日高丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 M32.09.13:進水、命名:Claverdon --.--.--:竣工、船主:Claverdon Steamship Company, Limited、船籍港:London、      運航:E. Haslehust & Company (Edmund Haslehust)、船舶番号:112611、      登録総噸数:3,230、登録純噸数:2,085、登録長:330.7呎、登録幅:45.7呎、登録深さ:23.9呎
M42.--.--:船主:Duffryn Shipping Company, Limited、船籍港:Cardiff、      運航:Harrison & Company (Osborn W Harrison)に変更 M44.--.--:改名:Normannia、      船主:Wilhelm Kunstmann、船籍港:Stettinに変更       T08.--.--:船主:The Shipping Controller、船籍港:London、      運航:T. L. Duff & Company (Thomas L Duff)、      登録総噸数:3,229、登録純噸数:3,012に変更 T09.12.18:戦時賠償船として引渡を受ける T10.01.--:ハンブルク〜ミドルスバラ01.28〜04.16横浜 T10.04.20:横浜〜04.20横須賀 T10.04.20:海軍省へ管理委託 T10.09.12:逓信省告示第1652号:私設無線電信施設許可、施設者名:栗林商船株式會社 T10.09.30:大藏省へ引渡し、栗林商船株式會社へ貸下(T12.11.20まで) T10.09.--:改名:日高丸、      船主:大藏省、船籍港:東京、船舶番号:28454、登録総噸数:3,733、登録純噸数:2,714、      登録長:330.7呎、登録幅:45.7呎、登録深さ:26.5呎に変更       T11.04.01:栗林商船株式會社と傭船契約締結:横須賀軍港に到着の日より傭入すべきに付      積荷悉皆陸揚を終り一キロ以上の無線電信、三噸以上の冷蔵庫、力量十五噸以上のデリック      及一等客二名以上収容の設備をなし      航海準備を整え大正11年04月06日迄に横須賀軍港へ到着するものとす      〜04.06横須賀 
T11.04.06:入籍:内令第129号:特設運送船(雑用船)、横須賀鎮守府所管、横須賀鎮守府所属 T11.04.06:徴傭授受 T11.04.16:横須賀〜トラック T11.04.20:通牒:経船第8号 T11.05.07:トラック〜05.12パラオ05.27〜アンガウル〜06.07横須賀 T11.06.10:除籍:内令第205号 T11.06.--:解傭
T11.11.20:栗林商船株式會社へ貸下継続(T13.05.20まで) T11.11.20:(第12次)熱田〜11.21横浜11.23〜11.26函館 T11.11.27:大暴風により「御室丸」の船尾と接触 T11.12.06:(第12次)函館〜12.07室蘭12.10〜12.11釧路12.12〜      〜12.19ペトロパブロフスク12.25〜12.30函館 T12.01.03:荷役終了 T13.01.02:逓信省告示第651号(05.03付):私設無線電信廃止 T13.01.02:座礁
T13.01.08:沈没
喪失場所:宗谷岬沖 喪失原因:海難

同型船

 Adato。

兵装

 要調査

写真資料

 要調査

前の船へ ← 特設艦船-大正期 → 次の船へ

Homeへ戻る