第十七眞盛丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 T08.--.--:進水、命名:Lake Fielding T08.09.--:竣工、船主:U. S. Shipping Board、船籍港:San Francisco、船舶番号:218767、      登録総噸数:2,571
T15.--.--:改名:Confucius、      船主:Kwong Hang Hing Co.、船籍港:Cantonに変更 02.--.--:船主:Kung Chung Steamship Company, Limitedに変更 03.--.--:改名:第十七眞盛丸、      船主:原商事株式會社、船籍港:京都府府中、船舶番号:33225、      登録総噸数:2,556、登録純噸数:1,479に変更 16.--.--:船籍港:大阪に変更
16.09.13:徴傭:一般徴傭船(雑用船)、横須賀鎮守府所管、横須賀鎮守府配属 16.11.24:解傭
17.11.25:徴傭:陸軍 17.11.25:宇品〜11.26釜山 17.12.--:釜山〜12.20ラバウル 17.12.28:ラバウル〜01.12ダバオ 18.01.24:ダバオ〜01.24マニラ 18.02.15:マニラ〜02.18高雄 18.02.21:高雄〜02.23神戸 18.03.19:門司〜03.20釜山03.29〜04.02門司 18.04.03:佐伯〜04.12パラオ 18.05.09:パラオ〜05.14セブ〜05.28ダバオ 18.06.01:ダバオ〜06.09ザンボアンガ〜06.14セブ06.16〜06.18マニラ 18.06.27:マニラ〜06.30高雄 18.07.01:高雄〜07.09宇品 18.10.01:宇品〜10.20高雄 18.10.24:高雄〜10.27マニラ 18.10.28:マニラ〜11.04セブ11.24〜11.26タンドック12.01〜12.11マニラ 18.12.11:マニラ〜12.12セブ12.23〜ワシレ〜01.07ソロン〜02.01ワシン02.02〜02.06アンボン 19.02.--:アンボン〜マカッサル〜コタバル〜02.26スラバヤ 19.04.12:スラバヤ〜      〜04.13 1830 ハーテンビースト島に仮泊〜      〜04.14 0000 仮泊地発〜      〜04.14 2000 ラワン泊地仮泊〜      〜04.15 0400 仮泊地発〜      〜04.15 2400 ビマ湾仮泊〜      〜04.16 0500 仮泊地発〜      〜04.17マウメラ 19.04.17:1100 荷役を開始 19.04.18:1300 荷役を終了 19.04.18:マウメラ〜      〜04.19 1930 ビマ湾仮泊〜      〜04.20 0900 「第十二號掃海艇」を横付け、石炭50t、真水10t供給〜      〜04.20 1220 「第十二號掃海艇」が横付離す〜      〜04.21 0100 仮泊地発〜   〜04.21 2130 ラワン泊地仮泊〜      〜04.22 0130 仮泊地発〜   〜04.23スラバヤ 19.05.12:スラバヤ〜ジャカルタ 19.05.22:ジャカルタ〜05.23昭南 19.05.24:昭南〜05.29ビンタン06.02〜06.04昭南 19.06.05:昭南〜06.13ミリ〜ラブアン07.09〜07.10昭南 19.07.11:昭南〜07.15セレター〜ラブアン08.05〜08.09ミリ 19.08.--:カッチ搭載 19.08.16:(ミシ06船団)ミリ〜08.20昭南 19.08.--:昭南〜パレンバン09.02〜09.02昭南 19.09.03:昭南〜09.16ミリ 19.09.--:ミレイ〜09.29クダット09.30〜サンダカン10.01〜10.05クダット〜ミリ 19.10.18:ミリ〜10.25昭南 19.10.26:昭南〜10.27ベラワン11.10〜11.14昭南 19.12.11:昭南〜12.12パレンバン12.18〜12.21昭南 19.12.24:昭南〜12.27聖雀
20.01.12:沈没 20.01.12:解傭
喪失場所:聖雀泊地 喪失原因:米第38機動部隊艦載機による空爆

同型船

(米国第一次大戦戦時標準船 EFC Design 1099)
 Lake Fannin、Lake Farabee、Lake Farber、Lake Faribault、Lake Fariston、Lake Farley、
 Lake Fernalda、Lake Ferrona、Bartholomew、Lake Fanbush、Lake Faulk、Lake Fansdale、
 Lake Fanquier、Lake Favonia、Lake Faxon、Lake Felden、Lake Hachita、Lake Fellowship、
 Lake Felton、Lake Fenn、Lake Feodora、Lake Fergus、Lake Farlin、Lake Farmingdale、
 Lake Farragut、Lake Farrar、Lake Stobi、Lake Falama、Lake Fernando、Lake Gazette、
 Lake Gebhart、Lake Gera、Lake Gert、Lake Getaway、Lake Geyser、Lake Giddings、
 Lake Gilboa、Lake Gilpen、Lake Gilta、Lake Giltedge、Lake Girth、Lake Gitano(とよひめ丸)、
 Lake Glasco、Lake Fablus、Lake Fabyan、Lake Fackler、Lake Fagundus、Lake Fairfax、
 Lake Fairlie、Lake Inglenook、Lake Fairport、Detroit Wayne、McCreary County、Lake Falfa、
 Hancock County、Lake Treba、Lake Falun、Lake Tippah、Lake Fandango、Lake Fandon、
 Lake Flagon、Lake Flagstaff、Lake Flambeau、Lake Flanders、Lake Flatonia、Lake Flattery、
 Lake Strymon、La Crosse、Fargo、Sioux Falls、Great Falls、Lake Floravista、Lake Florian、
 Lake Floris、Lake Flournoy、Lake Festina、Lake Festus、Lake Fibre、
 Lake Fife、Lake Figart、Lake Fighting、Lake Filbert、Lake Fillion、Lake Fillmore(大鳥丸)、
 Lake Filson、Lake Fincastle、Lake Fine、Lake Finkton、Lake Finney、Lake Firth(東郷丸)。

兵装

 機銃2基。

写真資料

 "ONI 208-J Japanese Merchant Ships Recognition Manual" (P.156)
 小樽市博物館所蔵(14-5)

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る