開南丸の船歴

 年 月 日:船歴

13.04.03:起工 14.05.01:進水、命名:開南丸 14.09.28:竣工
14.10.08:借用:一般徴傭船
15.--.--:〜南支方面〜07.01基隆 15.07.09:基隆〜南支方面〜09.18基隆 15.11.14:基隆〜南支方面〜04.11基隆 16.04.21:基隆〜南支方面〜 16.--.--:〜05.01南支方面07.25〜基隆 16.--.--:基隆〜08.02南支方面09.18〜基隆 16.--.--:馬公〜10.29南支方面03.16〜基隆 16.--.--:軍隊区分:特務部附属船 ?16.11.28:海南部隊電令第70号:第十五警備隊、      九三式十三粍二聯装機銃1基を仮装備、海南海峡封鎖に従事 16.12.20:軍隊区分:機密海南部隊命令第31号:第十五警備隊 16.12.22:(拿捕船護送)海口〜 16.12.23:(拿捕船護送)2030 三亞に向け発 16.12.31:B浮標の東方3浬にて小型戎克1隻捕獲、処分 17.01.05:機密海南部隊命令第2号:八一式投射機2基、吊下式K方水中聴音機特三1基装備 17.04.12:基隆〜11.01海口 17.04.15:軍隊区分:機密海南部隊命令第15号:第十五警備隊 17.05.12:軍隊区分:機密海南部隊命令第19号:Y六作戦封鎖部隊 17.06.08:Y六作戦開始 17.06.11:小型戎克1隻拿捕、2隻処分 17.06.25:Y六作戦終了 17.08.31:海上警戒中、密輸戎克を捕獲 17.09.11:海上警戒中、密航戎克1隻を捕獲 17.11.08:海上警戒中、C浮標東2浬の地点にて密輸戎克1隻を拿捕 17.11.14:澄邁角沖5浬にて小型戎克1隻を捕獲 17.12.01:軍隊区分:機密海南部隊命令第54号:第十五警備隊 17.12.21:海口〜12.22基隆 18.02.19:基隆〜03.26香港〜05.10海口
18.07.01:入籍:内令第1319号:特設驅潜艇、呉鎮守府所管
18.07.01:内令第1320号:第十六警備隊所属      〜08.01三亞 18.08.04:三亞〜特設運送船昭慶丸」護衛〜      〜08.06「まるた丸」護衛〜      〜08.06三亞 18.08.11:三亞〜海上警戒〜      〜08.16「楡林丸」護衛〜      〜08.17浮流機雷処分〜      〜08.18特設運送船第二號興東丸」護衛〜      〜08.19「昌元丸」護衛〜      〜08.20海上警戒〜      〜08.21浚渫船「マカオ」護衛〜      〜08.23三亞 18.08.29:三亞〜海上警戒〜08.31三亞 18.09.03:三亞〜「陽和丸」護衛及び海上哨戒〜09.04三亞 18.09.07:三亞〜設標作業・聴音器作業〜09.08三亞 18.09.10:三亞〜特設運送船幸成丸」護衛〜09.10三亞 18.09.12:三亞〜「銀嶺丸」護衛及び海上哨戒〜      〜09.14「昭南丸」護衛〜       〜09.14三亞 18.09.17:三亞〜海上哨戒〜09.17三亞 18.09.19:三亞〜「瀧江丸」護衛〜09.19三亞 18.09.22:三亞〜「豊國丸」護衛〜09.22三亞 18.09.29:三亞〜「楡林丸」護衛〜09.29三亞 18.10.04:楡林〜「安國丸」護衛〜10.04楡林 18.10.06:楡林〜「銀嶺丸」護衛〜10.06楡林 18.10.12:楡林〜波頭湾〜10.13楡林 18.10.16:楡林〜聴音器試験〜10.16楡林 18.10.19:楡林〜「日安丸」護衛〜10.19楡林 18.10.21:楡林〜標的作業〜10.21楡林 18.10.23:楡林〜標的設置、高角砲試射観測〜10.24楡林 18.10.26:楡林〜特設運送船幸成丸」護衛〜10.26楡林 18.10.28:楡林〜「玉嶺丸」護衛〜10.28楡林 18.11.01:楡林〜「豊國丸」護衛〜11.01三亞 18.11.02:海南部隊電令第155号:「豊國丸」が発見した敵潜水艦の掃蕩任務 18.11.02:三亞〜対潜掃蕩〜11.03三亞 18.11.07:三亞〜「金嶺丸」「銀嶺丸」護衛〜11.07八所 18.11.08:八所〜回航船護衛〜11.08楡林 18.11.11:楡林〜11.11三亞 18.11.13:三亞〜「王龍丸」「生和丸」「生島丸」護衛〜11.14楡林 18.11.15:楡林〜「まるた丸」護衛〜      〜11.16瑯湾沖哨戒〜      〜11.17前路哨戒〜      〜11.17三亞 18.11.28:三亞〜鉱石船護衛〜11.29三亞 19.03.--:香港海軍第二工作部にて船体機関修理中 19.04.06:香港〜04.07楡林 19.04.08:楡林〜04.10「神州丸」「日安丸」護衛〜 19.04.22:(ユタ05船団護衛)楡林〜04.26高雄 19.05.09:(テ05船団護衛)高雄〜      〜05.12 1645 東沙島北方にて第86船団、砲艦橋立」、水雷艇初雁」と分離〜      〜05.14楡林 19.05.19:(ホ01船団護衛)楡林〜北緯17度線まで〜楡林 19.05.23:(20臨時船団護衛)楡林〜北緯17度線まで〜楡林 19.05.30:新村にて座礁した「アラフラ丸」引卸作業 19.06.03:(ユタ06船団護衛)楡林〜06.08高雄 19.06.26:(第二號興東丸護衛)香港〜06.28楡林 19.06.30:(第二號興東丸護衛)楡林〜07.03西貢 19.07.--:西貢〜船団護衛〜07.10楡林 19.07.23:楡林〜07.23香港 19.07.24:第二工作部にて艤装 19.08.09:出渠 19.08.16:工作部突堤外側より繋船池内「第百二號掃海艇」に横付け 19.08.19:香港〜電探試験〜香港 19.08.23:香港〜電探試験〜香港 19.09.16:(ヒ72船団第二分団護衛)楡林〜09.22高雄 19.10.05:(ホ509船団護衛)高雄〜10.05馬公10.07〜      〜10.08 0830 遮浪角沖附近にて「第百二號掃海艇」が合同〜      〜10.08香港 19.10.25:上海〜 19.11.04:(サタ01船団護衛)楡林〜11.12基隆 19.11.14:(タユ01船団護衛)高雄〜11.18楡林 20.03.19:(ヒ88I船団護衛)聖雀〜門司向け
20.03.21:沈没 20.07.10:除籍:内令第624号 20.07.10:返却
喪失場所:N12.00-E109.17 バンフォン湾北側付近 喪失原因:米潜水艦Baya(SS-318)の雷撃

同型船

 なし

兵装

(一般徴傭船時)
 九三式十三粍二聯装機銃1基、
 八一式投射機2基、爆雷、
 吊下式K型水中聴音機特三1基。

写真資料

 「海軍雑誌 海と空」 昭和14年11月号 海と空社
 雑誌「世界の艦船」海人社 1996年3月号「台湾総督府の船」
 「新造船写真史」 S56.07 三菱重工業株式会社横浜造船所 (P.61)

前の艇へ ← 特設驅潜艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る