長順丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 T07.07.07:進水、命名:長順丸 T07.09.19:竣工、登録総噸数:2,213、登録純噸数:1,308
T08.--.--:登録総噸数:2,245、登録純噸数:1,334に変更 T12.11.30:大連〜12.06横浜 T13.09.24:営口〜大連〜神戸〜大阪〜10.04横浜 T15.03.06:関門彦島沖にて「日南丸」と衝突し弟子待海岸に擱坐 T15.--.--:登録純噸数:1,324に変更 09.--.--:登録総噸数:2,246、登録純噸数:1,280に変更 15.07.27:定期検査完了
16.10.01:徴傭:陸軍 16.10.30:黄埔〜10.31基隆
16.12.03:輸送船隊区分:機密菲島部隊護衛部隊命令第1号:第一輸送船隊第一分隊(船番号:4) 16.12.18:(第一輸送船隊)高雄〜      〜12.19 0530 第二護衛隊が合同〜      〜12.20 0540 第三護衛隊が合同〜      〜12.22リンガエン湾 16.12.--:軍需品揚陸 16.12.31:リンガエン〜01.07基隆01.28〜01.29高雄 17.01.29:高雄〜02.07リンガエン02.19〜02.23基隆02.27〜02.28高雄 17.03.15:高雄〜03.20リンガエン03.25〜03.28基隆03.30〜04.10九龍 17.04.11:九龍〜04.13黄埔04.25〜04.29九龍 17.04.30:九龍〜05.17基隆05.28〜05.29九龍 17.06.22:九龍〜06.27マニラ06.28〜07.08高雄 17.07.28:高雄〜07.30海防08.26〜08.27バタビヤ 17.09.20:バタビヤ〜09.25スラバヤ 17.09.26:スラバヤ〜09.28パレンバン10.25〜10.27スラバヤ 17.11.20:スラバヤ〜11.24パレンバン11.25〜11.26昭南 17.12.27:昭南〜01.01パレンバン01.04〜01.07昭南 18.01.12:昭南〜01.13パレンバン01.26〜01.30バタビヤ 18.02.01:バタビヤ〜02.06パレンバン02.09〜02.12昭南 18.02.14:昭南〜02.16ブライ03.07〜03.08パレンバン03.16〜03.17昭南 18.03.21:昭南〜03.23パレンバン03.24〜03.26昭南 18.04.26:昭南〜04.30盤谷 18.04.30:解傭
18.06.23:(第275船団)高雄〜      〜06.26 1935 「第三十六號哨戒艇」が陸軍徴傭船やすくに丸」捜索〜      〜06.27 0500 「第三十六號哨戒艇」、陸軍徴傭船「やすくに丸」が船団に合同〜      〜06.28 0645 白瀬灯台の300度35浬にて船団より分離〜      〜三池 18.08.22:第9次海軍指定船 18.08.29:「K龍丸」と衝突
18.08.29:沈没
喪失場所:N34.28-E128.55 對馬浅茅湾口北西34km附近 喪失原因:事故

同型船

(霧島丸型)
 霧島丸、養老丸、第二萬榮丸、第二養老丸、さち丸、~jロ、~島丸、大連丸。

兵装

 野砲、機銃2基。

写真資料

 雑誌「船の科学」船舶技術協会 1993年7月号「日本商船隊の懐古 No.168」山田早苗
 「日本汽船件名録 第七版」
 「日本汽船件名録 第八版」
 「日本汽船件名録 第九版」
 「日本汽船件名録 第十版」
 「日本汽船件名録 第十一版」

前の船へ ← 陸軍輸送船 → 次の船へ

Homeへ戻る