第拾振興丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 14.01.--:進水、命名:第拾振興丸 --.--.--:竣工
--.--.--:
16.09.27:徴傭 16.10.05:入籍:内令第1194号:特設監視艇、横須賀鎮守府所管
16.11.05:内令第1355号:横須賀防備隊所属 16.11.05:戦時編制:横須賀鎮守府部隊横須賀防備戦隊横須賀防備隊
16.11.20:内令第1494号:横須賀海軍警備隊所属 16.11.20:戦時編制:横須賀鎮守府部隊横須賀海軍警備隊 16.11.24:監視艇長:海軍兵曹長 小林 好太郎 16.12.06:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第14号:警備部隊特設監視艇(乙) 16.12.08:横警隊機密第1番電:12月10日準備出来次第成るべく速に横須賀発警備戦隊に合同 16.12.12:0700 N七哨区着 17.01.16:監視艇長:海軍兵曹長 渡邊 勝志 17.01.28:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第45号:警備部隊特設監視艇(乙) 17.01.24:横警部隊機密第163番電:哨区O六 17.02.02:能代丸機密第196番電:02.03 1600哨区発帰港 17.02.18:警備部隊機密第176番電:第三哨戒隊N六 17.02.24:警備部隊機密第250番電:第三哨戒隊N六 17.03.06:警備部隊機密第275番電:03.07 0800哨区発帰投 17.04.01:軍隊区分:機密横須賀鎮守府命令作第72号:警備部隊特設監視艇(乙)
17.04.10:特設監視艇隊編制:内令第657号:第三監視艇隊 17.04.10:戦時編制:聯合艦隊第五艦隊第三監視艇隊 17.04.--:第二分隊B:第二小隊(320) 17.04.10:監視艇長:海軍兵曹長 渡邊 勝志 17.04.11:横須賀海軍工廠にて上架、修理及び清掃塗粧 17.04.21:修理完了 17.04.22:下架 17.04.26:横須賀〜哨区哨戒〜04.30釧路 17.05.--:第一聯隊第二小隊 17.05.06:釧路〜ヨ哨戒線ヌ配備点哨戒〜05.23横須賀 17.05.22:官房機密第657番電:兵器供給:九二式七粍七単装機銃A型(三脚架附)、      仮称40瓩発煙筺5個以内、発煙浮筺用筺嚢3個以内、      九五式爆雷(九五式爆雷改二)完備4個以内、落下傘一型爆雷と同数、      仮装投下台を装備 17.05.23:監視艇長:海軍兵曹長 高橋 幸藏 17.05.25:爆雷投下台、九五式爆雷2個、七粍七単装機銃1基、模擬機銃1基装備工事(05.30まで) 17.05.29:渡邊兵曹長退艇 17.05.--:軍隊区分:第三哨戒隊第七小隊一番艇(371) 17.05.31:横須賀〜ト哨戒線ヌ配備点哨戒〜06.21横須賀 17.07.24:軍隊区分:第三哨戒隊第六小隊三番艇 17.07.28:出渠 17.07.29:横須賀〜タ哨戒線リ配備点哨戒〜08.12横須賀 17.08.24:軍隊区分:第三哨戒隊第三小隊一番艇 17.08.25:横須賀〜レ哨戒線リ配備点哨戒〜      〜08.30 0934 特設砲艦第一雲洋丸」と会合〜      〜09.01 1718 特設砲艦「第一雲洋丸」と会合〜      〜09.08横須賀 17.09.17:軍隊区分:第三哨戒隊第三小隊三番艇 17.09.18:横須賀〜レ一哨戒線ル配備点哨戒〜      〜09.25 1530 特設砲艦「第一雲洋丸」と会合〜      〜10.05横須賀 17.10.05:荒天による破損箇所修理(10.12まで) 17.10.10:軍隊区分:第三哨戒隊第一小隊三番艇 17.10.13:横須賀〜ア哨戒線ヤ配備点哨戒〜10.29横須賀 17.11.07:軍隊区分:第三哨戒隊第一小隊一番艇 17.11.09:横須賀〜エ哨戒線ヨ配備点哨戒〜11.28横須賀
17.11.25:戦時編制:聯合艦隊第五艦隊第二十二戦隊第三監視艇隊 17.12.15:軍隊区分:機密第三監視艇隊命令第2号:第三哨戒隊第三小隊一番艇 17.12.21:横須賀〜エ哨戒線ミ配備点哨戒〜01.10横須賀 18.01.09:監視艇長:海軍兵曹長 櫻井 英 18.01.14:高橋兵曹長退任 18.01.29:軍隊区分:機密第三監視艇隊命令第3号:第三哨戒隊甲直第一小隊四番艇 18.01.31:横須賀〜エ哨戒線モ配備点哨戒〜      〜02.13 1012 特設砲艦「第一雲洋丸」と会合、交信〜      〜02.17横須賀 18.03.01:入渠、船体修理及び清掃塗粧 18.04.27:出渠、修理完成 18.04.23:軍隊区分:機密第三監視艇隊命令第6号:第三哨戒隊第四小隊二番艇 18.04.29:横須賀〜ヌ哨戒線ソ配備点哨戒〜05.12横須賀 18.05.19:横須賀〜05.27幌筵 18.05.19:監視艇長:海軍兵曹長 下口谷 伊三郎 18.06.05:軍隊区分:機密第三監視艇隊命令第7号:第三哨戒隊第二小隊四番艇(371) 18.06.05:幌筵〜F哨戒線4配備点哨戒〜06.22幌筵 18.06.26:軍隊区分:機密第三監視艇隊命令第8号:第三哨戒隊第二小隊四番艇 18.06.28:幌筵〜擂鉢湾湾口5浬圏内対潜掃蕩〜07.02幌筵 18.07.--:監視艇長:海軍兵曹長 下口谷 伊三郎 18.07.19:軍隊区分:機密第三監視艇隊命令第10号:南口哨戒隊一直二番艇 18.07.19:幌筵〜哨区哨戒〜07.21幌筵 18.07.23:幌筵〜哨区哨戒〜07.25幌筵 18.07.27:幌筵〜哨区哨戒〜07.29幌筵 18.07.30:軍隊区分:機密第三監視艇隊命令第11号:南口哨戒隊一直二番艇 18.07.31:監視艇長:海軍兵曹長 渋谷 等 18.07.31:幌筵〜哨区哨戒〜08.02幌筵 18.08.04:幌筵〜哨区哨戒〜08.06幌筵
18.08.05:戦時編制:聯合艦隊北東方面艦隊第五艦隊第二十二戦隊第三監視艇隊 18.08.08:幌筵〜哨区哨戒〜08.11幌筵 18.08.08:軍隊区分:機密第三監視艇隊命令第12号:北口哨戒隊一直二番艇 18.08.12:幌筵〜哨区哨戒〜08.14幌筵 18.08.16:幌筵〜哨区哨戒〜08.18幌筵 18.08.20:幌筵〜哨区哨戒〜08.22幌筵 18.08.21:軍隊区分:機密第三監視艇隊命令第14号:南口哨戒隊一直四番艇 18.08.24:幌筵〜哨区哨戒〜08.26幌筵 18.08.28:幌筵〜哨区哨戒〜08.30幌筵 18.08.29:軍隊区分:予備隊 18.09.02:軍隊区分:機密第三監視艇隊命令第15号:予備隊 18.09.04:軍隊区分:機密第三監視艇隊命令第16号:予備隊 18.09.05:特設監視艇第二榮jロ」に代わり北口哨戒任務 18.09.05:幌筵〜哨区哨戒〜09.07幌筵 18.09.12:対空戦闘:七粍七機銃150、小銃60発発射 18.09.19:軍隊区分:機密第三監視艇隊命令第17号:三小隊二番艇:横須賀回航 18.09.19:幌筵〜09.28横須賀 18.10.09:柴原造船所(名古屋)にて船体修理及び清掃塗粧 18.10.28:入渠 18.11.13:出渠 18.12.08:修理完成 18.12.09:九三式十三粍単装機銃搭載工事(12.24完成) 19.01.07:軍隊区分:機密第三直哨戒隊命令作第1号:第四小隊 19.01.10:横浜〜   〜01.13 2215(N27.45-E150.15)潤滑油スタラップ折損、特設監視艇海晃丸」が曳航〜      〜01.19横浜 19.01.--:横浜重工業にて修理 19.02.12:軍隊区分:機密第三直哨戒隊命令作第2号:第二小隊 19.02.13:横浜〜ヌ、ル哨区哨戒〜      〜02.20船体破損〜      〜03.06横浜
19.02.21:戦時編制:聯合艦隊北東方面艦隊第二十二戦隊第三監視艇隊 19.03.--:横浜高島桟橋にて修理 19.04.19:軍隊区分:機密第三直哨戒隊命令作第4号:第一小隊 19.04.20:横浜〜へ、ロ、ト哨区哨戒〜      〜04.26 1430 特設砲艦「第一雲洋丸」と会合〜      〜05.01 1412 特設砲艦「第一雲洋丸」と会合〜      〜05.14横浜 19.05.26:横浜〜哨区哨戒〜      〜06.02 1430 特設砲艦「第一雲洋丸」と会合〜      〜06.03 1500 敵潜水艦の砲撃を受く〜
19.06.03:沈没 19.09.15:特設監視艇隊編制:内令第1087号:第三監視艇隊より削る 19.09.15:除籍:内令第1090号 19.10.31:解傭
喪失場所:N35.47-E154.54 犬吠埼東方1,320km附近 喪失原因:米潜水艦Golet(SS-361)の砲撃

同型船

 要調査

兵装

(17.05.30)
 九二式七粍七単装機銃1基、小銃5挺、拳銃2丁、
 爆雷投下台、九五式爆雷2個。

(17.12現在)
 六糎砲1門、
 九二式七粍七単装機銃1基、小銃5挺、拳銃2丁、
 爆雷投下台、九五式爆雷4個。

(18.07.01現在)
 六糎砲1門、
 九二式七粍七単装機銃1基、小銃2挺、拳銃2丁、九四式軽迫撃砲1門、
 爆雷投下台、九五式爆雷改二4個。

(18.12.24)
 六糎砲1門、九三式十三粍単装機銃1基、
 九二式七粍七単装機銃1基、小銃2挺、拳銃2丁、九四式軽迫撃砲1門、
 爆雷投下台、九五式爆雷改二4個。

写真資料

 なし

前の艇へ ← 特設監視艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る