宮城丸の船歴

 年 月 日:船歴

08.08.--:起工 09.02.--:進水、命名:宮城丸 09.07.--:竣工
10.01.--:〜01.20鮪漁場調査01.27〜
10.05.04:〜05.10鰹漁場調査06.21〜06.23 10.07.--:〜07.06鰹漁場調査08.09〜 11.10.--:(鮪漁場調査第1次航)10.08〜10.18 11.11.--:(鮪漁場調査第2次航)11.01〜11.15 11.11.--:(鮪漁場調査第3次航)11.29〜12.17 11.01.14:(鮪漁場調査第4航海)気仙沼〜02.05気仙沼
11.05.02:(鰹漁場調査第1次航)三崎〜05.14三崎 11.05.14:(鰹漁場調査第2次航)三崎〜05.18三崎 11.05.20:(鰹漁場調査第3次航)三崎〜06.04三崎 11.06.07:(鰹漁場調査第4次航)三崎〜06.16三崎 11.06.18:(鰹漁場調査第5次航)三崎〜07.01気仙沼 11.07.07:(鰹漁場調査第6次航)三崎〜07.22気仙沼 11.07.22:(鰹漁場調査第7次航)気仙沼〜07.29気仙沼 11.08.02:(鰹漁場調査第8次航)志津川〜08.20気仙沼 11.08.27:(鰹漁場調査第9次航)気仙沼〜08.31気仙沼 11.09.03:(鰹漁場調査第10次航)気仙沼〜09.09気仙沼 11.10.02:(鮪漁場調査第1次航)気仙沼〜11.09気仙沼 11.11.15:(鮪漁場調査第2次航)気仙沼〜12.10三崎 12.01.05:(鮪漁場調査第3次航)気仙沼〜01.21気仙沼 12.01.26:(鮪漁場調査第4次航)気仙沼〜02.07気仙沼
12.05.11:(鰹漁場調査第1次航)三崎〜05.15三崎 12.05.17:(鰹漁場調査第2次航)三崎〜05.24三崎 12.05.27:(鰹漁場調査第3次航)三崎〜06.02三崎 12.06.03:(鰹漁場調査第4次航)三崎〜06.07気仙沼 12.06.10:(鰹漁場調査第5次航)三崎〜06.16気仙沼 12.06.16:(鰹漁場調査第6次航)三崎〜06.23気仙沼 12.06.24:(鰹漁場調査第7次航)気仙沼〜07.06三崎 12.07.07:(鰹漁場調査第8次航)三崎〜07.10気仙沼 12.07.11:(鰹漁場調査第9次航)気仙沼〜07.23気仙沼 12.07.26:(鰹漁場調査第10次航)気仙沼〜08.02気仙沼 12.08.05:(鰹漁場調査第11次航)気仙沼〜08.18気仙沼
13.11.06:(鮪漁場調査第1次航)気仙沼〜12.04気仙沼 13.12.10:(鮪漁場調査第2次航)気仙沼〜12.28気仙沼 14.01.05:(鮪漁場調査第3次航)気仙沼〜02.04三崎 14.02.09:(鮪漁場調査第4次航)三崎〜03.13気仙沼
14.11.21:(鮪漁場調査第1次航)気仙沼〜12.11気仙沼 14.12.16:(鮪漁場調査第2次航)気仙沼〜01.18気仙沼
15.12.04:(鮪漁場調査第1次航)気仙沼〜12.18三崎
16.05.28:(鰹漁場調査第1次航)三崎〜06.16女川 16.06.24:(鰹漁場調査第2次航)三崎〜07.02三崎 16.07.05:(鰹漁場調査第3次航)三崎〜07.09鮎川 16.07.15:(鰹漁場調査第4次航)鮎川〜07.21気仙沼 16.07.27:(鰹漁場調査第5次航)気仙沼〜08.04気仙沼 16.--.--:(鰹漁場調査第6次航) 16.--.--:(鰹漁場調査第7次航) 16.09.13:(鰹漁場調査第8次航)気仙沼〜09.17気仙沼
17.01.03:借用:地方徴傭船(監視船)、横須賀海軍警備隊配属 17.01.03:借用授受 17.01.03:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第33号:附属防空監視船 17.01.04:借用発令 17.01.05:警備部隊に附属 17.01.06:横須賀〜北緯33度より37度、東経140度より144度間〜横須賀(17.05.31までに5回) 17.01.28:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第45号:警備部隊補助監視船 17.03.19:横鎮機密第72番電:03.21頃特哨区からNイロ2に配備変更 17.04.01:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第72号:警備部隊補助監視船 17.04.06:海面防備部隊機密第838番電:不時着した横須賀航空隊九九式艦爆捜索 17.04.10:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第74号:直卒部隊補助監視船 17.04.16:横鎮機密第354番電:04.18イロ区N2配備 17.05.01:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第78号:直卒部隊補助監視船 17.06.15:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第99号:直卒部隊補助監視船 17.06.--:横須賀〜北緯33度より37度、東経140度より144度間〜横須賀(17.11.30までに5回) 17.06.28:横鎮機密第6番電:06.27第二哨戒線配備 17.07.29:横鎮機密第267番電:07.30第二哨戒線に配備 17.09.25:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第126号:直卒部隊補助監視船 17.11.18:第二哨戒線に配備 17.12.11:横鎮機密第557番電:12.11第二哨戒線に配備 17.12.10:横須賀〜北緯33度より37度、東経140度より144度間〜12.24横須賀 18.01.03:横須賀〜01.04第二哨戒線に配備〜01.17横須賀 18.05.13:横須賀〜北緯33度より37度、東経140度より144度間〜05.28横須賀 18.06.05:機密横須賀鎮守府命令第159号:第二哨戒線哨戒任務 18.06.06:横浜〜06.06三崎 18.06.07:三崎〜06.08第二哨戒線六番哨区哨戒〜06.23横須賀 18.06.30:横須賀〜北緯33度より37度、東経140度より144度間〜07.16横須賀 18.07.24:横須賀〜北緯33度より37度、東経140度より144度間〜08.09横須賀 18.08.29:横須賀〜北緯33度より37度、東経140度より144度間〜09.15横須賀 18.09.23:横須賀〜北緯33度より37度、東経140度より144度間〜10.12横須賀 18.10.17:横須賀〜北緯33度より37度、東経140度より144度間〜11.06横須賀 18.11.--:館山海軍航空隊八丈島派遣隊設営資材搭載 18.11.25:横須賀〜八丈島〜11.28横須賀 19.06.--:軍隊区分:横須賀鎮守府海面防備部隊東京湾部隊第一補助監視船隊 19.06.01:母島輸送任務中〜06.02浦賀 19.06.04:横須賀にて機械修理(06.25まで) 19.06.27:浦賀〜第二哨戒線哨戒〜07.12浦賀 19.07.21:浦賀〜八丈及び母島輸送任務〜07.31浦賀
19.08.01:借用
19.08.04:0040 敵潜水艦の雷撃を受け沈没
19.08.20:入籍:内令第981号:特設監視艇、横須賀鎮守府所管 19.08.20:内令第982号:横須賀防備隊所属 19.08.--:軍隊区分:横須賀鎮守府海面防備部隊東京湾部隊第一特設監視艇隊 20.07.15:戦時編制:横須賀鎮守府部隊第一特攻戦隊横須賀防備隊 20.09.15:戦時編制:横須賀鎮守府部隊横須賀防備隊 20.11.30:除籍:第301730番電 20.11.30:返却
喪失場所:N29.10-E141.00 父島列島北ノ島北西210km付近 喪失原因:米潜水艦Sterlet(SS-392)の攻撃

同型船

 なし

兵装

 要調査

写真資料

宮城県水産研究開発センター」(閉鎖)
 「株式会社パーベル-宮城県水産高等学校」

前の船へ ← 補助監視船 → 次の船へ

前の艇へ ← 特設監視艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る