桂丸の船歴

 年 月 日:船歴

13.10.01:起工 13.12.24:進水、命名:桂丸 14.01.31:竣工、船主:攝陽商船株式會社
14.03.23:徴傭
14.--.--:〜10.16鎮江 14.10.16:鎮江〜12.05上海〜12.22南京 15.12.16:捕獲網艇長:海軍豫備中尉 坂口 三郎
15.12.25:入籍:内令第1018号:特設捕獲網艇、横須賀鎮守府所管
16.01.15:浦賀船渠株式會社にて艤装工事完了 16.01.15:特設驅潜隊編制:内令第29号:第六十二驅潜隊 16.01.15:戦時編制:聯合艦隊第四艦隊第六根據地隊第六十二驅潜隊 16.02.04:略称制定:第621号捕獲網艇 16.02.12:横須賀〜南洋方面〜02.26横須賀 16.03.29:横須賀〜南洋方面 16.09.01:艦隊区分:第四艦隊機密第228番電:(49)第六根據地隊(4)第六十二驅潜隊 16.10.01:捕獲網艇長:海軍豫備中尉 細萱 英二 16.10.15:特設驅潜隊編制:内令第1251号:第六十二驅潜隊 16.12.01:(現在)艦隊区分:第六根據地隊第三部隊第六十二驅潜隊(4)第一小隊(621) 16.12.01:(現在)軍隊区分:マーシャル方面防備部隊クエゼリン部隊 16.12.15:クエゼリン〜12.15ルオット12.19〜12.19クエゼリン 16.12.31:艦隊区分:第六根據地隊第六十二驅潜隊(4)第一小隊(621) 17.01.05:軍隊区分:マーシャル方面防備部隊タロア海面防備部隊 17.01.07:クエゼリン〜01.13ウエーキ01.15〜01.19クエゼリン 17.01.20:クエゼリン〜01.22タロア 17.02.--:タロア 17.03.--:タロア 17.04.08:タロア〜04.09クエゼリン04.10〜04.13ポナペ04.15〜04.17トラック 17.04.--:入渠 17.05.04:船主:關西汽船株式會社に変更 17.05.17:トラック〜05.22クサイ05.23〜05.25クエゼリン05.28〜05.30タロア 17.06.--:タロア 17.07.30:タロア〜07.31クエゼリン08.03〜08.04タロア 17.09.--:タロア付近哨戒 17.10.--:タロア付近哨戒 17.11.--:タロア付近哨戒 17.12.--:タロア付近哨戒 18.01.14:タロア〜01.15ヤルート 18.01.21:ヤルート〜01.25ポナペ01.26〜01.31ヤルート 18.02.02:ヤルート〜02.03タロア 18.02.--:タロア付近哨戒 18.02.15:特設驅潜隊編制:内令第250号:第六十二驅潜隊の項を削る
18.02.15:内令第252号:第六十三警備隊所属 18.02.15:戦時編制:聯合艦隊第四艦隊第六根據地隊第六十三警備隊 18.02.15:軍隊区分:機密マーシャル方面防備部隊命令作第1号:タロア海面防備部隊 18.03.14:タロア〜03.15ヤルート03.17〜03.18タロア 18.04.--:タロア 18.05.--:タロア付近哨戒 18.06.--:タロア付近哨戒 18.07.--:タロア付近哨戒      〜07.15クエゼリン 18.07.--:クエゼリン〜07.17クエゼリン 18.07.19:クエゼリン〜タロア〜07.25クエゼリン 18.07.27:クエゼリン〜 18.08.--:タロア付近哨戒 18.08.--:タロア〜08.23クエゼリン 18.08.25:(第6252船団)クエゼリン〜08.31トラック 18.09.--:トラックにて入渠中 18.09.20:捕獲網艇長:海軍少佐 今井 哲夫 18.10.--:トラックにて入渠中 18.10.--:艦隊区分:第六根據地隊第六十三警備隊(13)特設驅潜艇(31) 18.10.--:軍隊区分:機密マーシャル方面防備部隊命令作第10号:マロエラップ防備部隊 19.01.07:マロエラップ〜ブラウン〜クエゼリン向け航行(弾薬輸送)
19.01.31:沈没 19.03.31:除籍:内令第508号 19.06.30:解傭
喪失場所:クエゼリン西方200km付近 喪失原因:米第52.8機動部隊艦載機による空爆

同型船

 第二新東丸興海丸興嶺丸、興國丸、樫丸梓丸檜丸

兵装

 八糎砲1門、五糎重機1基、小銃7挺、拳銃3丁、
 探照燈1基、
 捕獲網6組

写真資料

 "Naval History and Heritage Command" Catalog #:80-G-45228, 45229, 45230
 雑誌「丸Graphic Quarterly」潮書房 

備考

 喪失場所は「クエゼリン東方200km付近」とされておりますがブラウン環礁はクエゼリン環礁の西方にあたり、輸送任務中であることとあわせて西方の誤りと判断しております。

前の艇へ ← 特設捕獲網艇 → 次の艇へ

Homeへ戻る