延慶丸の船歴

 年 月 日:船歴

19.08.28:起工 19.10.05:進水、命名:延慶丸 19.10.30:竣工
19.10.30:徴傭:船舶運營會陸軍配當船 19.10.30:第65次海軍指定船 19.10.31:玉野〜11.01宇品 19.11.03:宇品〜11.03広11.05〜11.05宇品 19.11.--:積荷2,199t、便乗者167名 19.11.09:宇品〜11.09岩国 19.11.--:積荷189t 19.11.09:岩国〜11.10門司 19.11.--:便乗者1,061名 19.11.15:(ミ27船団)門司〜舵故障〜11.15門司 19.11.30:(ミ29船団)門司〜      〜12.02 0430(N30.14-E128.20)雷撃を受けるが回避〜      〜12.02 ---- 陸軍配當船安藝川丸」、「はわい丸」被雷沈没〜      〜12.02 ---- 爆雷攻撃2個〜      〜高雄 19.12.27:(ヒ85船団)高雄〜01.01キノン湾01.02〜01.02ナトラン湾01.03〜01.04聖雀 20.01.--:聖雀〜昭南 20.01.11:港外疎開中B-29と交戦:短十二糎砲3発、二十五粍機銃46発発射 20.02.--:便乗者200名、重油、椰子油8,000t、錫1,000t、ゴム1,500t搭載 20.02.08:(ヒ88E船団)昭南〜      〜02.15カムラン湾02.16〜02.16クサンデ湾02.17〜      〜02.17 0910(N13.40-E109.19)佛印キノン湾沖にてB-24 1機と交戦〜      〜02.17バタンガン岬02.18〜02.18ツウラン湾02.19〜      〜02.20 2205(N19.40-E108.56)海南島南方海面にてB-24 1機と交戦〜      〜02.21海南海峡02.21〜02.22牛角山南西側02.23〜02.24古雷山正方02.25〜02.28梅散島03.02〜      〜03.02大洋山島03.03〜03.05馬路海03.06〜03.07九里湾03.07〜03.07對馬三浦湾03.08〜      〜03.08六連 20.03.08:六連〜03.09宇品 20.03.09:宇品〜03.10岩国 20.03.14:岩国〜03.15神戸 20.03.17:0200 神戸港第23番浮標繋留荷役待機中、B-29の焼夷弾多数を受け火災発生         短十二糎砲26発、二十五粍機銃2,256発発射      ---- 爆雷8個海中に投棄      1100 鎮火 20.--.--:貨物船に改造 20.04.13:神戸〜04.14玉野 20.04.30:玉野在泊中
20.08.15:残存:SCAJAP No. E-026 24.04.--:解傭

同型船

2AT型戦時標準船

兵装

 短十二糎砲1門、二十五粍単装機銃2基、爆雷8個。

写真資料

 雑誌「世界の艦船」海人社 2014年4月号「改造2A型戦表標船を偲ぶ」
 「日本郵船戦時戦史下巻」S46.05 日本郵船株式会社(P.490)

前の船へ ← 陸軍配當船 → 次の船へ

Homeへ戻る