第百十一號特設輸送艦・第百十一號輸送艦の艦歴

 年 月 日:艦歴

19.02.05:命名:官房軍機密第136号:第百十一號特設輸送艦 19.02.05:内令第298号:呉鎮守府所管と仮定 19.06.01:内令第729号:呉鎮守府所管と仮定したのを解く→陸軍に配分 19.06.13:起工 19.07.10:進水 19.09.05:海軍に移管
19.09.05:命名:達第294号:第百十一號輸送艦 19.09.05:類別等級制定:内令第1035号:種別:輸送艦、等級:二等、艦型:第百一號型 19.09.05:本籍仮定:内令第1048号:呉鎮守府 19.09.05:艤装員長:海軍大尉 藤田 義直 19.09.15:竣工
19.09.15:本籍:内令第1084号:呉鎮守府 19.09.15:戦時編制:聯合艦隊 19.09.15:輸送艦長:海軍大尉 藤田 義直 19.09.25:戦時編制:聯合艦隊第一輸送戦隊 19.10.17:軍隊区分:聯合艦隊電令第468号:南西方面艦隊 19.10.18:軍隊区分:一輸戦電令作第2号:南西部隊、マニラ進出 19.10.21:佐世保〜基隆 19.10.30:基隆〜11.01高雄 19.11.02:(タマ31A船団)高雄〜      〜11.03 0500(N19.51-E121.48)被雷小破〜      〜11.03 0510 「第二十號掃海艇」が敵潜制圧に当たる〜      〜11.03ラポック湾 19.11.04:ラポック湾〜      〜11.04 1627 「第二十號掃海艇」が爆雷攻撃〜      〜11.04 1725 「第二十一號驅潜艇」が爆雷攻撃〜 ?     〜11.04 1745(N15.56-E119.44)被雷中破〜      〜11.04 1748 特設運送船香久丸」被雷、航行不能〜      〜11.04サンタクルーズ 19.11.04:2130 特設運送船「香久丸」遭難者救助のため内火艇を現場に派遣 19.11.05:救助作業員帰艦      対空戦闘 19.11.05:(タマ31A船団)サンタクルーズ〜11.05スービック湾オロンガポ11.06〜11.06シランギン湾 19.11.06:(タマ31A船団)シランギン湾〜11.06マニラ 19.11.23:(多号第五次輸送作戦第一梯団)マニラ〜11.24マスバテ島カタインガン湾11.24〜      〜11.24アンド湾
19.11.24:沈没 20.01.10:類別等級削除:内令第16号 20.01.10:除籍:内令第29号
喪失場所:N12.00-E133.30 バラバオ岬南西15km附近 喪失原因:米陸軍第13航空隊のP-40及びP-47による空爆

同型艦

 第百三號第百二十六號第百二十九號第百四十八號第百五十一號第百六十五號第百七十二號第百七十六號假稱第1584號艦假稱第1588號艦

兵装

(計画時)
 四十口径三年式八糎高角砲1門、九六式二十五粍三聯装機銃2基。

写真資料

 「写真日本海軍全艦艇史」 潟xストセラーズ H06.12 福井静夫(2406)

前の艦へ ← 特設輸送艦 → 次の艦へ

前の艦へ ← 輸送艦 → 次の艦へ

Homeへ戻る