭 19.02.04:室蘭〜A哨区哨戒〜02.04室蘭 19.02.07:室蘭〜A哨区哨戒〜02.08室蘭 19.02.10:室蘭〜A哨区哨戒〜02.11室蘭 19.02.13:室蘭〜A哨区哨戒〜02.14室蘭 19.02.16:室蘭〜A哨区哨戒〜02.17室蘭 19.02.19:室蘭〜A哨区哨戒〜02.20室蘭 19.02.22:室蘭〜A哨区哨戒〜02.23室蘭 19.02.24:室蘭〜A哨区哨戒〜02.25室蘭 19.02.27:室蘭〜A哨区哨戒〜02.28室蘭 19.03.01:室蘭〜A哨区船団護衛、哨戒〜03.02室蘭 19.03.05:室蘭〜A哨区哨戒〜03.06室蘭 19.03.09:室蘭〜A哨区哨戒〜03.10室蘭 
19.03.10:内令第423号:第五十一警備隊所属 19.03.10:戦時編制:聯合艦隊千島方面根據地隊第五十一警備隊 19.03.10:大警電令作第156号(03.11):大警部隊兵力部署より除く      大湊にて進出準備の上、第五十一警備隊司令の定むる所により行動 19.03.12:51警備隊電令第1号:防寒施設を含む急速整備の上、準備出来次第幌筵進出 19.03.15:戦時編制:聯合艦隊北東方面艦隊千島方面根據地隊第五十一警備隊 19.04.06:大湊〜04.07室蘭 19.04.09:(船団護衛)室蘭〜04.10釧路04.12〜04.20片岡 19.04.21:軍隊区分:千防電令作第83号:掃蕩部隊 19.04.24:千防信電令作第28号:25日以後日帝丸の擂鉢及武蔵揚塔終了まで      薄雲艦長の区処を承け同船の護衛警戒任務 19.06.--:軍隊区分:第五十三警備隊に派遣        〜07.02松輪 19.07.04:松輪〜07.05片岡 19.07.07:片岡〜07.08松輪 19.07.--:揚塔作業警戒、対潜掃蕩 19.07.22:(ヲ004船団護衛)松輪〜07.26天寧 19.07.29:天寧〜08.01松輪08.02〜08.03武蔵 19.08.06:武蔵〜松輪〜天寧〜08.25根室08.28〜08.29天寧 19.08.30:天寧〜「永保丸」「臺州丸」「御崎丸」護衛〜「御崎丸」座礁救難〜09.20松輪 19.09.24:(ヲ002船団護衛)松輪〜09.25片岡 19.09.27:軍隊区分:千根信電令第82号:第五十三警備隊司令の指揮を解く  19.09.30:(「第二高運丸」護衛)片岡〜 19.11.13:室蘭〜11.13大湊 19.11.--:入渠修理 19.12.--:整備作業 19.12.05:戦時編制:聯合艦隊第十二航空艦隊千島方面根據地隊第五十一警備隊 20.01.--:整備訓練 20.03.--:整備作業 20.04.--:整備作業 20.04.18:千根信電令第7号:第五十一警備隊司令は成るべく速やかに本艇を天寧に進出させよ
20.07.01:内令第588号:大湊防備隊所属 20.07.01:戦時編制:大湊警備府部隊大湊防備隊
20.08.15:残存 20.11.30:除籍:第301730番電
20.12.01:入籍:内令第5号:掃海艦、大湊地方復員局所管 20.12.01:内令第7号:大湊地方復員局掃海部大湊支部所属 20.12.20:内令第12号:「驅潜特第五十八號」と呼称 21.04.01:類別等級削除:軍令第1号(自然消滅) 21.06.15:複二第5号:大湊掃海部所属 21.07.20:復二第101号:下関掃海部所属 22.03.31:復二第215号:呉地方復員局所管に変更 22.03.31:復二第216号:下関掃海部所属 22.08.01:復二第543号:下関掃海部所属解除
22.08.01:復二第544号:特別輸送艦、呉地方復員局所管、特別保管艦に指定
23.01.01:船主:運輸省 23.05.01:海上保安庁 24.08.01:巡視船「うずら」(PB-32):運輸省告示第247号(24.08.09) 24.10.20:巡視船「うずら」(PB-32):海上保安庁告示第36号(24.10.18) 25.07.01:巡視船「うずら」(PS-32):海上保安庁告示第22号(25.08.16) 28.09.01:信号符字點付:運輸省告示第第456号(28.10.19):JCEO、船名「うずら」      船舶番号:70741、総噸数:81、船主:運輸省、理由:申請 29.05.01:巡視船「うずら」(PS-140):海上保安庁告示第5号(29.04.16)
35.01.16:解役

同型艇

 第一號第百號第百五十一號第二百五十號

兵装

(第一號型驅潜特務艇の計画時)
 九二式七粍七単装機銃1基、爆雷22個、吊下式水中聴音機1基、軽便探信儀1基。

写真資料

 なし

前の艇へ ← 驅潜特務艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る