高崎の艦歴

 年 月 日:艦歴

M--.--.--:起工 M35.--.--:進水:命名:Roseley M35.04.05:竣工:船主:William Robert Rea、船籍港:Belfast、船舶番号:113517、信号符字:THNS、      登録総噸数:4,369.62、登録純噸数:2,832.52、      登録長:374呎7吋、登録幅:48呎1吋、登録深さ31呎8-1/4吋
M37.11.04:ウェールズ州バーリードックを出渠、第26號桟橋へ M37.11.04:貨物搭載開始 M37.11.10:貨物搭載終了 M37.11.10:第26號桟橋〜11.10サウスウオール11.11〜11.11ロック11.11〜11.21バレッタ M37.11.21:石炭搭載 M37.11.21:バレッタ〜11.26ポートサイド M37.11.26:石炭搭載 M37.11.26:ポートサイド〜12.24新嘉坡 M37.12.24:"Peter Rickmers"に横付け、石炭搭載 M37.12.24:新嘉坡〜01.04香港 M37.01.04:石炭搭載 M38.01.05:香港〜浦鹽斯徳向け航行 M38.01.11:臨検 M38.01.12:拿捕
拿捕場所:N36.18-E130.52 對馬沖 拿捕原因:軍艦「常盤」の臨検により戦時禁制品輸送を確認
M38.01.13:佐世保着 M38.01.26:佐世保捕獲審検所審検広告
M38.02.14:命名:内令第119号:「高崎丸」(部内限り使用) M38.02.14:信号符字點付:内令第120号 M38.02.14:内令第121号:艦隊用運送船、佐世保鎮守府所管と仮定、佐世保海軍港務部所属 M38.03.06:松方幸次郎代理四本萬二と運転請負契約締結 M38.03.25:佐世保〜竹敷 M38.04.10:佐世保捕獲審検所事件番号第22号判決:没収 M38.04.13:竹敷〜鎮海〜07.29尼崎 M38.08.29:佐世保〜09.05佐世保 M38.08.08:高等捕獲審検所事件番号第55号判決:抗議棄却
M38.09.01:命名:達第120号:「高崎丸」、本籍:佐世保鎮守府 M38.09.01:信号符字點付:達第121号:GQRM M38.09.01:内令第507号:艦隊用運送船(給炭船)、佐世保海軍港務部所属 M38.09.08:佐世保〜10.14佐世保 M38.11.10:内令第687号:佐世保鎮守府専用運送船 M39.01.29:竹敷〜韓国南岸〜01.31佐世保 M40.02.27:官房第784号:日本郵船株式會社へ使用命令 M40.03.11:官房第784号ノ3:呉区裁判所へ船舶所有権保存登記嘱託の件を委任 M40.03.26:内令第47号:佐世保鎮守府専用運送船、佐世保海軍港務部所属と定めたる処之を解く M40.03.26:本籍変更:達第23号:呉鎮守府 M40.03.31:運転請負契約解除
M40.03.31:日本郵船株式會社に貸下 M40.05.11:船主:海軍省、船籍港:呉、船舶番号:10743、信号符字:LCQJ、      登録総噸数:4,569.56、登録純噸数:2,833.13、      登録長:376.20呎、登録幅:46.30呎、登録深さ:27.90 M40.06.10:信号符字取消:達第65号:GQRM M40.08.17:登録総噸数:4,746.84、登録純噸数:2,943.04に変更 M44.--.--:返船
M44.05.09:内令第84号:運送船、本籍:横須賀鎮守府 M44.05.09:指揮官:海軍中佐 奥田 貞吉 M44.05.19:信号符字點付:達第59号:GQDL M44.09.30:鎮海〜旅順〜10.08佐世保 M44.11.18:佐世保〜旅順〜11.26佐世保 M44.12.01:指揮官:海軍中佐 松永 光敬 M45.01.29:佐世保〜旅順〜02.11竹敷      〜04.05佐世保 M45.04.06:佐世保〜04.08呉 M45.04.09:(「公稱第一九九五號標的船」を曳航)呉〜      〜04.11 豊後水道外沖島附近にて強風により曳索切断、標的船流失〜      〜10.18呉 T元.10.19:呉〜10.22横須賀10.26〜10.29大湊10.31〜10.31函館11.01〜11.03横須賀 T元.11.--:横須賀〜11.11横濱 T元.11.20:呉〜11.22佐世保 T元.11.24:佐世保〜11.25竹敷11.26〜11.26鎮海11.28〜松田 T元.12.01:指揮官:海軍中佐 伊東 祐保 T02.08.07:呉〜旅順〜08.16呉 T02.12.01:指揮官:海軍中佐 渡邊 仁太郎 T03.06.09:長崎〜旅順〜06.18鎮海 T03.10.29:廠第4号ノ68:船体部改造の件上申       准士官以上の私室(便乗者用)設備 T03.11.19:官房第3288号ノ2:船体部改造の件認許 T03.12.01:指揮官:海軍大佐 渡邊 仁太郎 T04.02.01:指揮官:海軍中佐 福地 嘉太郎 T04.02.11:佐世保〜青島〜02.21鎮海 T04.05.13:佐世保〜旅順〜05.24佐世保 T04.06.30:呉〜青島〜07.10呉 T04.08.23:改名:達第110号:運送船「高崎」(タカサキ) T04.09.03:佐世保〜旅順〜09.14佐世保 T04.12.13:指揮官:海軍中佐 原田 正作 T05.02.26:徳山〜布哇附近〜04.08横須賀 T05.05.18:役務:内令第121号:在役船 T05.07.15:小笠原〜ヤルート〜08.24呉 T05.08.24:指揮官:海軍中佐 足立 六藏 T05.12.01:指揮官:海軍中佐 上田 吉次 T06.05.31:徳山〜南洋方面〜07.16横須賀 T06.12.01:指揮官:海軍中佐 秋元 秀太郎 T07.01.22:内令第17号:第一特務艦隊附属 T07.01.29:呉〜新嘉坡方面〜06.20舞鶴 T07.06.20:内令第199号:第一特務艦隊附属を解く T07.06.26:指揮官:海軍中佐 高橋 節雄 T07.07.23:横廠機密工第332号ノ2:工事方案送付の件      1.搭載に要する改造方案      (造船の部)       イ.上下甲板に於ける第二ハッチの長さを六呎拡大し三十八呎とせば(一:砲身五門分)         (二:揚弾薬筒 三砲塔分)何れの場合も搭載することを得         而して其拡張は前部へは現在ヘヴイデリツクの関係上四呎延長するに止め尚不足二呎は         後部に於てし之れに伴い甲板及びフレームに相当なる補強工事を施し又現在船艙内に         配置されたる支柱にして搭載の時障害と做さるものは凡て取外し装置に改造するものとす       ロ.右拡張に伴い現在上甲板ハッチ前方なるウインチ二台其位置を変更するものとす(造機部所掌)       ハ.搭載時に於ける船底枕木は充分に配置し重量を底面に広く分配し尚二重底内には必要に応じ         所々に木材支柱を設置せば船底の強度は耐え得るものと認む      (造機の部)       上甲板第二ハッチの前方なるウインチ二台の位置変更に付き其の蒸気及び       排出管の導設方改正す      2.工事日数        造船30日間、造機5日間 T07.08.14:官房機密第1244号:第三艦隊長官の指揮下 T07.08.20:内令第280号:第三艦隊附属 T07.08.22:横須賀〜泥港 T07.08.29:大型敷設艇「K~丸」を横付け石炭120t供給      大型敷設艇「葦埼丸」を横付け石炭60t、託送糧食品供給 T07.08.--:泥港〜09.03小樽 T07.09.15:佐世保〜浦鹽斯徳〜10.01舞鶴 T07.10.10:青森〜露領沿岸〜10.26横須賀 T07.10.26:内令第351号:第三艦隊附属を解く T07.12.01:指揮官:海軍中佐 内倉 利吉 T08.01.27:徳山〜青島〜02.10徳山 T08.03.03:横鎮機密第245号ノ3:       運送船高崎南洋群島方面行動中浮標入替作業及び石炭運搬用として横須賀海軍港務部附属       左記傳馬船三隻臨時同船に搭載使用方三月三日認許        公稱第二一〇八號傳馬船        公稱第二一一二號傳馬船        公稱第二一二〇號傳馬船 T08.03.04:横須賀〜南洋方面〜04.25二見 T08.04.30:傳馬船三隻を横須賀海軍港務部に返納 T08.05.01:役務:内令第135号:第三豫備船 T08.09.01:役務:内令第282号:第一豫備船 T08.11.01:役務:内令第355号:在役船 T08.12.01:指揮官:海軍中佐 秋吉 照一
T09.04.01:類別等級制定:達第40号:種別:特務艦、類別:運送艦 T09.04.27:官房第1493号:運送艦高崎艙口拡張の件訓令       高崎艙口拡張方其の府工廠をして工事施行せしむべし       其の工事方案は大正7年7月23日附横廠機密工第332号ノ2を以て其の府工廠       技術本部へ送付の通とす T09.05.01:鎮海〜旅順〜05.16佐世保 T09.07.01:特務艦長:海軍中佐 樺山 信之 T09.09.16:鎮海〜旅順〜09.26佐世保 T09.11.12:特務艦長:海軍中佐 永野 永三 T09.12.23:鎮海〜旅順〜01.05佐世保 T10.04.09:鎮南浦〜旅順〜04.20佐世保 T10.11.11:鎮南浦〜旅順〜11.18佐世保 T10.11.20:特務艦長:海軍中佐 岩澤 安五郎 T11.01.06:横須賀〜01.09呉 T11.01.12:呉〜01.14佐世保 T11.01.17:佐世保〜01.18鎮海 T11.01.19:鎮海〜01.22旅順01.25〜01.28佐世保 T11.01.31:佐世保〜02.02呉 T11.02.05:呉〜02.08横須賀 T11.02.20:横須賀〜02.24呉 T11.02.26:呉〜02.26徳山 T11.02.28:徳山〜03.01西戸崎 T11.03.04:西戸崎〜03.04佐世保 T11.03.08:佐世保〜03.12馬公 T11.03.17:馬公〜03.18高雄 T11.03.21:高雄〜03.27佐世保 T11.03.30:佐世保〜03.31徳山 T11.04.02:徳山〜04.03呉 T11.04.05:呉〜04.09横須賀 T11.04.14:横須賀〜04.17大湊 T11.04.27:大湊〜04.30横須賀 T11.05.11:横須賀〜05.14二見05.17〜05.20横須賀 T11.05.25:横須賀〜05.28呉 T11.05.31:呉〜06.03舞鶴 T11.06.06:舞鶴〜06.08佐世保 T11.06.13:佐世保〜06.15舞鶴 T11.06.17:舞鶴〜06.19呉 T11.06.21:呉〜06.24横須賀 T11.07.--:横須賀〜07.24神戸07.24〜07.25呉 T11.07.28:呉〜07.29佐伯07.29〜07.31佐世保 T11.08.01:特務艦長:海軍中佐 鳥山 貞美 T11.08.04:佐世保〜08.05鎮海 T11.08.06:鎮海〜08.09旅順08.13〜08.15佐世保 T11.08.18:佐世保〜08.20舞鶴 T11.08.22:舞鶴〜08.24呉 T11.08.27:呉〜08.29横須賀 T11.09.11:横須賀〜09.13呉 T11.09.16:呉〜09.16徳山 T11.09.20:徳山〜09.21佐世保 T11.09.24:佐世保〜09.27基隆 T11.10.01:馬公〜 T11.10.06:馬公〜10.07高雄10.10〜10.11馬公10.12〜10.16佐世保 T11.10.17:佐世保〜10.19舞鶴 T11.10.23:舞鶴〜10.25浦塩 T11.10.28:浦塩〜10.31呉 T11.11.01:呉〜横須賀 T11.11.10:特務艦長:海軍中佐 海津 良太郎 T11.11.23:横須賀〜11.26呉 T11.11.28:呉〜11.30佐世保 T11.12.02:佐世保〜12.03徳山 T11.12.07:徳山〜横須賀 T11.12.11:横須賀〜12.14大湊 T11.12.21:大湊〜横須賀 T12.04.28:佐世保〜支那沿岸〜05.20佐世保 T12.12.01:特務艦長:海軍中佐 白木 豐 T13.01.10:横須賀〜01.13大湊01.19〜01.22横須賀 T13.01.--:横須賀〜01.31西戸崎02.05〜02.07舞鶴02.13〜02.15美保関02.18〜02.19徳山 T13.02.22:徳山〜02.23呉 T13.02.24:呉〜横須賀 T13.03.08:特務艦長:海軍中佐 吉武 純藏 T13.03.--:「公稱第一九八五號」水船を搭載 T13.03.08:横須賀〜03.18パラオ T13.03.--:「公稱第一九八五號」水船を陸揚 T13.03.27:パラオ〜04.06横須賀 T13.04.--:横須賀〜04.17呉04.20〜04.21佐世保 T13.04.25:佐世保〜04.27呉04.30〜05.02佐世保 T13.05.05:佐世保〜05.07舞鶴05.12〜05.14呉05.18〜横須賀 T13.06.01:横須賀〜06.05徳山06.07〜06.08佐世保 T13.06.10:佐世保〜06.15馬公06.19〜06.20高雄06.23〜06.27佐世保 T13.06.30:佐世保〜07.01徳山07.07〜07.08呉 T13.07.14:呉〜07.19大湊07.25〜07.29西戸崎07.31〜08.03横須賀 T13.08.27:横須賀〜08.29小笠原島09.02〜09.04横須賀 T13.09.26:官房第2947号:実験用兵器供給の件訓令       信号用煙爆弾B型30個を大演習中実験用として供給 T13.09.27:横須賀〜09.30父島二見10.18〜10.21横須賀 T13.10.24:横須賀〜10.28父島二見10.29〜11.01横須賀 T13.11.15:横須賀〜11.17呉11.19〜11.20佐世保 T13.11.20:特務艦長:海軍中佐 鈴木 勇 T13.11.22:佐世保〜11.25上海11.27〜11.30旅順12.02〜12.04鎮海12.05〜12.06佐世保 T13.12.08:佐世保〜12.09呉 T13.12.14:呉〜12.16横須賀 T13.12.20:横須賀〜12.22呉 T13.12.24:官房第3869号:特設工事撤去の件訓令       大演習期間に仮設したる特設航空母艦設備は撤去し航空機用デリックその他航空機搭載に関する       主要艤装品は出師準備品に編入し横須賀海軍工廠をして保管せしむべし T13.12.24:呉〜12.25佐世保 T13.12.26:佐世保〜12.29横須賀 T14.01.22:横須賀〜01.24呉 T14.01.28:呉〜01.30横須賀 T14.02.10:横須賀〜02.13呉 T14.02.17:呉〜02.19横須賀 T14.02.23:「公稱第三七四號」カッターを搭載 T14.02.26:横須賀〜02.28神戸 T14.02.28:「公稱第三七四號」カッターを神戸市に引渡し T14.03.04:神戸〜03.05呉 T14.03.10:呉〜03.11佐世保 T14.03.14:佐世保〜03.14長崎03.16〜03.17鎮海03.19〜03.20佐世保 T14.03.23:佐世保〜03.24呉03.29〜03.31横須賀 T14.04.10:横須賀〜04.12徳山04.17〜04.17呉 T14.04.21:呉〜04.22佐世保 T14.04.25:佐世保〜04.27古仁屋04.29〜05.02馬公05.08〜05.09高雄 T14.05.12:官房第1667号:旧独〇一潜水艦回航準備工事の件訓令 T14.05.13:高雄〜05.14基隆05.18〜05.21佐世保 T14.05.24:佐世保〜05.24西戸崎05.29〜05.30呉 T14.06.04:(旧「〇一潜水艦」を曳航)呉〜横須賀 T14.06.21:横須賀〜06.24呉 T14.06.27:呉〜06.27徳山 T14.07.03:徳山〜07.06横須賀 T14.07.11:横須賀〜07.14呉 T14.07.17:呉〜07.18神戸07.20〜07.21徳山07.25〜07.27舞鶴 T14.08.02:舞鶴〜08.03杵築08.03〜08.04西戸崎08.09〜08.13横須賀 (08.13-09.15:横須賀在泊中) T14.09.--:横須賀〜09.15呉 T14.09.18:呉〜09.19佐世保 T14.09.22:佐世保〜09.22西戸崎09.25〜09.28横須賀 T14.10.07:横須賀〜10.09徳山10.12〜10.16大湊10.25〜10.27横須賀 T14.11.02:横須賀〜11.05佐世保 T14.11.08:佐世保〜11.10上海11.14〜11.16旅順11.18〜11.19鎮南浦11.22〜11.25佐世保 T14.11.28:佐世保〜11.29徳山12.03〜12.05横須賀 T14.12.01:特務艦長:海軍中佐 高原 昌平 T14.12.03:徳山〜12.05横須賀 T14.12.12:横須賀〜12.15呉12.17〜12.18佐世保 T14.12.21:佐世保〜12.21西戸崎12.25〜横須賀 T15.01.09:特務艦長:海軍中佐 高橋 為次郎 T15.01.14:横須賀〜02.09横須賀 T15.02.18:横須賀〜04.21横須賀 T15.05.01:横須賀〜 T15.08.01:特務艦長:海軍中佐 入江 淵平 T15.10.12:横須賀〜佐世保
T15.11.29:類別等級制定:内令第239号:種別:特務艦、類別:運送艦、艦型:なし T15.12.02:佐世保〜12.21大湊〜12.28横須賀 02.01.19:横須賀〜01.30横須賀 02.03.01:特務艦長:海軍中佐 宇野 積蔵 02.--.--:〜06.17佐世保 02.06.19:佐世保〜 02.09.06:徳山〜佐世保 02.09.08:佐世保〜09.17佐世保  02.09.--:佐世保〜09.27佐世保 02.12.01:特務艦長:海軍中佐 波多野 二郎 02.--.--:佐世保〜12.19佐世保 02.12.20:佐世保〜01.27佐世保 03.06.10:役務:内令第154号:第一豫備特務艦 03.08.10:役務:内令第217号:在役特務艦 03.11.01:内令第307号:大禮特別観艦式参列艦 03.11.09:佐世保〜上海〜11.18佐世保 03.12.10:特務艦長:海軍中佐 佐藤 康逸 04.--.--:佐世保〜07.10佐世保 04.07.11:佐世保〜07.21佐世保 04.07.22:佐世保〜08.23佐世保 04.--.--:佐世保〜09.08佐世保 04.09.08:佐世保〜11.30呉 04.11.30:特務艦長:海軍中佐 庄司 彌一 04.11.30:呉〜12.14呉 04.12.14:呉〜 05.04.10:役務:内令第68号:第一豫備特務艦 05.05.01:本籍:内令第85号:呉鎮守府に変更、役務:第四豫備特務艦
07.04.01:類別等級削除:内令第116号 07.04.01:除籍:内令第117号

同型艦

 なし。

兵装

 四十口径安式八糎砲2門。

写真資料

 雑誌「世界の艦船」海人社 1997年3月号増刊「日本海軍特務艦船史」(P.34)
 雑誌「丸スペシャル」潮書房 No.126「日本の空母I」 (P.73-75)
 「幕末以降帝國軍艦寫眞と史實」S10.11 財團法人海軍有終會 (P.170)
 「海軍第十一巻 小艦艇 特務艦艇 雑役船 特設艦船」誠文図書 S56.09 「海軍」編集委員会(P.90)
 「写真日本海軍全艦艇史」 潟xストセラーズ H06.12 福井静夫 (2677-2680)

前の艦へ ← 運送艦 → 次の艦へ

Homeへ戻る