第二號朝日丸の船歴

 年 月 日:船歴

09.05.--:起工 09.08.14:進水、命名:第三榮丸 09.09.--:竣工、船主:宗像汽船株式會社 船籍港:神戸
12.--.--:船主:株式會社朝日組回漕店、船籍港:東京に変更、「朝日丸」と改名
16.08.31:徴傭 16.09.20:入籍:内令第1093号:特設掃海艇、呉鎮守府所管
16.09.20:株式會社占部造船鐵工所にて艤装工事開始 16.09.20:官房機密第8630号:「第二號朝日丸」と改名 16.09.20:掃海艇長:海軍豫備中尉 隈部 五夫 16.10.14:艤装工事完了 16.10.15:特設掃海隊編制:内令第1252号:第三十三掃海隊 16.10.15:戦時編制:呉鎮守府部隊呉防備戦隊第三十三掃海隊 16.11.01:呉〜佐伯〜11.12吉見 16.11.20:軍隊区分:下関防備隊第三十三掃海隊第二小隊(4) 17.08.01:掃海艇長:海軍豫備大尉 隈部 五夫 18.--.--:船主:大朝汽船株式會社に変更 18.07.01:掃海艇長:海軍大尉 隈部 五夫 18.07.08:吉見〜07.14吉見08.28〜08.29吉見 18.--.--:船主:大洋興業株式會社に変更 18.10.05:吉見〜10.19吉見11.03〜11.03吉見 19.01.29:吉見〜02.22吉見03.01〜03.03吉見03.22〜03.25吉見04.09〜04.12吉見 19.05.03:吉見〜05.06吉見05.19〜06.10吉見06.14〜06.17吉見 19.06.30:特設巡洋艦西貢丸」の護衛、対潜警戒〜06.30吉見 19.07.02:吉見〜07.05吉見 19.08.01:吉見〜08.04吉見08.25〜08.28吉見09.18〜10.11吉見10.18〜10.21吉見 19.11.05:吉見〜11.08吉見12.12〜12.18吉見01.05〜01.05吉見01.08〜01.09吉見 19.12.20:掃海艇長:海軍大尉 飯塚 均 20.01.13:吉見〜01.17吉見02.07〜02.07吉見02.19〜02.19吉見02.28〜03.04吉見 20.03.24:軍隊区分:関門防備部隊第一哨戒隊 20.03.27:吉見〜04.20吉見
20.04.10:戦時編制:大海幕機密第608号ノ230:聯合艦隊第七艦隊第三十三掃海隊 20.04.10:軍隊区分:佐世保鎮守府電令作第97号:對馬海峡方面部隊 20.04.10:軍隊区分:對馬海峡方面部隊電令作第--号:関門防備部隊 20.04.30:吉見〜05.02吉見05.07〜05.10吉見05.13〜05.20吉見 20.05.19:軍隊区分:對馬海峡方面部隊電令作第9号:直卒 20.05.27:吉見〜05.28吉見05.31〜06.03吉見 20.06.01:特設掃海隊編制:内令第498号:第三十三掃海隊の項を削る
20.06.01:内令第502号:下関防備隊所属 20.06.01:戦時編制:聯合艦隊第七艦隊下関防備隊 20.06.01:隊附 20.06.12:関門防備部隊電令作第12号:特令ある迄吉見に待機 20.07.20:吉見〜08.15下関 --.--.--:船主:西海汽船株式會社に変更?
20.08.15:残存:SCAJAP No. A-023 20.11.30:除籍:第301730番電
20.12.01:入籍:内令第5号:掃海船、呉地方復員局所管 20.12.01:内令第7号:呉地方復員局掃海部下関支部所属
21.02.20:除籍:内令第30号 21.08.10:解傭

同型船

 榮丸、第五榮丸、第六榮丸、第七榮丸、第八榮丸、生駒丸、菊丸。

兵装

 八糎砲1門、7.7〜13mm単装機銃1基、爆雷投下台、九十五式爆雷4〜12個、対艦式掃海具、
 小掃海具、水中処分具、探信儀1基。

写真資料

 なし。

前の艇へ ← 特設掃海艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る