第一繁伍丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 19.04.--:進水、命名:第一繁伍丸 --.--.--:竣工
19.--.--:農林省徴傭、特殊漁船
19.09.01:徴傭 19.09.10:入籍:内令第1055号:特設監視艇、横須賀鎮守府所管
19.10.05:特設監視艇隊編制:内令第1153号:第五監視艇隊 19.10.05:戦時編制:聯合艦隊第二十二戦隊第五監視艇隊 19.10.05:軍隊区分:第一小隊 19.10.05:監視艇長:海軍兵曹長 清水 正雄 19.10.05:横須賀海軍工廠にて訓令及び改造工事中 19.10.20:九六式二十五粍単装機銃1基、十三粍単装機銃2基、二式爆雷4個、      仮称三式一号電波探信儀三型1組装備工事(10.28まで) 19.10.28:横須賀〜10.28横浜 19.10.31:横浜〜哨戒〜11.13横浜 19.11.27:横浜〜11.27横須賀 19.11.27:横須賀海軍工廠にて主機械ピストン熱除板及び耳軸裏金換装、      二十五粍単装機銃1基増備工事(12.22まで) 19.12.22:横須賀〜12.22横浜 19.12.27:横浜〜哨戒〜01.29横浜 20.02.01:横須賀海軍工廠にて修理 20.02.03:一三号電波探信儀空中線装置工事(02.12まで) 20.02.12:基地へ移動 20.02.15:横浜〜      〜02.16 駿河湾石室埼灯台の275度9浬沖にて対空戦闘:          上甲板に80数箇所、左舷舷側水線下3箇所に被弾、前部倉庫浸水、     応急修理により航行差支なし〜      〜02.16伊豆木浦〜      〜02.17 (N34.35-E139.40)対空戦闘:          2月16日からの戦闘で二十五粍機銃130発、十三粍機銃200発発射〜      〜02.19横浜 20.02.20:特設監視艇隊編制:内令第159号:第五監視艇隊の項を削る
20.02.20:特設監視艇隊編制:内令第159号:第四監視艇隊 20.02.20:戦時編制:聯合艦隊第二十二戦隊第四監視艇隊 20.--.--:軍隊区分:乙哨戒部隊甲隊第二小隊 20.03.18:桜島北方錨地にて対空戦闘 20.03.24:鹿児島〜西哨戒線哨戒〜       〜03.26 (N32.47-E130.06)対空戦闘〜      〜03.28 (N30.24-E134.50)対空戦闘〜 20.05.18:軍隊区分:海軍総隊電令第26号:第五特攻戦隊指揮下 20.05.18:軍隊区分:佐世保鎮守府信電令作第127号:第二特攻部隊 20.05.25:鹿児島〜05.25西之表05.26〜05.26鹿児島 20.05.27:鹿児島〜05.27西之表05.28〜05.28鹿児島 20.05.31:鹿児島〜05.31西之表 20.06.07:鹿児島〜      〜06.08 潜水艦の雷撃を受けるが回避、対潜戦闘:爆雷投下〜      〜佐世保 20.06.15:軍隊区分:佐世保鎮守府信電令作第---号:對馬海峡方面部隊 20.06.15:軍隊区分:對馬海峡方面部隊電令作第-号:北九州防備部隊 20.08.10:特設監視艇隊編制:内令第729号:特設監視艇隊編制を廃止
20.08.10:除籍:内令第730号 20.08.15:残存 20.08.31:解傭

同型船

 要調査

兵装

 九六式二十五粍単装機銃1基、十三粍単装機銃2基、二式爆雷4個、
 仮称三式一号電波探信儀三型1組。

(19.12)
 九六式二十五粍単装機銃2基、十三粍単装機銃2基、二式爆雷4個、
 仮称三式一号電波探信儀三型1組。

写真資料

 なし

前の艇へ ← 特設監視艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る