第四十三日ノ丸の船歴

 年 月 日:船歴

--.--.--:起工 --.--.--:進水、命名:第四十三日ノ丸 --.--.--:竣工
19.12.12:徴傭 20.01.01:入籍:内令第6号:特設驅潜艇、佐世保鎮守府所管
20.01.01:内令第7号:佐世保防備隊所属 20.01.01:戦時編制:佐世保鎮守府部隊佐世保防備隊 20.02.--:軍隊区分:護衛部隊 20.02.29:九六式二十五粍単装機銃装備工事(03.04まで) 20.03.15:軍隊区分:九州方面護衛部隊護衛本隊 20.03.20:佐世保〜哨戒〜03.24佐世保 20.03.29:佐世保〜哨戒〜 20.04.01:佐世保〜04.24佐世保 20.--.--:佐世保〜哨戒〜05.03佐世保 20.05.18:佐世保〜哨戒〜05.29佐世保 20.05.25:軍隊区分:護衛部隊西九州護衛部隊 20.06.01:佐世保〜哨戒〜      〜06.03 0731 佐防機密第030731番電(4日0000発動金泉丸を高島至生月瀬戸間護衛)〜      〜06.06 0215 佐防機密第060215番電(第一掃蕩隊は宇久島衛所の132度15kmの敵潜を攻撃撃滅せよ)〜      〜06.07宮ノ浦 20.06.07:宮ノ浦〜      〜06.07 1033 対空戦闘:二十五粍機銃60発発射、後部爆雷に被弾、火災、爆雷投棄〜      〜06.07 1035 艦橋、電信室、機械室火災〜      〜06.07 1037 至近弾により舷外に大破孔〜      〜06.07 1040 直撃弾を受ける〜      〜06.07 1043 沈没
20.06.07:沈没 20.11.30:除籍:第301730番電 20.11.30:解傭
喪失場所:長崎県平戸島宮ノ浦付近 喪失原因:マーチン2機による空爆

同型船

 (250t型戦時標準木造船)

兵装

 九六式二十五粍単装機銃1基

写真資料

 なし。

前の艇へ ← 特設驅潜艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る