蓬萊丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 M45.07.01:進水、命名:Indarra M45.11.06:竣工、船主:Australasian United Steam Navigation Company, imited、船籍港:Fremantle、      船舶番号:131639、登録総噸数:9,735、登録純噸数:6.051
T09.--.--:改名:Pays de Waes、      船主:Lloyd Royal Belge (Great Britain), Limited、船籍港:Londonに変更 T12.--.--:船主:Australasian United Steam Navigation Company, imited、船籍港:Fremantleに変更 T13.--.--:改名:蓬萊丸、      船主:大阪商船株式會社、船籍港:大阪、船舶番号:29715、      登録総噸数:9,205、登録純噸数:5.603に変更 03.04.10:門司〜      〜04.10 1300 彦島附近で舵に故障を生じ、座礁〜      〜04.10 2400 自力離礁〜      〜基隆 10.--.--:登録総噸数:9,192、登録純噸数:5.597に変更
16.11.--:徴傭:陸軍病院船 16.11.23:病院船衛生第五七班(曉第六七八〇部隊)乗船 16.11.23:宇品〜11.24大阪11.28〜門司11.28〜12.03奄美大島12.17〜馬公
16.12.03:輸送船隊区分:機密菲島部隊護衛部隊命令第1号:第二輸送船隊第五分隊(船番号:7) 16.12.18:(第二輸送船隊病院船)馬公〜      〜12.19 0530 第一護衛隊に合同〜      〜12.20 0540 第三護衛隊が合同〜      〜12.22リンガエン湾 16.12.--:リンガエン〜12.24ラモン湾〜アチモナン 16.12.--:患者88名乗船 16.12.30:アチモナン〜01.04高雄 17.01.04:患者88名退船 17.01.15:高雄〜01.17リンガエン01.19〜基隆01.23〜01.27宇品
17.01.27:機密蘭印部隊第三護衛隊命令第1号:第十六軍第四次輸送 17.01.29:宇品〜02.04高雄 17.02.06:(第四次回航船団)高雄〜      〜02.09 駆逐艦「旗風」が護衛に就く〜      〜02.10カムラン湾 17.02.01:輸送船隊区分:機密蘭印部隊第三護衛隊命令第2号:第三嚮導隊第三船隊第一分隊(船番号:6) 17.02.18:(西部ジャワ攻略作戦:第三船隊第一分隊)カムラン湾〜      〜02.20 1800 驅逐艦「文月」、同「春風」、同「松風」、同「旗風」が燃料補給の為分離〜      〜02.21 0800 巡洋艦「由良」、第十一驅逐隊、第十二驅逐隊、第一掃海隊が合同〜      〜02.21 1000 驅逐艦「皐月」、同「長月」、同「朝風」が燃料補給の為分離〜      〜02.21 1700 水雷艇千鳥」が合同〜      〜02.21 2100 運送艦鶴見」が合同〜      〜02.21 1800 驅逐艦「文月」、同「春風」、同「松風」、同「旗風」が合同〜      〜02.22 1200 ス作戦、ヤ作戦の上陸開始期日を1日延期〜      〜02.22 1400 第三護衛隊はアナンバス南東海面にて1日行程反転〜      〜02.23 1400 再度反転、南下開始〜      〜02.25 0920 驅逐艦「吹雪」、同「春風」が列に入る〜      〜02.26 1900 驅逐艦「水無月」、「第五號掃海艇」が列を解き第三嚮導隊に合同〜      〜02.27 0500 第三嚮導隊が分離〜      〜02.27 1030(S04.25-E106.40)輸送船隊反転〜      〜02.27 1048 巡洋艦「名取」、同「由良」、第十一、第十二驅逐隊は敵方に進出攻撃に向かう〜      〜02.27 1515 上陸日を更に1日繰り下げられる〜      〜02.28 0120 驅逐艦「松風」が分離〜      〜02.28 0415 巡洋艦「名取」、同「由良」、第十一、第十二驅逐隊が合同〜      〜02.28 2020 第二嚮導隊が分離〜      〜02.28 2100 泊地進入〜      〜02.28 2300 驅逐艦「春風」が蘭監視艇を発見、驅逐艦「初雪」と協力、砲撃破壊、擱坐させる〜      〜02.28 2315 バンタム湾入泊 17.03.01:0030 上陸成功
17.03.01:大破擱坐 17.03.01:解傭
喪失場所:S05.55-E106.07 バンタム湾 喪失原因:巡洋艦「最上」の雷撃

同型船

 なし。

兵装

 要調査。

写真資料

 雑誌「海と空」臨時増刊「日本船舶画報」S12.06 海と空社 (P.37)
 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1992年8月号「日本商船隊の懐古 No.157」山田早苗
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本の客船(1)」(P.171)
 雑誌「世界の艦船」海人社 別冊「日本客船の黄金時代1939〜41」(P.65)
 雑誌「丸エキストラ戦史と旅」26 潮書房
 「船舶百年史前篇」有明書房 S32.09 上野喜一郎(P.121)
 「日本陸軍の航空母艦」大日本絵画 H23.06 奥本剛(P.54-55)
 「商船三井船隊史」 H21.04 野間恒(P.88)
 「商船三井 船舶史 1884-2010」 H22.12 木津重俊
 "Australian National Maritime Museum", Object No: 00020182, 00041702, ANMS1256[395], ANMS0047[403], ANMS0047[404]
 "Australian War Memorial", Accession Number: H13970
 "Maritime Museum of Tasmania", Object number: P_Sle_13_35
 "Royal Museums Greenwich", Object ID: G10680, G10681, G10682, G10683, G10684, G10685, G10686, G10687, G10688
 "Scottish Built Ships"
 "State Library of New South Wales", Call Number: PXE 722/1790-1794
 "State Library of Queensland", Negative number: 131929, 131887, 131888, 66301
 "State Library of South Australia", PRG 280/1/14/76
 "State Library of Victoria", Identifier: H91.108/896, H91.108/899, H91.325/557, H91.325/558, H2000.190/44
 "State Library of Western Australia", slwa_b3148313_1

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る