雄鳳丸の船歴

 年 月 日:船歴

18.06.01:起工 18.08.20:進水、命名:雄鳳丸 18.10.11:竣工、船主:飯野海運産業株式會社
18.10.11:徴傭授受 18.10.12:長崎〜10.12佐世保 18.10.15:入籍:内令第2169号:特設運送船(給油船)、佐世保鎮守府所管
18.10.15:戦時編制:佐世保鎮守府配属、特設運送船(乙) 18.10.16:佐世保〜10.16長崎 18.10.25:戦時編制:海軍省配属、佐世保鎮守府所属 18.10.26:長崎〜10.27徳山10.28〜10.28門司11.03〜11.08高雄11.10〜      〜11.10馬公11.21〜11.26聖雀11.28〜 19.03.01:戦時編制:聯合艦隊所属 19.03.16:昭南〜03.27パラオ 19.04.01:船主:飯野海運株式會社、船籍港:東京に変更 19.--.--:川崎重工業株式會社にて兵装設備工事 19.05.20:タウイタウイ〜   〜05.21 驅逐艦「秋月」護衛終了、帰投〜      〜05.21タラカン 19.06.09:タラカン〜06.12バリックパパン06.17〜06.24ギマラス 19.06.26:ギマラス〜06.27ザンボアンガ06.29〜06.30タウイタウイ07.01〜      〜07.05バリックパパン07.10〜07.22マニラ07.26〜08.05呉 19.08.25:給油船(甲)に変更 19.09.06:呉〜09.07門司 19.09.07:(ヒ75船団)門司〜09.07六連島09.08〜09.13高雄09.14〜 19.09.14:機関故障〜      〜09.22昭南 19.09.23:昭南〜09.25パレンバン09.26〜09.26ムントク 19.09.26:特設運送船日榮丸」に重油補給 19.09.--:特設運送船良榮丸」に重油補給 19.09.27:ムントク〜09.28パレンバン09.29〜10.01セレター 19.10.--:戦艦「長門」「扶桑」に補給 19.10.05:セレター〜10.06パレンバン10.07〜10.08昭南10.10〜10.11パレンバン10.12〜      〜10.13昭南10.14〜10.14リンガ泊地〜昭南 19.10.18:彼南根電令作第44号:第三十四號掃海艇は準備出来次第出港、第四驅逐隊司令の命を受け      「雄鳳丸」「八紘丸」船団の護衛 19.10.18:昭南〜10.21ブルネイ 19.10.23:ブルネイ〜10.24ミリ10.27〜10.27ブルネイ 19.10.31:ブルネイ〜10.31ミリ 19.11.26:(N04.54-E114.07)ボルネオ北西岸バラム岬北北東35km付近にて雷撃を受け曳航される〜ミリ
19.12.02:防水が成功せず沈没 20.01.10:除籍:内令第35号 20.01.10:解傭
喪失場所:ミリ 喪失原因:米潜水艦Pargo(SS-264)の雷撃

同型船

1TM型戦時標準船

兵装

 (19.08.20現在)
 短八糎砲1門、二十五粍二聯装機銃4基、同単装機銃2基、爆雷16個、九三式水中聴音機1基

写真資料

 「船舶史稿」船舶部会「横浜」第十二巻(P.141)
 「飯野60年の歩み」 S34.07 飯野海運株式会社(P.77,492)

前の船へ ← 特設運送船(給油船) → 次の船へ

Homeへ戻る