志摩丸の船歴

 年 月 日:船歴

T--.--.--:起工 T09.03.--:進水、命名:志摩丸  T09.--.--:竣工、帝國汽船株式會社、船籍港:三重縣鳥羽、      登録総噸数:1,975、登録純噸数:1,153
T11.--.--:船籍港:神戸に変更 T12.--.--:船主:大日本鹽業株式會社、船籍港:和歌山縣江住、      登録総噸数:1,982、登録純噸数:1,150に変更 03.04.02:船主:攝津商船株式會社、船籍港:京都府府中、      登録総噸数:1,987、登録純噸数:1,149に変更 16.--.--:船籍港:大阪に変更 18.11.16:船主:大阪商船株式會社に変更
19.03.24:徴傭:一般徴傭船(雑用船)、横須賀鎮守府所管、海軍省配属 19.03.27:横浜〜04.10トラック04.11〜04.13ポナペ04.16〜04.19トラック 19.04.23:トラック〜05.04横浜 19.05.13:横浜〜05.13横須賀05.17〜05.20大阪 19.05.22:名村造船所にて入渠修理工事着手 19.06.13:名村造船所にて修理工事完了 19.06.--:大阪〜      〜06.16 0730 市江埼通過東航(予定)〜      〜横浜 19.06.29:(第3628船団)横浜〜07.02二見 19.07.03:1500 小笠原部隊信電令作第85号:速やかに出撃、北西方方面に避退せよ 19.07.03:1601 父特根機密第031601番電:船団避退を取止む帰投せよ 19.07.04:二見〜07.04瀧之浦
19.07.04:沈没  19.08.31:解傭
喪失場所:N27.07-E142.12 小笠原諸島兄島瀧之浦湾 喪失原因:米第58機動部隊艦載機による空爆

同型船

 朝龍丸、峯丸、生駒丸、元永丸、~路丸、伊吹丸、第一大寶丸

兵装

 要調査

写真資料

 「商船が語る太平洋戦争」H14.05 野間恒(P.303)
 「商船三井船隊史」 H21.04 野間恒(P.192)
 「商船三井 船舶史 1884-2010」 H22.12 木津重俊

前の船へ ← 一般徴傭船(雑用船) → 次の船へ

Homeへ戻る